トラベル最新情報

渡航に関する最新情報アーカイブ

メープルリーフ・ラウンジがモントリオール・トルドー国際空港に新装オープン

2016年12月5日

メープルリーフ・ラウンジがモントリオール・トルドー国際空港に新装オープンしました。

リビングルームからリラクゼーションエリア、ワークエリアまで石や木材、アート、調度品などカナダのものをつかったカナダらしい内装でメープルリーフ・ラウンジが豪華に生まれ変わり、国際便出発エリアゲート52の近くにオープンしました。ご旅行前のひとときにぜひご利用ください。

ラウンジ内にはバーやシェフステーションをはじめセルフサービス式のビュッフェがあるほか、各種コーヒーなどもご用意しています。壁一面のガラス窓の外に広がる壮大な駐機場を眺めながら、お食事やお飲み物をゆっくりとお楽しみください。

詳しくは、エア・カナダ・メープルリーフ・ラウンジをご覧ください。

電子ビザ アップデート システム(中国国籍のお客様対象)

2016年12月1日

米国税関・国境警備局(CBP)の通達により、2016年11月29日から、B-1/B-2ビザ(10年間有効)または、B-1(商用)かB-2(観光)ビザをお持ちの中国国籍の方は、米国をご旅行の際に、有効な電子ビザ アップデート システム(EVUS)新しいウィンドウで開くへの登録が必要となりました。

現時点では、CBPによるEVUS登録料金の徴収はありませんが、今後発生することも考えられます。料金徴収の通達がない限り、EVUSの登録新しいウィンドウで開くは無料です。 

EVUSの登録は2年間、またはパスポートもしくはビザが更新されるまで有効です。10年間有効のビザが無効化されないよう、ビザの情報は最低でも2年ごと、またはパスポートの更新時にアップデートしてください。

EVUSに関する質問は、よくある質問新しいウィンドウで開くをご覧ください。

プリファード・シート優先搭乗サービスについて

2016年11月17日

次回のフライトでプリファード・シートを購入をご検討ですか?新しいサービスのご案内です。

この度、新規でプリファード・シートを購入されるお客様(またはすでにプリファード・シートをご購入済み*のお客様)を対象に、一般搭乗で最初にご案内するゾーン3のお客様と一緒にご搭乗いただけるサービスを開始いたします。優先的に機内にお入りいただけるため、機内が混雑する前にお座席に近い頭上の収納棚をご利用いただけるほか、ゆとりを持ってお席についていただくことが可能となります。

リラックスできて、落ち着いて仕事もできるゆったりとした足元のスペースに加え、目的地ですばやく飛行機を降りられるメリットなど、さらにスムーズで快適な空の旅をお届けいたします。

プリファード・シートに関する詳細

* 優先搭乗サービスは、2016年11月15日以降にエア・カナダ バケーションズでプリファード・シートを購入されたお客様にご利用いただけます。

カルガリー国際空港でもChina Transit Program (中華人民共和国トランジットプログラム)を開始

2016年11月9日

カルガリー国際空港は2016年10月31日、カナダ政府が進めているビザ免除プログラム中華人民共和国トランジットプログラム新しいウィンドウで開く(CTP)を開始、このプログラムに参加するカナダで3番目の空港となりました。

エア・カナダはカナダ政府によるCTPの指定航空会社です。そのため、弊社便をご利用いただいた場合、今後中国国籍のお客様がカナダを経由してアメリカ合衆国へ渡航される場合あるいはその逆の旅程の場合、所定の条件新しいウィンドウで開くを満たしていれば、カナダの一時滞在者ビザを取得する必要がありません。対象となるのはカナダ国内の次の空港を経由する場合です。

  • トロント・ピアソン国際空港(第1ターミナル)
  • バンクーバー国際空港
  • カルガリー国際空港

CTPの対象となるのは、以下のいずれかの出国地から出発するエア・カナダ便をご利用になる場合です。

  • 北京
  • 香港
  • ソウル、仁川(インチョン)
  • 上海
  • 東京、成田
  • 東京、羽田

対象となる出国地新しいウィンドウで開くの一覧は、カナダ政府のウェブサイトでご確認ください。

エア・カナダは、カナダ政府の指定航空会社としてカナダのビザ免除(TWOV)プログラムにも参加しています。

カナダ経由のビザ免除のお乗り継ぎ新しいウィンドウで開くの詳細はこちらをご覧ください。

2016年10月31日、カルガリー国際空港(YYC)にて新国際ターミナルが新設されました。この新国際ターミナルは、お客様が米国や海外へ乗り継ぎされるための強化をはかるため、革新的なシステムを備えています。

新設日より、エア・カナダの全ての国際線および米国発着便は、新国際線ターミナルに移転します。カルガリー空港からご出発の予定のあるお客様は以下の出発ゲート番号をご確認ください。

  • カナダ国内便–Cゲートより出発
  • 国際線–Dゲートより出発
  • 米国線–Eゲートより出発

米国線および国際線にてご出発される、ラウンジ利用対象のお客様は、コンコースCに設置されているメープルリーフ・ラウンジをご利用いただけます。「C」のセキュリティを受けていただき、そのセキュリティチェックポイントを過ぎた場所にラウンジが設置されています。

新国際ターミナルの地図や詳しい情報は以下をご覧ください。
カルガリー国際空港ウェブサイト新しいウィンドウで開く(英語)

また、カナダ国内における空港の詳しい情報は、「空港情報」のページをご覧ください。

羽田空港 Cカウンターへ移動のご案内

羽田空港国際線ターミナルにおけるエア・カナダのチェックインカウンターが、2016年10月30日(日)より、現在のDカウンターからCカウンターへ移動します。

尚、2016年10月20日(木)に限り、カウンターベルト交換工事の為、DカウンターからBカウンターに変更となります。

お間違いのないようお越しください。

エア・カナダ、名古屋–バンクーバー線就航!

2017年夏期スケジュールより、名古屋–バンクーバー間に直行便が就航いたします。
同路線は、エア・カナダ ルージュのボーイング767-300型機を使用し、名古屋(中部国際空港セントレア)から最大週4便体制で、エコノミークラス、プレミアムクラス(プレミアムルージュ)のサービスを提供します。

運航開始は、2017年6月2日(金)を予定しており、夏のハイシーズンに是非エア・カナダ ルージュで、旅行をお楽しみください。

2017年度 名古屋–バンクーバー線スケジュール

出発地 便名 出発時間 到着時間 運航期間 運航曜日
名古屋 AC1956 16:45 10:00 2017年6月2日~10月27日 火*、水、金、日

*火曜日は8/1–9/26のみ運航。

 

出発地 便名 出発時間 到着時間 運航期間 運航曜日
バンクーバー AC1955 12:45 15:15 2017年6月1日~10月26日 月*、火、木、土

*月曜日は7/31–9/25のみ運航。

サムスン電子社製「ギャラクシーノート7」の取り扱いについて

サムスン電子社が製造販売しております新型スマートフォン「ギャラクシーノート7」について、充電中に内蔵のリチウムイオン電池が爆発するなどの事故が発生しております。

エア・カナダではお客様の安全を第一優先と考えているため、カナダの航空運輸局からの勧告に従い、同端末の機内への持ち込み及びカナダにおける空港への持込を禁止とさせていただきます。

日本に接近する台風による特別措置に関して

本州へ向かっている台風による特別措置として、2016年8月20日までに発券の航空券をお持ちで、2016年8月21日~8月23日の間に成田・羽田空港(経由を含む)からまたは成田・羽田空港(経由を含む)に向けてご出発のお客様に関して、特別措置を設定いたします。

対象期間にご旅行のお客様は、2016年8月28日までのご希望出発日に、エア・カナダ コールセンターにて無料で変更を承ります。この措置は、予約クラスに空席があることを条件とするもので、該当クラスに空席がない場合は、運賃差額を申し受けます。

アエロプランで特典航空券を手配されたお客様ならびにエア・カナダ バケーションでお求めになったお客様は、直接アエロプラン新しいウィンドウで開くならびにエア・カナダ バケーションズ新しいウィンドウで開くまでご連絡ください。

トロント・ピアソン国際空港からアメリカへご出発のお客様へ

2016年5月14日、トロント・ピアソン国際空港におけるエア・カナダの優先チェックインカウンターが、現在の8番から12番へ移動します。また同日より、トロント・ピアソン国際空港からアメリカへご出発されるお客様に対しまして、新しい税関審査が開始されます。

詳細はこちら新しいウィンドウで開く(英語でのご案内となります)

お子様をお連れのお客様へ

エア・カナダでは、お子様のお座席が同伴の親または保護者の方の隣になるよう配慮いたします。このため、12歳未満のお子様と同伴の親/保護者の方には無料で座席指定を承ります*。

お子様連れのお客様のご旅行がより楽しいものとなるよう、ご予約の際に12歳未満のお子様が同伴されることをエア・カナダ担当者または旅行代理店までお申し出ください。  

すでに予約を完了されている場合、ご予約から36時間以内に[予約の管理]タブにてお子様の座席が同伴の親または保護者の方の隣に自動指定されていることをご確認いただけます。変更が必要な場合は、エア・カナダ コールセンターまたは旅行代理店までお問い合わせください。

隣同士のお座席をご用意できない場合、エア・カナダではその他の旅行オプションをご提案させていただくか、航空券の全額を払い戻しいたします。

お子様をお連れのお客様についての詳細

* エア・カナダおよびエア・カナダ ルージュの運航便に適用されます。

アメリカから出発されるお客様へ

米国内の空港から出発されるお客様に対し、米国運輸保安局(TSA)は春・夏の観光シーズンの保安検査場における待ち時間は通常より長くなる可能性があると勧告しています。

このため、検査の待ち時間が最長1時間になる可能性がある早朝便または夜の便をご利用の場合、TSAではご出発の2時間前までに空港に到着されるよう推奨しています。

NexusまたはGlobal Entryなど登録済旅行者プログラムの会員であるお客様は、通常の待ち時間で検査を通過できる可能性があります。詳しくは、米国Trusted Travelerプログラム新しいウィンドウで開く(英語)をご覧ください。

成田・羽田空港における手数料などの徴収方法に関するお知らせ

2016年6月1日(水)より、成田・羽田空港にて手数料などをお支払いいただく場合、JCB以外のクレジットカードのみご利用可能となります。
現金でのお支払いはできなくなりますのでご注意ください。

カナダ-ヨーロッパ/中東/アフリカ間路線のフライト対象

ウィンタースポーツ好きの方に朗報!以下のフライトをご利用の場合、スキー板/スノーボードとブーツには超過手荷物料金がかかりません。

  • カナダ-ヨーロッパ/中東/アフリカ間路線のフライト
  • エア・カナダまたはオーストリア航空、ブリュッセル航空、ルフトハンザ航空、スイス インターナショナル エアラインズが運航するフライト
  • 2016年11月1日から2017年4月30日までの期間

カナダ国内線、カナダ-米国路線、その他上記以外の路線の場合は、通常の手荷物料金が適用されます。詳しくはスポーツ用手荷物ページをご覧ください

サンフランシコ空港6番カウンターへ移動のご案内

2016年4月5日

サンフランシスコ国際線におけるエア・カナダのチェックインカウンターが、12番から6番へ移動しています。お間違いのないようお願い申し上げます。

尚、受託手荷物をお預けいただく前にお客様で行えるモバイルチェックインやチェックインキオスクを、是非ご利用ください。

成田空港 I カウンターへ移動のご案内

2016年3月18日

成田空港におけるエア・カナダのチェックインカウンターが、2016年6月2日(木)より、現在の D カウンターから I カウンターへ移動します

尚、受託手荷物をお預けいただく前にお客様で行えるモバイルチェックインやチェックインキオスクを、是非ご利用ください。

北米路線においてWi-Fiのご利用が可能に

主要な北米路線に使用されている129機のナローボディタイプ機材全ての座席で、Wi-Fiがご利用いただけるようになりました。他のカナダ系航空会社に先駆けて、より充実したエア・カナダのWi-Fiサービスをお楽しみください。

詳細はこちら新しいウィンドウで開く(英語でのご案内となります)

プレミアムエコノミークラスがすべての日本–カナダ路線に導入されます!

2016年5月2日より、成田–カルガリー線にボーイング787-8型機が導入されます。これにより、日本–カナダ間すべての路線でプレミアムエコノミークラスがご利用いただけることになります。(注1)

エア・カナダのプレミアムエコノミークラスなら、足元広々。離陸前のウェルカムドリンク、陶器でご用意された美味しい機内食、無料のワインやスピリッツ等、エア・カナダのプレミアムエコノミークラスでちょっとした贅沢をぜひご体験ください。

今なら、お得にプレミアムエコノミークラスが体験できるセール運賃も好評発売中です。(注2)

プレミアムエコノミークラスについてはこちら

日本発着路線の使用機材ならびに時刻表はこちら

(注1) 関西–バンクーバー線は、プレミアムルージュクラスとなります。

(注2) セール運賃の最終購入日は2016年3月31日です。

アメリカ査証免除プログラムの改定について

2016年1月21日よりアメリカ査証免除プログラムが改定され、以下の旅行者は同プログラムでアメリカに入国することはできなくなりました

  • 査証免除プログラム参加国の国籍で、2011年3月1日以降にイラン、イラク、スーダンまたはシリアに渡航または滞在したことがある者。
    • ただし、査証免除プログラム参加国の軍または外交目的による渡航に対しては、例外あり。
  • 査証免除プログラム参加国の国籍と、イラン、イラク、スーダンまたはシリアのいずれかの国籍を有する二重国籍者。
    • 現在有効なESTA渡航認証を保有している方のうち、上記4カ国のいずれかの国籍を有する二重国籍者のESTA渡航認証は既に無効です。
    • 上記該当者は、引き続き米国大使館・領事館から発給された有効な非移民ビザを使用して渡米することは可能です。

詳しくは、米国大使館ホームページ「ビザサービス」新しいウィンドウで開くをご確認ください。また、現在有効なESTA渡航認証を保有している方は、渡航前に現在の有効性をCustoms and Border Protection新しいウィンドウで開くのサイトでご確認いただくことをお勧めいたします。

アメリカ査証免除プログラムを利用する場合の旅券に関するご案内

2016年4月1日より、アメリカ査証免除プログラムに対象国の国籍をお持ちの方は、アメリカへ旅行の際はIC旅券の所持が義務付けられます。

IC旅券には、セキュリティー強化のため、ICチップが組み込まれており、IC旅券であることを示す世界共通マークが印刷されています。

この件に関する詳細は、U.S. Customs and Border Protection新しいウィンドウで開くのウェブサイトをご覧ください。

日本人のお客様でご自分の旅券がIC旅券かどうかが不明な場合は、外務省ウェブサイト新しいウィンドウで開くでご確認ください。

ジカウイルス感染症に関して

ジカウイルス感染症の流行に関して、エア・カナダでは妊娠中の女性、及び同行者の航空券について一定の条件で特別措置を取ります。

《特別措置の対象者および内容》

  • 医師による妊娠を証明する診断書があること。
  • 2016年6月30日までにジカウイルス感染症流行国・地域への旅行を計画されていたお客様で、2016年2月4日までにエア・カナダの航空券*をご購入済のお客様

上記の期間内に旅行を計画されている対象となるお客様は、エア・カナダ コールセンターに連絡して、以下の手続きを行うことができます。

  • 航空券の有効期限内で無料で予約変更可能です。変更料無料の措置は、購入された航空券の運賃の予約クラスの空席状況によります。該当クラスに空席がない場合は、運賃差額を申し受けます。
  • 上記の国以外への目的地への変更も航空券の有効期限内で無料で承ります。運賃に差額が発生する場合は、差額を申し受けます
  • 払い戻しご希望の場合は、無料で払い戻しが可能です。

アエロプランで特典航空券を手配されたお客様ならびにエア・カナダ バケーションでお求めになったお客様は、直接アエロプラン新しいウィンドウで開くならびにエア・カナダ バケーションズ新しいウィンドウで開くまでご連絡ください。

ジカウイルス感染症についての質問または不明点

ジカウイルス感染症に関してのご相談は、主治医にお願いします。また以下のページでも情報を得る事ができます。

外務省 海外安全ホームページ新しいウィンドウで開く

世界保健機構新しいウィンドウで開く

* 014から始まる航空券

トロント・ピアソン国際空港に新しいビジネスクラス チェックイン施設がオープン

2016年1月21日より、ビジネスクラス チェックイン施設の利用により、カナダ最大のピアソン国際空港でのチェックインが、さらに迅速・スムースになります。

この新ビジネスクラス チェックイン施設には、チェックイン カウンター15ヶ所、自動チェックイン2台、そして専用待合席を設けております。

カナダおよび国際線をご利用のお客様で、この新施設を利用いただけるのは以下のお客様となります。

  • ビジネスクラスおよびプレミアムエコノミークラス、プレミアムルージュクラスご利用のお客様
  • アルチチュード スーパーエリート100K、エリート75K、エリート50K会員様
  • スターアライアンスゴールド会員様

この新ビジネスクラスのチェックインエリアにはアルチチュード スーパーエリート100K会員様専用のチェックインカウンターおよびコンシェルジュデスクもこれまでどおりご用意しております。

優先チェックイン利用が可能なお客様(アルチチュードエリート35K、プレステージ25K、対象クレジットカード保有者)は、カナダ国内線ご利用の場合は3番カウンター、国際線ご利用の場合は5番カウンターに新規に設置した優先チェックインカウンターをご利用ください。

*アメリカへご出発のお客様でお荷物を預けない場合は、この新施設のご利用が可能です。ント・ピアソン国際空港に新しいビジネスクラス チェックイン施設がオープン

 

エア・カナダ アルチチュード会員資格獲得条件の変更について

平素よりエア・カナダをご利用いただき誠にありがとうございます。

2017年エア・カナダ アルチチュード会員資格獲得条件を変更いたします。

アルチチュード会員獲得要件であるMinimum Air Canada Flight Requirementを廃止し、Altitude Qualifying Dollars (AQD)を新規に導入します。アルチチュード会員資格獲得には、AQDを満たした上でさらにAltitude Qualifying Miles (AQM)もしくはAltitude Qualifying Segment (AQS)のいずれか一方の条件を満たす事が必要となります。

2016年1月旅行分より新方式にて加算が始まり、2017年アルチチュード会員資格を決定させていただきます。

詳しいご案内はこちら

年末・年始休業および営業時間のご案内

ジャパン・コールセンターの年末・年始休業ならびに営業時間は以下の通りです。

年末・年始休業および営業時間のご案内

ジャパン・コールセンターの年末・年始休業ならびに営業時間は以下の通りです。

年末・年始休業および営業時間のご案内

ジャパン・コールセンターの年末・年始休業ならびに営業時間は以下の通りです。

年末・年始休業および営業時間のご案内

ジャパン・コールセンターの年末・年始休業ならびに営業時間は以下の通りです。

年末・年始休業および営業時間のご案内

ジャパン・コールセンターの年末・年始休業ならびに営業時間は以下の通りです。

年末・年始休業および営業時間のご案内

ジャパン・コールセンターの年末・年始休業ならびに営業時間は以下の通りです。

  営業時間
12月26日(土) 09:00 ~ 13:00 (通常営業)
12月27日(日) 休業
12月28日(月) 09:00 ~ 18:00 (通常営業)
12月29日(火) 09:00 ~ 18:00 (通常営業)
12月30日(水) 09:00 ~ 16:00 (臨時営業)
12月31日(木) 09:00 ~ 16:00 (臨時営業)
1月1日(金) 休業
1月2日(土) 09:00 ~ 16:00 (臨時営業)
1月3日(日) 休業
1月4日(月) 09:00 ~ 18:00 (通常営業)
ジャパン・コールセンター 0570-014-787 (ナビダイアル 有料)
日本国外から 81-3-4335-9300*
北米コールセンター 1-888-247-2262* (英語、仏語対応 24時間営業 年中無休)
アエロプラン コンタクトセンター新しいウィンドウで開く 1-800-361-5373* (英語、仏語対応)
カナダ東部時間 07:00-24:00

* 国際電話料金がかかります。
* 最初に国際電話識別番号をつけておかけください。

小型リチウム電池を使用する乗り物のお預かりに関して

2015年12月17日更新

エア・カナダでは、安全上の理由により、2015年12月8日から、小型リチウム電池を使用する乗り物を機内持ち込みおよび受託手荷物のいずれとしてもお預かりをしないことになりましたのでご案内いたします。

リチウム電池を使用する乗り物としては、ホバーボード、電動スケートボード、エアーウィール、小型セグウェイなどが挙げられます。

エア・カナダ・カーゴでの輸送をご希望のお客様は、エア・カナダ・カーゴでは小型リチウム電池を使用する乗り物を受け付けますが、強化された厳しい条件を満たす必要があることにご注意ください。詳細については、ご旅行前に余裕を持ってエア・カナダ・カーゴ新しいウィンドウで開くにお問い合わせください。

注:歩行が不自由なお客様がご使用になる電動車椅子や電動スクーターなどは引き続き受託手荷物としてお預かりいたします。その際の取り扱いについては事前にご確認ください。

これらの危険品のお取り扱いに関しましては、こちらをご覧ください。

受託手荷物規則変更について

エア・カナダでは、以下の路線におけるエコノミークラス超過手荷物料金を変更いたしますのでご案内申し上げます。この変更は、2015年11月18日以降に発券された航空券で2016年1月6日以降ご旅行する場合に適用となります。

変更内容:

  1. 2個目の超過受託手荷物料金を25カナダ/USドルから35カナダ/USドルに改定
    対象路線:カナダ国内線、カナダ–メキシコ/カリブ/中米線

  2. サイズ超過・重量超過手荷物料金を75カナダ/USドルから100カナダ/USドルに改定
    対象路線:カナダ国内線、カナダ–米国線

* サイズも重量も超過している場合は、100ドル以上は徴収されません。

* 上記の料金には税金が加算されます。

詳しくは、受託手荷物に関するページをご参照ください。

2016年度大阪(関空)–バンクーバー線スケジュールのご案内


2015年12月9日更新

2016年5月15日より2016年10月29日まで、エア・カナダ ルージュ運航にて大阪(関空)–バンクーバー線が再開いたします。
エア・カナダ ルージュで、バンクーバーを経由してカナダ、アメリカ、カリブ、中南米へ。皆様のご搭乗お待ちしております。

大阪(関空)–バンクーバー線スケジュール

大阪(関空)発バンクーバー行き
便名 出発 到着 運航曜日 期間
AC1952 関西空港発
16:25
バンクーバー着
10:00
水、金、日 2016年5月15日~6月1日
月、水、金、土、日 2016年6月3日~6月20日
月、火、水、金、土、日 2016年6月21日~10月11日
月、水、金、土、日 2016年10月12日~10月29日
バンクーバー発大阪(関空)行き
便名 出発 到着 運航曜日 期間
AC1951 バンクーバー発
12:05
関西空港着
14:55(翌日)
火、木、土 2016年5月14日~5月31日
火、木、金、土、日 2016年6月2日~6月19日
月、火、木、金、土、日 2016年6月20日~10月10日
火、木、金、土、日 2016年10月11日~10月28日

*大阪(関西)–バンクーバー線はエア・カナダ ルージュによる運航です。
*運航スケジュールは予告なく変更となる場合がございます。最新のダイヤはこちらでご確認ください。

トロント・ピアソン国際空港からアメリカへご出発のお客様へ

現在、トロント・ピアソン国際空港では、アメリカへ出発するための手荷物検査場、税関検査、出国検査などのエリアを改装工事中です。そのため、トロント・ピアソン国際空港からアメリカへご出発のお客様は、出国検査が通常より長くかかる事が予想されますので、最低でも出発の2時間以上前にご搭乗手続きをお済ませの上、搭乗ゲートへお進みくださいますようお願いいたします。ピアソン国際空港公団では、スムースなアメリカへの出国手続きに向けて改修工事を行っております。

お客様のご理解とご協力をお願いいたします。

なお、国際線からアメリカへお乗り継ぎのお客様は優先的に各種手続きが行われますので、上記の影響は受けず最低乗り継ぎ時間(1時間25分)に変更はございません。

日本航空国内線よりエア・カナダ国際線へ乗り継ぎのお客様へ

エア・カナダをご利用いただき、ありがとうございます。

日本航空国内線から羽田空港でエア・カナダ便へ乗り継ぎの際の受託手荷物取り扱い方法が変更となりました。AC006便トロント行きへ乗り継ぎの場合、受託手荷物(ペット・規定外など、一部を除く)の受け取りは、羽田空港での受け取り無しにトロントまでお預かりする事が可能になりましたのでご案内いたします。

搭乗手続きは今までどおり、国際線ターミナルのエア・カナダ搭乗手続きカウンターでお済ませください。また、自動チェックイン機、モバイルまたはWebチェックインもご利用いただけますが、搭乗手続きカウンターあるいは搭乗ゲートにて、お預けの手荷物タグ番号を必ず弊社職員までお知らせください。

全日空・日本航空にて通しで手荷物をお預けの際には、お荷物のタグが最終目的地までになっていることをご確認ください。また、タグが最終目的地までとなっていても、アメリカ線、国際線の一部の乗り継ぎ以外は、必ずトロントで一旦お荷物の引取りが必要です。

全日空国内線をご利用のお客様は、同一空港内にてエア・カナダ便へ乗り継ぎの場合は、今までどおり受託手荷物の引き取りは必要ございません。搭乗手続きも、最初の全日空国内線での手続きで済ませられます。

 

日本航空日本国内線から エア・カナダへ乗り継ぎ
乗り継ぎ空港 お荷物の引き取り ご搭乗手続き
成田 不要 必要
羽田 不要 必要
関西 必要 必要
全日空日本国内線から エア・カナダへ乗り継ぎ
乗り継ぎ空港 お荷物の引き取り ご搭乗手続き
成田 不要 不要
羽田 不要 不要
関西 不要 不要
ジェットスタージャパン日本国内線から エア・カナダへ乗り継ぎ
乗り継ぎ空港 お荷物の引き取り ご搭乗手続き
成田 必要 必要
関西 必要 必要
  • カナダ最初の降機地で必ず荷物の受け取りは必要です。
    (バンクーバー、トロントを経由してアメリカへ行く場合や国際線にお乗り継ぎの場合は、例外規定があります。係員にご確認ください。)

エア・カナダでのアエロプラン取り扱いについて

弊社でのアエロプラン特典航空券の予約(新規・変更・解約)、会員口座情報、プログラム等に関するお問い合わせのお取り扱いは、2015年10月30日をもって終了とさせていただきます。2015年10月31日以降はカナダのアエロプラン コールセンター 1-514-395-0300 まで国際電話でお問い合わせください。尚、原則英語またはフランス語での対応となります。

アエロプランのお問い合わせは、アエロプラン ホームページaeroplan.com内の「CONTACT US新しいウィンドウで開く」をご参照ください。

エア・カナダ上級会員、アルチチュード プログラムのeUpgrades等についてのお問い合わせは、引き続きエア・カナダ コールセンターまでお問い合わせください。

楽器類の機内お持ち込みに関する規定改正のお知らせ

楽器類の持ち込みに関する規定が一部改正されましたので、お知らせいたします。

機内持ち込み手荷物の規定*を満たす品目は機内に持ち込み頭上の収納棚または前の座席下に収納できるという現行の規定に加え、ご搭乗になるクラスで楽器専用に座席を購入される場合は運賃(最安値を含む)が50%割引となります。
(安全上の理由により、ビジネスクラスのフルラットタイプのお座席では楽器をお預かりできませんので、その場合はエコノミークラスで楽器をお預かりいたします。)

また、楽器類を機内にお持ち込みいただく場合は、頭上の収納棚または前の座席下に収納いただく時間を考慮し、一般搭乗に先立ちご搭乗をご案内させていただきます。収納時にお手伝いが必要な場合は、客室乗務員にお申し付けください。

お客様のお手荷物は細心の注意をもってお取り扱いいたしますが、楽器類は壊れやすいため、必ず頑丈で硬いケースに適切に梱包していただくようお願いいたします。このことは特に、搭乗者数や機種の積載重量制限、収容スペースの利用状況により、機内にお持ち込みいただけず搭乗口でお預かりさせていただく場合に重要となります。

詳しくは、楽器のページをご覧ください。

* 弦楽器(ギター、バイオリン、ビオラなど)は、サイズが機内持ち込み手荷物の規定を少し超えていても、機内にお持ち込みいただけます。

シルバーウィーク期間中における営業時間のご案内

平素よりエア・カナダ便をご利用いただき、誠にありがとうございます。

シルバーウィーク期間中の弊社ジャパン・コールセンターの営業時間について以下のとおりご案内いたします。

 

9月19日(土) 09:00 ~ 13:00 (通常営業)
9月20日(日) 休業
9月21日(月) 休業
9月22日(火) 09:00 ~ 15:30 (臨時営業)
9月23日(水) 09:00 ~ 15:30 (臨時営業)
  • 臨時営業期間中はお電話の繋がり辛いことが予想されます。
  • 発券ならびにアエロプランサポート業務は休業となります。
  • 9月24日(木)より、通常営業をさせていただきます。
  • 休業日にお急ぎのお客様は、ご不便をお掛けいたしますが弊社北米コールセンターまでご連絡ください。(日本から有料、英語・フランス語の対応となります。)
エア・カナダ北米コールセンター 1-888-247-2262 (24時間営業 年中無休)
アエロプラン 1-514-395-0300 (07:00 – 24:00 東部時間)

エア・カナダ ジャパン・コールセンター 
Tel: 0570-014-787 (日本国内)
Tel: +81 3 4335 9300 (海外から)

他の便へお振り替えをお願いする場合についてのご案内

エア・カナダをご利用いただき誠にありがとうございます。

悪天候、機材メンテナンスのため、運航のスケジュールが乱れ、予定していた機材より小さい機材で運航せざるを得ないなどの事情により、オーバーブックが生じ、お客様に他の便へお振り替えをお願いする場合が稀にございます。

その場合、自動チェックイン機、ウェブ・モバイルチェックインでご搭乗手続きをされますと、お振り替えのご協力をお願いするメッセージ(The invitation to volunteer)が表示されます。お振り替えを承諾されますと、お客様の最終目的地までなるべく早く、よい乗り継ぎ便でご出発できますよう、空港職員が代替案を提示させていただきます。

ビジネスクラスまたはプレミアムエコノミークラスのお客様には、上記のメッセージは表示されません。アルチチュード会員のお客様は、オーバーブックしている便でも最優先に席をご用意するようにしております。

この件に関する詳しい内容はこちらをご覧ください。(英語となります。)

カルガリー–ポートランド線通年運航開始のご案内

この冬のスケジュールより、エア・カナダ エクスプレスにて季節運航しておりましたカルガリーとポートランド(オレゴン州)線を通年で毎日運航いたします。お客様のご利用をお待ち申し上げております。

羽田国際空港でも電子搭乗券がご搭乗口で利用可能に

2015年5月25日より、羽田国際空港でも手荷物検査場通過およびご搭乗の際の電子搭乗券のご利用が可能になりました。これにより、羽田、成田、関西国際空港すべてにおいて、お使いの携帯端末に電子搭乗券を表示して、手荷物検査場およびご搭乗口でご利用いただけます。

ご自身の携帯端末、パソコンでチェックイン後は、EメールまたはSMSにて搭乗券を携帯端末に送信して、そのバーコードを手荷物検査場の読み取り機およびご搭乗ゲートにかざしてください。また従来どおり、紙のご搭乗券をご自宅または空港の自動チェックイン機で印刷していただいてもご利用いただけます。

手荷物検査場へ入る前に、機械による読み取りをスムーズにするため、お手数ですが、お手持ちの携帯端末の画面の明るさを最大に設定していただけますよう、ご協力をお願いいたします。

Webチェックインモバイルチェックインに関する詳細もご覧ください。
エア・カナダでご利用いただけるモバイルサービスに関してはこちら

中国トランジットプログラムの適用拡大について

エア・カナダは、カナダ政府による中華人民共和国トランジットプログラム新しいウィンドウで開く(CTP)の指定航空会社です(以下中国)。弊社便をご利用いただいた場合、中国国籍のお客様がカナダを通過して(*)、アメリカ合衆国へご旅行される場合、または逆の旅程で、カナダトランジットビザが一定の条件新しいウィンドウで開くを満たしている場合、免除されるというものです。


2015年6月1日より、中国トランジットプログラムの適用を拡大し、北京、香港、広州、上海、マニラ、台北の各空港からご搭乗いただいた場合に限定されていた免除プログラムが、成田、羽田、ソウル インチョン空港から弊社便でご搭乗いただいた場合にも対象となり、カナダトランジットビザが免除される事になりました。

エア・カナダはカナダ政府のトランジットビザ免除プログラム(TWOV)においても、指定航空会社です。

(*) トロント・ピアソン国際空港ターミナル1またはバンクーバー国際空港を通過する場合

機内持ち込み手荷物に関するご案内

エア・カナダのご利用、誠にありがとうございます。

2015年5月25日より、トロント・ピアソン国際空港を手始めに、エア・カナダでは機内持ち込みを予定しているお荷物に関して、弊社職員がご搭乗手続きカウンターならびに手荷物検査場でお客様のお荷物を拝見し、お持ち込み可能という意味の下記の「APPROVED」というタグをお付けいたします。これにより、手荷物検査場での審査時間の短縮、ご搭乗の際に規定以上の大きなお荷物が持ち込まれることが防げるため、安全・定時運航の向上が図れます。6月には、他の空港にも同様の取り扱いを拡大する予定です。

もし、機内持ち込み予定のお荷物をお預けになりたい場合は、ご搭乗手続きカウンターの職員にお知らせください。また、手荷物検査場で機内持ち込み規定以上のお荷物をお預けになることになった場合には、検査場に待機しております弊社職員がその旨を明記したカードをお渡ししますので、ご搭乗手続きカウンターに戻り、カウンター職員にお見せください。その際、お渡ししたカードをお見せいただければ、ご利用予定の便に乗り遅れのないように迅速にお荷物をお預かりいたします。その後、再度ご搭乗ゲートへ向かってくださいますようお願いいたします。

その際、エア・カナダの無料手荷物規定より超過している場合には、規定の手数料を申し受けます。お客様の快適で安全な空の旅、ならびに定時運航のために、お客様のご協力を賜りますようお願い申し上げます。

関西国際空港からエア・カナダ ルージュ便でご出発のお客様へ

2015年5月2日より、エア・カナダ ルージュ運航にて、関西空港からバンクーバー線が就航いたします。ご搭乗手続きカウンター、ご搭乗口が決定いたしましたのでご案内いたします。

 

エア・カナダ ルージュご搭乗手続きカウンター
関西国際空港 第一ターミナル1 出発階 Dカウンター
ご搭乗ゲート 10番

ご搭乗手続き、お荷物のお預かりは、出発の2時間半前より出発の1時間前まで承ります。
(5月2日就航便のご搭乗手続きは3時間半前より承ります。)

エア・カナダ ルージュでは機内エンターティメントをご覧いただくには、お手持ちのiPadやiPhone、Android端末などの携帯端末、またはAdobe Flash PlayerがインストールされたPCが必要です。
携帯端末やPCをご利用の方は、Apple App Store新しいウィンドウで開くまたはGoogle App Store新しいウィンドウで開くからAir Canadaの無料アプリをあらかじめインストールしてご出発ください。(機内ではAndroid端末以外ダウンロードできません。)イヤホン、十分な充電もどうぞお忘れなく。

機内での詳しいご利用方法はこちらPDFファイルを開く

プレミアムルージュクラスご利用の場合は無料にてiPadのレンタルが可能ですが、ルージュクラスのお客様は有料(10カナダドル)で、レンタル数に限りがございますのでご了承ください。

ご出発の前に必ず最新のフライトスケジュール運航状況をご確認の上、お出かけくださいますようお願いいたします。

ご搭乗手続きに関してはこちら

ゴールデンウィーク期間中における営業時間のご案内

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

ゴールデンウィーク期間中におけるジャパン・コールセンターの休業および臨時営業のご案内をいたします。
詳しくは下記の表をご参照ください。

 

4月29日(水) 休業
4月30日(木) 09:00 ~ 18:00 (通常営業)
5月1日(金) 09:00 ~ 18:00 (通常営業)
5月2日(土) 09:00 ~ 13:00 (通常営業)
5月3日(日) 休業
5月4日(月) 休業
5月5日(火) 09:00 ~ 15:30 (臨時営業)
5月6日(水) I09:00 ~ 15:30 (臨時営業)1

臨時営業期間中はお電話の繋がり辛いことが予想されます。また、発券ならびにアエロプランサポート業務は休業となります。何卒ご了承ください。

5月7日(木)より、通常営業をさせていただきます。

営業時間外にお急ぎのお客様は、ご不便をお掛けいたしますが弊社北米コールセンターまでご連絡ください。(日本から有料、英語・フランス語の対応となります。)

 

エア・カナダ 1-888-247-2262 (24時間営業 年中無休)
aeroplan 1-800-361-5373 (07:00 – 24:00 東部時間)

大阪(関西)–バンクーバー線スケジュール再変更のご案内

エア・カナダをご利用賜り誠にありがとうございます。2015年5月2日より就航予定の大阪–バンクーバー線の出発・到着時間を諸般の事情により一旦変更いたしましたが、今般、当初予定していた出発ならびに到着時間での運航が可能になりました。新スケジュールは以下のとおりとなりますのでご確認ください。

お客様には多大なるご迷惑をおかけいたしますことを深くお詫び申し上げます。

AC1952便 大阪(関西)発バンクーバー行き (2015年5月2日–2015年10月24日)

  旧スケジュール
  大阪発22時05分 → バンクーバー着15時40分 (月・火・水・木・土運航、*5月は月・水・木・土運航)

  新スケジュール
  大阪発16時25分 → バンクーバー着10時00分 (月・火・水・木・土運航、*5月は月・水・木・土運航)

AC1951便 バンクーバー発大阪(関西)行き (2015年5月1日–2015年10月23日)

  旧スケジュール
  バンクーバー発17時45分 → 大阪着20時35分(翌日) (月・火・水・金・日運航、*5月は月・水・木・土運航)

  新スケジュール
  バンクーバー発12時05分 → 大阪着14時55分(翌日) (月・火・水・金・日運航、*5月は火・水・金・日運航)

エア・カナダで当該便を含む航空券ご購入頂いたお客様には新しい旅程表をEメールで順次お送りしておりますので、ご確認くださいますようお願いいたします。
旅行会社で航空券をご購入のお客様は、お手数ですが、お求めになりました旅行会社に新しい旅程に関してのご確認をお願いいたします。
ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解賜りますようお願いいたします。

また、お客様の新しい旅程表は、予約の管理からもご覧になれます。ご不明な点はエア・カナダ コールセンターまでご連絡ください。

成田–トロント線を5月2日より運航再開いたします!

成田–トロント線を成田発2015年5月2日より(トロント発は2015年5月1日より)ボーイング787ドリームライナーにて再開いたします。

また、エア・カナダは2015年5月2日より就航する関西–バンクーバー線とあわせて、最大1日5便に増便し、夏期の間、日本とカナダを結びます。

日本–カナダ間に最大のネットワークを誇るエア・カナダでカナダ、アメリカ、メキシコ、カリブそして中南米へぜひお出かけください。

皆様のご利用お待ちお申し上げております。

年末・年始休業および営業時間のご案内

2014年12月15日

ジャパン・コールセンターの年末・年始休業ならびに営業時間は以下の通りです。

  営業時間
12月27日(土) 09:00 ~ 13:00 (通常営業)
12月28日(日) 休業
12月29日(月) 09:00 ~ 18:00 (通常営業)
12月30日(火) 09:00 ~ 15:30 (臨時営業)
12月31日(水) 09:00 ~ 15:30 (臨時営業)
1月1日(木) 休業
1月2日(金) 休業
1月3日(土) 09:00 ~ 15:30 (通常営業)
1月4日(日) 休業
ジャパン・コールセンター 0570-014-787 (ナビダイアル 有料)
日本国外から 81-3-4335-9300*
北米コールセンター 1-888-247-2262* (24時間営業 年中無休)
アエロプラン コンタクトセンター新しいウィンドウで開く 1-800-361-5373* (カナダ東部時間 07:00am-0:00am)
* 国際電話料金がかかります。
* 最初に国際電話識別番号をつけておかけください。

eアップグレードがプレミアムエコノミークラスで利用可能になります

2014年12月2日

エア・カナダでは、アップグレードに有効なエコノミークラスの航空券をお持ちのアルチチュード会員の皆様に、eアップグレードをプレミアムエコノミークラスにも利用できるようにシステムの改善を行いました。eアップグレードは、プレミアムエコノミークラスまたはプレミアムルージュクラスの設定のあるエア・カナダ、エア・カナダ エクスプレス、エア・カナダ ルージュ運航便でご利用いただけます。

プレミアムエコノミークラスへのアップグレードに必要なeアップグレードクレジット数

国際線 – プレミアムエコノミー・ プレミアムルージュ

ゾーン

運賃タイプ

対象会員資格

予約クラス

0-
5000マイル

5001–
11,000マイル

11,000マイル以上

ラチチュード

アルチチュード会員(すべて)

Y/B

6

7

12

非アルチチュード会員

フレックス

アルチチュード会員(すべて)

M/U

8

10

18

スーパーエリート100K

H/Q/V

11

13

24

エリート75K

エリート50K

eアップグレードに関するその他の制限

*アルチチュード会員は、今まで通りeアップグレード予約画面より、予約してください。
*eアップグレードアドオンはプレミアムエコノミークラスにはご利用いただけません。

プレミアムエコノミーにアップグレードをご希望の場合

アルチチュード会員は、今まで通り以下の方法でアップグレードを承ります。

*プレミアムエコノミークラスへのeアップグレードは、ウェブ・モバイルチェックイン、空港に設置してあります自動チェックイン機(キオスク)ではご利用になれません。

乗り継ぎ便のある旅程の場合

お乗り継ぎ便を含むすべての片道区間で同一搭乗クラスにアップグレードをご希望の場合は、通常、出発地から目的地までの各便それぞれに必要なeアップグレードクレジット数より少ないクレジット数でご利用いただけます。

乗り継ぎがあり、違うご搭乗クラスにそれぞれアップグレードをご希望の場合は、その片道分の各フライトごとにそれぞれクレジットが必要となります。

空席とお座席の割り当て

アルチチュード会員様には、常に最善のお座席をご用意できるようにしております。ビジネスクラスへのアップグレードをご希望で、ビジネスクラスがご用意できない場合、自動的にプレミアムエコノミーにスタンバイとなり、お座席がご用意でき次第ご案内いたします。

eアップグレードに関してはこちら
エア・カナダ アルチチュードについてはこちら

羽田国際空港で優先手荷物保安検査が可能に!

2014年11月28日更新

スーパーエリート100K、エリート75K・50K・35K会員のお客様は、エア・カナダ便をご利用の際、羽田国際空港(HND)で優先手荷物検査レーンをご利用いただけるようになりました。ご利用の際は、会員カードを優先レーンにてご提示ください。

エア・カナダ ゾーン別搭乗のご案内

2014年11月21日

2014年12月よりエア・カナダおよびエア・カナダ ルージュ、エア・カナダ エクスプレス運航便では、ゾーン番号別搭乗を実施します。これにより、従来の機内後方座席から前方へ順にご案内する方法よりも、さらにスムーズにご搭乗いただけます。

お客様のゾーン番号は、チェックインの際に搭乗券に記載されます。搭乗口では係員の指示に従い、該当するゾーンのアナウンスが流れましたら、ご搭乗を開始してください。

  • ゾーン1*:ビジネスクラスご利用の方、ならびにスーパーエリート100K会員の方を対象とした優先搭乗
  • ゾーン2*:エリート75K、エリート50K、エリート35K会員、スターアライアンス ゴールド会員の方、プレミアムエコノミーおよびラチチュード運賃をご利用の方、ならびにTDおよびCIBCクレジットカード優待会員の方を対象とした優先搭乗
  • ゾーン3、4、5:エコノミークラスご利用の方を対象とした一般搭乗

車椅子の補助が必要なお客様は、最優先に機内へご案内します。6歳未満のお子様をお連れのお客様は、一般搭乗に先立ってご搭乗いただけます。

搭乗口のモニターにゾーン番号が更新されます。あらかじめ搭乗券のゾーン番号をご確認のうえご搭乗ください。

優先搭乗に関する詳細はこちらを、新しいゾーン番号別搭乗に関する詳細はこちらをご覧ください。

* ゾーン1または2のお客様は、一般搭乗開始後も優先搭乗専用レーンからいつでもご搭乗いただけます。

北米路線プレミアムエコノミークラス廃止に関して

プレミアムエコノミーが装備された機材に限りがあるため、北米内路線におけるプレミアムエコノミークラスの販売を、2014年11月3日以降発券分、尚且つ11月15日以降旅行分より中止いたします。北米内路線でのプレミアムエコノミークラスは、ボーイング777-300型機、またはボーイング787型機に設定されていたもので、今後はプリファードシートとして販売いたします。
 
プリファードシートとなりますこれらの座席では、イヤフォン、お食事、スナック、アルコール飲料などは、エア・カナダ・カフェにて有料でお求めいただけます。
 
2014年11月2日までに対象路線のプレミアムエコノミークラス運賃をご購入されたお客様に関しては、エア・カナダよりご連絡を差し上げます。
 
プレミアムエコノミークラスは、国際線では今後ともご利用いただけます。

バンクーバー線にボーイング787型機が就航します!

2014年12月16日日本発より、成田–バンクーバー線に最新鋭ボーイング787型ドリームライナーが就航します。

ビジネスクラス20席、プレミアムエコノミークラス21席、エコノミークラス210席のエア・カナダ ボーイング787型機は、洗練された機内インテリア、最新のエンターテイメントシステムでお客様をお迎えします。

バンクーバーへお出かけの際は、ぜひエア・カナダをご利用ください。皆様のご搭乗をお待ちしております。

ボーイング787型ドリームライナーに関してはこちら新しいウィンドウで開く

プレミアムエコノミーに関してはこちら

2015年アルチチュード会員特典に関する重要な変更のお知らせ

2015年のエア・カナダ アルチチュード会員特典に関しまして、以下の点などに変更がございますのでご案内いたします。

  • eアップグレード
  • プリファードシード(事前予約有料座席)
  • 空港、予約における優先サービス
  • 会員資格

アルチチュード会員様におかれましては、来年度の変更点に関して、こちらをご一読くださいますようご案内申し上げます。

台風19号による特別措置に関して

本州へ向かっている台風19号による特別措置として、2014年10月9日までに発券の航空券をお持ちで、2014年10月12日および10月13日に成田・羽田空港からまたは成田・羽田空港に向けてご出発のお客様に関して、以下のように変更に関する特別措置を設定いたします。

対象期間にご旅行のお客様は、2014年10月14日から2014年12月10日までの間で無料で、エア・カナダ コールセンターにて、ご購入時の予約クラスに空席があることを条件に、変更を承ります。

また、ほかの方面へご旅行先を変更されたい場合、変更料無料で2014年10月14日から2014年12月10日までの間に限り、変更を承ります、その際、新しい運賃との差額がある場合は申し受けます。

アエロプラン特典航空券をお持ちのお客様は、アエロプラン新しいウィンドウで開くまでご連絡をくださいますようお願い申し上げます。

成田-トロント線運休のお知らせ

2014年10月7日更新

AC002便成田発トロント線は2014年10月26日より2015年5月1日まで、AC001便トロント発成田行きは2014年10月25日より2015年4月30日まで運休致します。その間は、毎日運航しております羽田-トロント直行便AC005便/AC006便をご利用くださいますようお願い申し上げます。

台風18号による特別措置に関して

日本に上陸している台風18号による特別措置として、2014年10月3日までに発券の航空券をお持ちで、2014年10月4日から10月6日に日本からまたは日本にむけてご出発のお客様に関して、以下のように変更に関する特別措置を設定いたします。

対象期間にご旅行のお客様は、2014年10月4日から2014年12月10日までの間で無料で、エア・カナダ コールセンターにて、ご購入時の予約クラスに空席があることを条件に、変更を承ります。

また、ほかの方面へご旅行先を変更されたい場合、変更料無料で2014年10月4日から2014年12月10日までの間に限り、変更を承ります、その際、新しい運賃との差額がある場合は申し受けます。

アエロプラン特典航空券をお持ちのお客様は、アエロプラン新しいウィンドウで開くまでご連絡をくださいますようお願い申し上げます。

国際線ビジネスクラスのミールサービスが新しくなります

エア・カナダでは、お客様によりよい機内サービスをご提供するため、機内のお食事に関して見直しを行いました。

2014年春にお客様にアンケートを実施し、それをもとに2014年秋に国際線ビジネスクラスの機内食を刷新します。

アラカルト ブレックファストサービス

  • カナダ発ヨーロッパ行のフライトでは、事前にご朝食のメニューからご希望の朝食(暖かいもの、冷たいもの)、お飲物をお選びいただき、オーダーカードに記入いただきます。それをもとに、着陸の前までのご希望の時間にお食事を提供いたします。
  • お客様からのご要望があれば、離陸まで朝食を取らないでお休みになられたい場合、その旨配慮いたします。

長距離路線

  • トロント-アジア、トロント-テルアビブ、バンクーバー-シドニー間の長距離路線において、機内食のメインコースをさらにグレードアップいたしました。
    • お食事は、レストランでお食事をされているように、客室乗務員が機内でソースやサイドディッシュを盛り付けいたします。たとえば、アルバ-タAAAテンダーロインステーキなどは、ユーコン州から取り寄せたゴールド・ロブスター入りのマッシュポテト、アスパラガスのソテーとともに、新しい白の食器でご提供します。
    • チーズサービスは、お客様のお席の側までお持ちし、ブドウとクラッカーとともにカントニエ、カマンベール、ミィデアムチェダーからお好きなものをお選びいただけます。
    • デザートは、ケーキと季節の果物をワゴンサービスでお座席までお持ちし、お客様はお好みのものをお好きなだけお召し上がりいただけます。
  • トロント-アジア線の全便にて、着陸の前にブランチサービスの提供を開始いたしました。トマトの煮込み、マッシュポテト、ほうれん草のソテーを添えたオムレツといった洋式のメニュー、鶏肉、シイタケ、青葱の入った中国式お粥といったアジアのメニューからも今まで通りお選びいただけますが、ブランチサービスの新しいオプションとして、焼売とエビの点心を添えた焼きそばなどもご用意いたしました。

国際線ビジネスクラスのサービスの詳細に関しては、こちら

来年度夏期スケジュールについてのご案内


2014年9月25日

エア・カナダでは、2015年夏、モントリオール、トロント、バンクーバーからヨーロッパ、中南米、日本への便を増便いたします。

まず初めに、モントリオール–ヴェネツィア線をエア・カナダ ルージュで運航します。そして、トロント、モントリオールからパリへ1日2便に増便し、数々の賞を受賞している国際線ビジネスクラスサービスをご提供するエア・カナダで運航致します。

エア・カナダ便2015年夏期スケジュールのハイライト

  • トロント/モントリオール–パリ、2015年6月から9月まで1日2便で運航
  • トロント–アムステルダム、2015年6月4日から最大週6便で通年運航開始
  • トロント–リオデジャネイロ/パナマ、2014–2015年冬ダイヤより引き続き直行便で運航

エア・カナダ ルージュ便2015年夏期スケジュールのハイライト

  • バンクーバー–大阪、関西、2015年5月1日より最大週5便運航開始(政府認可条件付き)
  • モントリオール–ヴェネツィア、2015年5月14日より新規運航開始
  • モントリオール–アテネ、週4便に増便
  • モントリオール–バルセロナ、週2便から週3便へ増便
  • トロント–アテネ/バルセロナ、週5便から毎日運航へ
  • トロント–ヴェネツィア、週3便から週4便へ増便
  • トロント–リマ、2015年5月2日より、エア・カナダルージュにて運航開始

ご予約はお早めに、こちらからどうぞ。
(バンクーバー–大阪線の販売は、今しばらくお待ちください。)

受託手荷物許容量変更のお知らせ


2014年9月18日

エア・カナダは、2014年9月18日発券分尚且つ2014年11月2日搭乗分より、カナダ国内、カナダ-アメリカ、カナダ/アメリカ–メキシコ/中米/カリブ区間のエコノミークラスの手荷物許容量を変更いたします。今回の変更は、日本発着の国際線を含む旅程の航空券には適用となりません。

♦ 2014年9月18日発券尚且つ2014年11月2日搭乗分より

区間 運賃タイプ 1個目 2個目
カナダ国内 タンゴ 25ドル* 25ドル*
フレックス 無料 25ドル*
ラチチュード 無料 無料*
カナダ–アメリカ注1 タンゴ 25ドル 35ドル
フレックス 25ドル 35ドル
ラチチュード 無料* 無料*
カナダ–メキシコ/プエルトリコ/カリブ/バージン諸島 タンゴ 25ドル* 25ドル*
フレックス 無料 25ドル*
ラチチュード 無料 無料*
カナダ–中米注2 タンゴ 無料 25ドル*
フレックス
ラチチュード
  • 日本発着の旅程には適用となりません。
  • 上記は片道ごとの料金です。
  • タンゴ:W/S/G/T/L/A/K クラス、フレックス:M/U/H/Qクラス、ラチチュード:Y/Bクラス、および特典航空券:Xクラス
  • ビジネスクラス、プレミアムエコノミークラスの手荷物許容量は変更ありません。
  • 重量、サイズ超過の手数料は変更ありません。詳しくは、こちらでご確認ください。

注1) アラスカ・ハワイを含む
注2) ベリーズ、コスタリカ、エルサルバドル、グアテマラ、ホンジュラス、ニカラグア

プリファード・シートに関するご案内

ご旅行の際、もう少しスペースに余裕があったらとお考えですか?そんな時は、足元が広くリラックスできて、落ち着いて仕事もできるプリファード・シートはいかがでしょうか?プリファード・シートは、エコノミークラスの前方にほとんどが位置しており、飛行機の乗り降りもすばやくできます。

プリファード・シートは、利用しやすい料金で、お客様のチョイスにより、お求めいただけるフライトを個々に指定できるようになりました。お客様のご希望により、自由に区間をお選びください。

次回のご予約の前に、最新のプリファード・シートに関する情報をご一読ください。機内では、わかりやすいようにプリファード・シートとロゴの入った新しいヘッドレストでお客様をお迎えいたします。

また、タンゴ運賃をご利用の場合の事前座席指定「アドバンス・シート・セレクション」に関しても変更を行いました。

また、この度、無料でプリファード・シートをご利用いただけるお客様に関するルールを改定いたしました。

メキシコシティ線「エア・カナダ・カフェ」サービス開始のご案内

2014年8月1日より、メキシコシティ線において「エア・カナダ・カフェ」サービスが開始されます。

エア・カナダ・カフェについてはこちら

ロサンゼルス国際空港近辺における道路工事に関して

ロサンゼルス国際空港(LAX)付近のCentury通りとAviation通りの交差点付近一帯が、7月25日から7月28日、工事のため閉鎖されます。そのため、Sepulveda通りの渋滞が予想されます。

当該期間、ロサンゼルス国際空港をご利用のお客様は、お時間に余裕を持って空港へ向かわれますようにお願いいたします。

Webチェックインがデトロイト、ポートランド(オレゴン州)で利用可能になりました

エア・カナダ便をご利用のお客様で、デトロイト-メトロポリタン・ウェイン・カウンティ空港(DTW)とオレゴン州ポートランド国際空港(PDX)からご出発のお客様は、Webチェックインモバイルチェックインのサービスが、ご出発の24時間前からご利用頂けるようになりました。

ヨーロッパからご出発のお客様へ-新保安対策のご案内

2014年7月10日

カナダ運輸省は旅客、機内持ち込み手荷物、電子機器について保安対策の強化を実施し、エア・カナダはこれらの新保安要件を順守することと致します。

この新保安対策は即日より発効され、審査官から、携帯電話を含む電子機器をスクリーニング検査のためにご提示いただき、電源を入れていただくようお願いする場合がございます。電源の入らない、壊れた電子機器は機内にお持込いただけませんので、空港ご到着前にお持ちになる電子機器が十分に充電されていることをご確認ください。

また、これにより、乗客と機内持ち込みの荷物は、更なるスクリーニング検査を受けていただく場合がございます。

これらの新しい保安対策により、遅延が生じる可能性がありますので、エア・カナダ、エア・カナダ ルージュをご利用のお客様は、ご搭乗手続き、お荷物のお預け、手荷物保安検査、ご搭乗時間などを考慮のうえ、十分余裕を持って空港にご到着くださいますようお願い致します。また、手荷物保安検査は搭乗口で実施される場合がございますので、お客様はお早めに搭乗口にお越しくださいますようお願い申し上げます。

新しい規定に則り、全てのお客様の安全を確保するため、皆様のご理解とご寛容のほどよろしくお願い致します。

電子搭乗券がサンフランシスコ国際空港でご利用可能になりました

サンフランシスコからエア・カナダ便をご利用のお客様は、電子搭乗券(electronic boarding pass)をご利用いただけるようになりました。自動チェックイン機(キオスク)、ウェブ、モバイルチェックインの際、電子搭乗券のオプションを選択してご利用ください。サンフランシスコ国際空港は、ラガーディア国際空港に次いで、アメリカで2番目の電子搭乗券を利用できる空港となります。エア・カナダでは、アメリカにおいてこのサービスの拡大をこの数か月の間に行って参ります。

注意事項:TSA Pre✓をご利用になり、事前保安検査を行うお客様は、このサービスはご利用いただけません。自動チェックイン機(キオスク)で紙の搭乗券を印刷していただくか、またエア・カナダ職員に紙の搭乗券の印刷を依頼してください。

パナマ-トロント線就航のご案内

2014年7月8日

エア・カナダでは2014年12月17日より、トロントーパナマ線に就航致します。エア・カナダはパナマ線に就航する唯一のカナダフルサービス航空会社で、週3便にて通年運航致します。

スケジュールは、2014年12月17日より、水曜、金曜、土曜日、エアバス319型機(120席)で運航致します。発着時間はパナマ-トクメン国際空港にてパナマ以遠のお乗り継ぎに便利な時間帯に設定されています。ご予約はすでに2014年7月8日より承っております。

羽田国際空港からご出発のお客様へ

2014年7月2日

2014年7月2日より、羽田―トロント線が就航いたします。
お客様のご搭乗手続きは、羽田国際空港国際線旅客ターミナル出発階(3F)のDカウンターで承ります。 
受付開始時間はご出発の3時間前からで、受付締め切りはご出発の1時間前となります。
自動チェックイン機でのお手続きも可能です。

フォートマクマレー国際空港 新ターミナルへ移動のご案内

2014年6月6日

2014年6月9日より、エア・カナダはフォートマクマレー国際空港新ターミナルへ移動いたします。

エア・カナダで出発されるお客様は、12台設置されております自動チェックイン機(キオスク)でご搭乗券手続きをお済ませの上、搭乗券を印刷し、受託手荷物預入れカウンターへお進みください。 

また優先搭乗手続きカウンターならびに優先保安検査レーンも対象のお客様にはご用意しております。

一部のエア・カナダエクスプレス便は搭乗口1番から出発しますが、それ以外のエア・カナダ運航便は搭乗口2番または3番より出発いたします。

電子機器を機内でご使用になる場合の新規則に関して

2014年5月30日

2014年5月28日より、エア・カナダ、エア・カナダ エクスプレス、エア・カナダ ルージュをご利用の際、個人の電子機器を離着陸時および滑走路走行中でも、データを送受信しいていない状態(機内モード)であることを条件に、ご利用いただけるようになりましたのでご案内申し上げます。

電子搭乗券がニューヨークラガーディア国際空港で利用可能になりました

2014年5月28日

エア・カナダを利用してニューヨーク ラガーディア国際空港からご出発のお客様は、電子搭乗券(Electronic Boarding Pass)をご利用いただけるようになりました。
ウェブ、モバイル、チェックインキオスクでご搭乗手続きをされるときに、モバイルボーディングパス(mobile boarding pass)を選択してください。すでにこのサービスはご利用いただけます。

TSA Pre-Checkをご登録されているお客様はこのサービスはご利用いただけませんので、従来どおりチェックインキオスクで紙の搭乗券を印刷していただくか、エア・カナダ地上職員に搭乗券の印刷を依頼してください。 

電子搭乗券に関してはこちら

ロンドン ヒースロー空港 新ターミナル2へ移動!

2014年5月28日

エア・カナダは2014年6月18日より、ロンドン ヒースロー国際空港においてターミナル2の利用を開始いたします。このターミナルは「クイーンズターミナル」という愛称で呼ばれ、エア・カナダの英国ロンドンでの発着の基点となります。

25か国、50都市、1日175便以上の便が出発するこの最先端のロードン ヒースロー国際空港ターミナル2は、2014年6月4日より運用を開始し、1年間で2000万人以上の乗客の利用が見込まれています。

エア・カナダをご利用のお客様は、出発階ZONE Aに設置しております自動チェックイン機KIOSKでご搭乗手続きと受託手荷物のタグの印刷をお願いします。プレミアムデスクでは、対象のお客様のための有人サービスもご用意しておりますので、ご利用ください。

ロンドン ヒースロー国際空港ターミナル2に関してはこちら

トロント-リオデジャネイロ線開設!ブラジルへのゲートウェイが2都市に!

2014年5月27日更新

2014年12月よりトロント-リオデジャネイロへ線が開設いたします。
リオデジャネイロへは週3便、ノンストップで運航の予定です。トロントーサンパウロ線に加え、ブラジルには2都市目となる就航となります。ブラジルへトロントでお乗り継ぎの場合、同日乗り継ぎ可能で、お荷物のお引き取りは必要なく、サンパウロまたはリオデジャネイロでお引き取りいただけます。
ブラジルへのご旅行、ご出張の際はエア・カナダをご利用ください。

スケジュールはこちら
*スケジュールは予告なく変更になることがございます。

7月1日から8月6日の間、マドリッド、ボゴタ、リマへご旅行のお客様へ

2014年5月23日

2014年7月1日から2014年8月6日の間、ボーイング787型機の納入遅延により、マドリッド、ボゴタ、リマへご旅行のお客様は、一時的にユーロアトランティク社運航のフライトにお振り替えさせていただきます。

上記対象便をご旅行予定で既に航空券をご購入のお客様には、弊社または旅行会社よりご連絡を差し上げるよう最大限の努力をしてまいります。

残念ながら、他の旅行手段をお考えの場合、大変申し訳ございませんが、弊社コールセンターまたは航空券をお求めになった旅行会社へご連絡をお願いいたします。全額払い戻しを申し受けます。
代替便その他のご質問に関しましては、弊社コールセンターまたは旅行会社へご連絡ください。

ユーロアトランティク社の機材は、プレミアムエコノミーとエコノミークラスの2クラスのサービスとなります。プレミアムエコノミークラスは、2列x2列x2列の配列で40インチ(101.6cm)の座席ピッチとなっており、オーバ―ヘッドスクリーンによる機内ビデオ、空港での優先サービスをご用意しております。エコノミークラスは、2列x4列x2列の配列で、座席ピッチは30インチ(76.2cm)で、オーバーヘッドスクリーンによる機内ビデオを装備しております。ユーロアトランティク社の客室乗務員は、エア・カナダの飲み物・ミールサービス、免税品機内販売を含む機内サービス等の訓練を受けております。また、エア・カナダからの乗務員を殆どの便に1人配置いたします。

この期間のご旅行を計画のお客様には、何卒ご理解を賜りますようお願いします。その他のスケジュールは、今までどおり変更ございません。

ブラジル、サンパウロ グアルーリョス国際空港における利用ターミナル変更のご案内

2014年5月20日

ブラジル、サンパウロ グアルーリョス国際空港におけるエア・カナダ運航の到着、出発便は、ターミナル3へ移動になりました。
なお、チェックインカウンターは、アイランドGにございます。

AC001/002便スケジュール・使用機材変更のご案内

2014年5月15日更新

エア・カナダをご利用賜り誠にありがとうございます。
以下の期間、AC001便・AC002便トロント―成田間のスケジュール並びに使用機材が変更になります。その間、AC001便・AC002便はバンクーバー経由で運航致します。

 

AC001便 トロント発 成田行き
期間:2014年7月1日―2014年7月14日
旧スケジュール
   トロント発 14時05分発 成田着 15時55分(翌日)
   使用機材:ボーイング777-300ER型機
 
新スケジュール
   トロント発 10時00分発 バンクーバー着 12時03分
   バンクーバー発 13時40分発 成田着 15時55分(翌日)
   使用機材:ボーイング767-300ER型機
AC002便 成田発 トロント行き
期間:2014年7月2日―2014年7月15日
旧スケジュール
   成田発 17時50分 トロント着 16時40分
   使用機材:ボーイング777-300ER型機
 
新スケジュール
   成田発 17時50分 バンクーバー着 10時50分
   バンクーバー発 12時10分 トロント着 19時32分
   使用機材:ボーイング767-300ER型機

  * 入国・税関審査はバンクーバーで行います。成田空港でお預けになった荷物は、一度バンクーバーでお受け取りください。
    税関審査後、再度お預かりいたします。

 

当該便を含む航空券ご購入頂いたお客様には新しい旅程表をEメールでお送りしておりますので、ご確認くださいますようお願いいたします。ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解賜りますようお願いいたします。
なお、成田―バンクーバー間のみの航空券のご購入、ご利用も可能です。

また、お客様の新しい旅程表は、予約の管理からもご覧になれます。

ラスベガスへご旅行のお客様へ

2014年5月6日

2014年5月6日より、ラスベガス マッカラン国際空港におけるすべてのエア・カナダルージュ便の到着、出発便は、ゲートD20、D22とD23を利用することになりました。これらのゲートへは、ターミナル3の地下にありますトラムを利用ください。

なお、チェックインおよび受託手荷物のお受け取りは、今まで通りターミナル3で行われております。

ゴールデンウィーク期間中における営業時間のご案内

2014年4月24日更新

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
ゴールデンウィーク期間中におけるジャパン・コールセンターの休業および臨時営業のご案内をいたします。
詳しくは下記の表をご参照ください。

 

4月29日(水) 休業
4月30日(木) 09:00 ~ 18:00 (通常営業)
5月1日(金) 09:00 ~ 18:00 (通常営業)
5月2日(土) 09:00 ~ 13:00 (通常営業)
5月3日(日) 休業
5月4日(月) 休業
5月5日(火) 09:00 ~ 15:30 (臨時営業)
5月6日(水) I09:00 ~ 15:30 (臨時営業)1

臨時営業期間中はお電話の繋がり辛いことが予想されます。また、発券ならびにアエロプランサポート業務は休業となります。何卒ご了承ください。

5月7日(水)より、通常営業をさせていただきます。

営業時間外にお急ぎのお客様は、ご不便をお掛けいたしますが弊社北米コールセンターまでご連絡ください。(英語・フランス語の対応となります。)

1-888-247-2262 (24時間営業 年中無休)

エア・カナダ ジャパン・コールセンター

日本-アメリカ間、無料手荷物許容量変更のお知らせ

日頃よりエア・カナダにご愛顧賜り、誠にありがとうございます。

4月15日ご購入分より、日本発アメリカ行並びにアメリカ発日本行きのプレミアムエコノミー/エコノミークラス無料手荷物許容量を1個から2個に変更いたします。(注1)

無料手荷物許容量に関するご案内はこちら

なお、2014年4月14日以前に発券された航空券に関してはこちら

注1) 荷物の大きさは、縦・横・高さの3辺の合計が158cm以内、重量は23kg以内のもの。

* ビジネスクラスの手荷物許容量に変更はございません。

詐欺メール(フィッシングメール)に関する重要なお知らせ

2014年3月27日更新

現在、エア・カナダを装い日本のお客様の個人情報を引き出そうとする詐欺メール(フィッシングメール)が送られている状況が発生しております。

エア・カナダまたはアエロプランから覚えのないeメールを受信されたときは返信したり、リンクをクリックしたり、添付書類を開けたりするようなことは絶対になさらないでください。

もし、上記のような詐欺メールを受け取った場合、カナダ詐欺防止センター(Canadian Anti-Fraud Centre:info@antifraudcentre.ca)へ英文でご報告ください。また実際に個人情報を提供してしまったり、金銭被害にあわれた場合には、カナダ詐欺防止センター(北米)1-888-495-8501までご連絡ください。

メールにあるリンクをクリックしないで削除していただければ、アエロプランのお客様のアカウントには問題はございませんのでご安心ください。もし、リンクをクリックして、アエロプランのパスワードまたは個人情報を入力してしまった場合には、アエロプラン(北米)1-800-361-5373までご連絡ください。

また、詐欺メールに関するよくある質問(FAQ)もご用意しておりますのでご覧ください。

ニューヨーク ラガーディア国際空港・ニューアーク国際空港における受託手荷物のタグのお取り扱いについて

ニューヨーク ラガーディア国際空港(LGA)またはニューアーク国際空港(EWR)でお手荷物をお預けになるお客様は、各空港に設置されております自動チェックイン機受託手荷物タグを印刷し、お客様ご自身でお荷物にお付けいただくようになりました。おわかりにならない場合には、お近くにおりますエア・カナダ地上職員におたずねください。

搭乗券をお持ちでしたら、ご自身でお荷物のタグを付けた後、"バゲージドロップオフ(Baggage drop-off)"にお荷物をお持ちになり、お預けください。その際には、お預けになるお荷物の行き先、便名、お客様のお名前、タグ番号が明記された半券(受託手荷物控え)を必ずお受け取りください。

ラガーディア国際空港、ニューアーク国際空港に加え、受託手荷物自動タグプリント機は、カルガリー、エドモントン、ハリファックス、オタワ、セントジョーンズ、トロント ピアソン、バンクーバー、ウィニペグ、ボストン、ラスベガス、ロンドン ヒースロー空港に設置されております。

カラカス便の運航停止に関して

2014年3月17日

ベネズエラの政情不安により安全な運航の継続が困難になったと判断し、エア・カナダは当面の間カラカス行きのフライトを運航停止いたします。

最後の運航便はトロント発3月15日、カラカス発3月16日でした。

カラカスから、またはカラカスへ弊社の便の航空券を購入し、まだご旅行を開始されていないお客様は、払い戻しを承ります。ご旅行を開始されたお客様は手数料なしで他社への振替、または未使用区間の払い戻しを承ります。旅行会社で航空券を購入されたお客様は、旅行会社にご連絡ください。

エア・カナダのカラカス事務所は、ベネズエラのエア・カナダで直接購入いただいたお客様をお手伝いするために営業しております。ベネズエラのエア・カナダにご連絡を取りたいお客様は、当ウエブサイトにあります連絡先までお願いします。

エア・カナダと旅行会社はすでにお客様に代替便(ボゴタ、マイアミ、ヒューストン経由など)または払い戻しをご提案致したく、該当されるお客様にご連絡を差し上げる作業を開始しております。

運航停止以前は、エア・カナダは週3便トロント-カラカス間を運航しておりました。3月17日以降、運航を停止したため、トロント発カラカス行は3月18日から、カラカス発トロント行は3月19日より欠航となります。

エア・カナダは、ベネズエラの政情が安定し、運航再開できるかどうか今後の状況を見極めております。お客様には、ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

eアップグレードに関するご案内

2014年3月28日更新

2013年8月にアエロプラン ホームページ上、およびアエロプラン アルチチュード会員の皆様にはeメールでご案内しておりましたeアップグレードアドオン(付加料金)は、2014年3月28日より導入されましたことをご案内申し上げます。

eアップグレードに関してはこちら

カナダ・アメリカ路線及び周遊旅程をご購入のお客様へ

システム上の制限により、aircanada.com日本版サイトでは以下の旅程のご購入が下記の時間帯できないことがございます。

  • カナダ国内路線のみの旅程
  • カナダ-アメリカ路線のみの旅程
  • 上記路線を含む国際線周遊旅程

ご利用いただけない時間帯

 

2015年3月8日-2015年11月1日 午前0時から午後1時まで
2015年11月2日-2016年3月12日 午前0時から午後2時まで
 

お求めいただけない場合は、お手数ですが、上記の時間以外にご予約いただきますようお願いいたします。
ご不便をおかけいたしますことをお詫び申し上げます。

USエアウェイズとTAMブラジル航空のスターアライアンスからの脱退に関して

2014年3月30日、USエアウェイズ新しいウィンドウで開くTAMブラジル航空新しいウィンドウで開くスターアライアンスから脱退します。

マイル積算の取扱いが搭乗日により異なります。

2014年3月30日までに搭乗する旅行の場合

すべてのアエロプラン会員様はアルチチュード会員資格取得マイルおよびセグメントを、USエアウェイズとTAMブラジル航空の定期運航便で獲得できます。

また、以下の特典もご利用いただけます。

  • エア・カナダ アルチチュード スパーエリート100K、エリート75K、エリート50Kの会員様は、USエアウェイズクラブ、TAMブラジル航空VIPランウジご利用を含むスターアライアンスゴールド会員特典をご利用いただけます。
  • エア・カナダ アルチチュード エリート35K、プレステージ25Kの会員様は、スターアライアンスシルバー会員特典をご利用いただけます。
  • エア・カナダ アルチチュード会員様でアルチチュードボーナスを特典として選択されたお客様は、TAMブラジル航空の対象便で25%のアエロプランボーナスマイルを獲得できます。

 

2014年3月31日以降に搭乗する旅行の場合

USエアウェイズ運航便の場合:

  • アエロプラン会員様はマイルを獲得できません。

TAMブラジル航空運航便の場合:

  • アエロプラン会員様は引き続きアエロプランマイルを獲得できますが、アルチチュード会員資格取得マイル、セグメントを獲得することはできません。
  • アエロプラン会員様はTAM航空運航のアエロプラン フライトリワード(特典航空券)の申請が可能です。
  • エア・カナダ アルチチュード会員様でアルチチュードボーナスを特典として選択されたお客様は、TAM航空の対象便で25%のアエロプランボーナスマイルを獲得できます。

USエアウェイズ、TAMブラジル航空運航便の場合:

  • エア・カナダ アルチチュード会員様は、スターアライアンスゴールドまたはスターアライアンスシルバーの特典をご利用いただけません。

マイル加算に関してはこちら
USエアウェイズでマイルを加算する件に関してはこちら新しいウィンドウで開く
TAMブラジル航空でマイルを加算する件に関してはこちら新しいウィンドウで開く

オーランド国際空港でのターミナル変更に関して

2014年2月13日

2014年2月19日より、フロリダ、オーランド国際空港(MCO)発着のエア・カナダ運航便は、すべてターミナルBに変更になりますのでご案内申し上げます。

2014年度 日本発北米・中南米・メキシコ・カリブ行き運賃発売開始しました!

2014年4月1日から2015年3月31日までの日本発北米、中南米、 カリブ、メキシコ行きのビジネスクラス ローエスト運賃およびエコノミークラス運賃タンゴ、フレックス、ラチチュードの販売を開始いたしました。当ウェブサイト、弊社コールセンターでご購入いただけます。

(システムの都合上、ご出発の330日前からご購入いただけます。)

また、2014年度ワーキングホリデー・留学/カナダ行きも販売を開始いたしましたので、ご予約はコールセンターまでお問い合わせください。

  • コールセンターでご購入の場合、所定の発券手数料を申し受けます。
  • ワーキングホリデー・留学/カナダ行きは、コールセンターでのみご予約を承ります。

皆様のご利用お待ち申し上げております。

年末・年始休業および営業時間のご案内

ジャパン・コールセンターの年末・年始休業ならびに営業時間は以下の通りです。

  営業時間
12月28日(土) 09:00 ~ 13:00 (通常営業)
12月29日(日) 休業
12月30日(月) 09:00 ~ 15:00 (臨時営業)
12月31日(火) 09:00 ~ 15:00 (臨時営業)
1月1日(水) 休業
1月2日(木) 休業
1月3日(金) 09:00 ~ 15:00 (臨時営業)
1月4日(土) 09:00 ~ 13:00 (通常営業)
ジャパン・コールセンター 0570-014-787 
日本国外から 81-3-4335-9300
北米コールセンター 1-888-247-2262* (24時間営業 年中無休)
アエロプラン コンタクトセンター新しいウィンドウで開く 1-800-361-5373* (カナダ東部時間 07:00am-0:00am)
* 国際電話料金がかかります。
* 最初に国際電話識別番号をつけておかけください。

羽田-トロント線 ボーイング787ドリームライナーで就航!

2014年5月15日更新

エア・カナダは2014年7月2日より、東京、羽田(東京国際空港)とトロント・ピアソン国際空港を、ボーイング787ドリームライナーで毎日運航することを発表いたしました。(トロント発羽田行きは2014年7月1日より運航開始)

この新しい通年運航便は、東京の中心部から30分の場所に位置する羽田空港からカナダへの直行便で、昼間に羽田空港から北米へ出発できる唯一の路線となります。

この新しい東京、羽田線開設で、エア・カナダは日本とカナダ間、カナダ国内各都市へのさらに多くのフライトを、お客様にご提供いたします。
エア・カナダでは現在、以下のフライトを運航しております。

  • 成田-トロント線 — 毎日運航
  • 成田-カルガリー線 — 週3便運航(2014年夏期は毎日運航)
  • 成田-バンクーバー線 — 毎日運航

B787 ドリームライナーについてはこちら新しいウィンドウで開く

* このボーイング787ドリームライナーは、アジア地区では初めて投入されます。
* 都合により、ボーイング787での運航は、2014年7月16日(日本発)より開始となります。ご了承ください。

モントリオール・トルドー国際空港の優先手続きカウンターが新しくなります

2013年11月27日より、モントリオール・トルドー国際空港からカナダ国内線、国際線でご出発される場合の優先手続きカウンターが、A121番-128番へ移動となります。

新優先搭乗手続きカウンターは、出発階の2番ドアから入った右側の保安検査場のすぐそばにございます。

アメリカ行きのお客様の優先搭乗カウンターの場所は変更ありません。

エア・カナダの優先サービスに関してはこちらをご覧ください。

日本発着路線無料手荷物許容量変更のお知らせ

日頃よりエア・カナダにご愛顧賜り、誠にありがとうございます。
エア・カナダではエコノミークラス日本-カナダ発着路線に関して、無料手荷物許容量を1個から2個に変更いたします。 

ご旅行区間 搭乗日に関わらず2013年7月14日発券分まで 搭乗日に関わらず2013年7月15日以降2013年10月25日発券分まで 2013年10月26日以降搭乗かつ発券分
日本⇔カナダ 同日にお乗り継ぎの場合:
2個まで無料*注1
同日にお乗り継ぎの場合:
1個目まで無料
2個目 9000円/100カナダドルまたは米ドル
*注1
同日にお乗り継ぎの場合:
2個まで無料*注1
日本⇔アメリカ(ハワイを含む) 同日にお乗り継ぎの場合:
2個まで無料*注1
同日にお乗り継ぎの場合:
1個目まで無料
2個目 9000円/100カナダドルまたは米ドル*注1
日本⇔中南米・カリブ・メキシコ、コスタリカ、バージン諸島バミューダ(ブラジルを除く) 同日にお乗り継ぎの場合:2個まで無料*注1
日本⇔ブラジル 同日にお乗り継ぎの場合:2個まで無料*注2

注1) 荷物の大きさは、縦・横・高さの3辺の合計が158cm以内、重量は23kg以内のもの。
注2) 荷物の大きさは、縦・横・高さの3辺の合計が158cm以内、重量は32kg以内のもの。

◊ ビジネスクラスの手荷物許容量に変更はございません。
◊ 同日お乗り継ぎ以外の場合は、それぞれの区間の手荷物許容量が適用になります。

手荷物に関する詳細な情報はこちらをご覧ください。

コードシェア便フライト状況(Flight Status)のエラー表示に関して

2013年10月16日

現在、技術的な問題により、他社運航エア・カナダおよびエア・カナダ エクスプレス コードシェア便4800番以上の便に関して、フライト状況の表示が正しく表示されず、"revised"と表示される場合がございます。

その際は、弊社コールセンター ジャパン0570-014-787(有料)または北米コールセンター 1-888-247-2262(無料)までご連絡いただき、正確な運航スケジュールの確認をお願いいたします。フライトの運航には影響ございませんのでご安心ください。

お客様にはご迷惑おかけいたしますことをお詫び申し上げます。

ニューヨークラガーディア空港 メープルリーフラウンジ一時閉鎖のお知らせ

2013年10月3日

2013年9月30日から2013年10月28日までの間、ニューヨークラガーディア国際空港エア・カナダ メープルリーフラウンジは、改装のため閉鎖しております。

改装期間中は、エア・カナダ アルチチュード スーパーエリート100K、エリート75K会員のお客様ならびにエア・カナダ エグゼクティブクラスご搭乗のお客様、エア・カナダ メープルリーフラウンジ(北米、ワールドワイド)の会員のお客様は、コンコースCにありますユナイテット・クラブ ラウンジをご利用いただけます。

何卒、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

今度の週末はJATA旅博へぜひお越しください!

9月14日、15日、東京ビックサイトにてアジア最大の旅の祭典、JATA旅行博が開催されます。

エア・カナダは単独ブースで、東3番ホールに出展いたします。
エア・カナダの正式フライトアテンダントの制服やパイロット帽子 を被って、写真を撮りませんか? カナダ、バンクーバーに本拠地を置く"BLENZ COFFEE"とのタイアップイベントにより、カフェアートのデモンストレーションやコーヒーのサンプル試飲もご用意しています。
皆様、お誘い合わせの上、ぜひエア・カナダブースへお越しください。

JATA旅行博に関してはこちら新しいウィンドウで開く

運航状況などを事前に確認してからご出発ください

エア・カナダでは、お客様に当日の運航状況や渡航先に関するご注意をご案内するさまざまなツールをご用意しております。空港に向かわれる前に、最新の情報をご確認されてから空港へ向かわれることをお勧めします。

PCから

携帯端末から

  • 携帯端末のWebブラウザでmobile.aircanada.comにアクセスして、以下の機能をご利用いただけます。
       ◊  最新の運行状況の確認
       ◊  フライトの欠航、遅延のご案内
       ◊  お客様のフライト運航情報・旅程の変更などのお知らせEメールの受け取り登録
  • 運航状況通知の登録・管理からも、遅延、欠航などのお知らせEメールの受け取りを登録していただけます。
  • アンドロイド・iPhone・ブラックベリー用のエア・カナダ無料アプリをダウンロードしていただくと、上記のほかにも、より便利な機能をご利用いただけます。

エア・カナダ コールセンターのご連絡先

     カナダ・アメリカからは
エア・カナダ 北米コールセンター
    
1-888-247-2262(無料、24時間年中無休) *日本からは国際通話料金がかかります。

1-514-393-3333(上記の番号でつながらない場合、有料)
    
耳のご不自由なお客様は、1-800-361-8071(無料、24時間年中無休) *日本からは国際通話料金がかかります。
    
日本からは
エア・カナダ ジャパン コールセンター
    
0570-014-787(ナビダイヤル有料)

海外から +81 3 4335 9300(有料)
    
営業時間
月-金  09:00-18:00
 09:00-13:00
日・祝日  休
    
上記以外の地域のコールセンターは、こちら

日本からリマへますます便利なエア・カナダで!

2013年10月27日よりトロント-リマ線のスケジュールが改定され、日本からリマへ、またリマから日本へのお 乗り継ぎが同日に可能となり大変便利になります。 エア・カナダはリマの他にサンパウロ、カラカス、ボゴタ、ブエノスアイレス、サンチアゴの南米各都市に も就航しています。南米へのご旅行はますます便利なエア・カナダでどうぞ。

東京-トロント-リマ(2013年10月27日から3月29日分日本発スケジュール)
AC002 成田発 17:00 トロント着 14:50(*1)/15:50(*2)
AC080 トロント発 16:20 リマ着 23:20(*3)/00:20(翌日)(*4)
*AC080 月・水・日曜日発

 

リマ-トロント-東京(2013年10月28日から3月28日分日本発スケジュール)
AC081 リマ発 00:50(*5)/01:50(*6) トロント着 09:50
AC001 トロント発 12:00(*1)/13:00(*7) 成田着 15:10(翌日)
*AC081 月・火・木曜日発
(*1)11/3-3/8  (*2)10/27-11/2, 3/9-3/29  (*3)10/27-10/31  (*4)11/1-11/4, 11/6-3/6
(*5)10/28-11/1, 3/10-3/28  (*6)11/4-3/7  (*7)10/26-11/2, 3/9-3/28

 

  • このスケジュールは、2013年7月11日現在のものです。スケジュールは予告なしに変更になる場合がございます。
  • 2013年10月27日から11月2日、2014年3月9日から3月29日の間は、AC002便からAC080便へのお乗り継ぎはできません。

日本発着路線無料手荷物許容量変更のお知らせ

日頃よりエア・カナダにご愛顧賜り、誠にありがとうございます。
エア・カナダではエコノミークラスの日本発着路線に関して、無料手荷物許容量を変更いたします。
お客様のご理解を賜りますようお願い申し上げます。 

ご旅行区間 搭乗日に関わらず2013年7月14日発券分まで 2013年7月15日以降発券且つご搭乗分より
日本⇔カナダ・アメリカ(ハワイを含む) 同日にお乗り継ぎの場合:2個まで無料*1 同日にお乗り継ぎの場合:
1個目まで無料
2個目 9000円/100カナダドルまたは米ドル
*注1
日本⇔中南米・カリブ・メキシコ、コスタリカ、バージン諸島、バミューダ(ブラジルを除く) 同日にお乗り継ぎの場合:2個まで無料*1 同日にお乗り継ぎの場合:2個まで無料(変更なし)*1
日本⇔ブラジル 同日にお乗り継ぎの場合:2個まで無料*2 同日にお乗り継ぎの場合:2個まで無料(変更なし)*2

*1 荷物の大きさは、縦・横・高さの3辺の合計が158cm以内、重量は23kg以内のもの。
*2 荷物の大きさは、縦・横・高さの3辺の合計が158cm以内、重量は32kg以内のもの。

◊ ビジネスクラスの手荷物許容量に変更はございません。
◊ 同日お乗り継ぎ以外の場合は、それぞれの区間の手荷物許容量が適用になります。
◊ 香港・中国・韓国・オーストラリア・その他のアジア⇔カナダ・アメリカ路線は、6月15日発券かつ搭乗分より、エコノミークラスの2個目の受託手荷物料金が100カナダドル・米ドルに変更になっております。

手荷物に関する詳細な情報はこちらをご覧ください。 

医療用酸素機器に関しての規則ならびにご利用料金改定のお知らせ

2013年6月11日より、エア・カナダでは 、国際線およびカナダ-アメリカ路線の医療用酸素機器のお申し込みに関しての規則ならびにご利用料金を改定いたします。

新規則およびご利用料金に関しては、エア・カナダ ジャパンコールセンターにお問い合わせください。

エア・カナダ ジャパンコールセンター
0570-014-767 (ナビダイヤル 有料)
日曜、祝祭日 休業
月-金曜日 09:00 - 18:00
土曜日 09:00 - 13:00

エア・カナダ運航便で医療用酸素を必要とする場合、以下の方法をお選びいただけます。

  • お客様ご自身で認可された個人用酸素濃縮器を機内に持ち込む
  • エア・カナダで酸素吸入サービスを購入する

酸素濃縮器をお持ち込みされる場合、またはエア・カナダでのご用意を希望される場合、いずれも必ず事前に弊社にご連絡いただき、医師の診断書を提出していただく必要があります。

ゴールデンウィーク期間における営業時間のお知らせ

平素よりエア・カナダ便をご利用いただき、誠にありがとうございます。

ゴールデンウィーク期間中の営業時間について、下記の通りご案内いたします。尚、5月3日・4日のゴールデンウィーク臨時営業期間中は、お電話が非 常に繋がりにくくなることが予想されます。お客様にはご迷惑とご不便をお掛けしますが、何卒ご了承いただきますようお願い申し上げます。

ゴールデンウィーク期間 営業時間 備考
4月29日(月) 休業  
4月30日(火)
5月1日(水)
5月2日(木)
09:00 ~ 18:00 通常営業
5月3日(金)
5月4日(土)
09:30 ~ 15:30 臨時営業
5月5日(日)
5月6日(月)
休業  
  • ゴールデンウィーク期間中の5月3日・4日の臨時営業日は、発券およびアエロプランの取扱業務を行っていません。
  • 5月3日・4日の臨時営業日は、通常の営業時間と異なりますのでご注意ください。
  • 5月7日(火)より通常営業とさせて頂きます。
  • ジャパン・コールセンター休業期間中のお問い合わせは、国際電話認識番号に続けて、エア・カナダ北米コールセンター 1-888-247-2262(受付時間:24時間・年中無休)までご連絡ください。日本語対応でのサービスはございませんので、予めご了承ください。

エア・カナダ ジャパン・コールセンター

Tel: 0570-014-787 (日本国内)
Tel: +81 3 4335 9300 (海外から)

カナダ国内線チェックイン締切時間変更のお知らせ

2013年4月10日更新

2013年4月10日より、カナダ国内線のチェックインおよび受託手荷物のお預かりの締切時間が、ご出発の45分前までに変更となりましたので、ご注意くださいますようご案内申し上げます。

* トロントシティ空港(YTZ)のチェックインおよび受託手荷物のお預かり締切時間は、ご出発の20分前までと変更ございません。

また、ご出発の24時間前からウェブまたは携帯端末からチェックインができる大変便利なサービスもございますので、是非ご利用ください。

* 各路線のチェックイン・搭乗締切時間は、こちらからご確認ください。

フォートローダーデール国際空港からご出発のお客様へ

フォートローダーデール・ハリウッド国際空港(米国フロリダ州)は現在改築工事中のため、空港ロビーにはお座席などのご用意がございま せん。また、2つの便のチェックインを同時に行う為に、空港ロビーにおいて混雑が予想されますとともに、ご出発便に若干の遅延が見込まれております。

何卒ご理解を賜りますようお願いいたします。

カラカス(シモン ボリバル国際空港)でのチェックイン締め切り時間の変更について

ベネズエラ、カラカス(シモンボリバル国際空港)での推奨チェックイン時間が、ご出発予定時間の180分前に変更となりました。
また、チェックイン締め切り時間も以下のように変更になりました。

新チェックイン締め切り時間:ご出発の90分前まで
* 上記の時間までにご搭乗手続きおよび受託手荷物をバゲージ・カウンターへお預けください。

* チェックイン・ご搭乗時間に関する詳細はこちら

トロント・ピアソン国際空港でアメリカへお乗り継ぎのお客様へ

本日より、エア・カナダの国内線または国際線を乗り継いでアメリカへご旅行される場合、トロント・ピアソン国際空港では、お預けいただいたお荷物を自動的にお乗り継ぎの便へ移し変えいたします

トロントでは、アメリカの税関審査や手荷物保安検査に進まれる前に、今まで必要だった荷物のお引取りが必要なくなり、ピアソン空港でのアメリカへ乗り継ぎがぐっと便利に早くなります。

トロント・ピアソン国際空港でのお乗り継ぎのご案内はこちら
また、ピアソン国際空港での簡単な乗り継ぎが一目でわかるビデオをご用意しましたので、以下よりご覧ください。(英語のみ)
カナダからご到着の場合はこちら新しいウィンドウで開く
国際線からご到着の場合はこちら新しいウィンドウで開く

また、この便利なアメリカへのお乗り継ぎサービスは、モントリオール、バンクーバーでもご利用いただけます。

全日空国内線予約システム メンテナンスのお知らせ

平素より、エア・カナダをご利用頂きありがとうございます。

全日空国内線予約システムのメンテナンスにより、下記の時間帯は、全日空運航日本国内コードシェア便を含むご予約、購入、解約、変更、払い戻しなどは承れませんので、ご注意ください。当該時間帯を避けてお手続きくださいますようお願いいたします。

全日空国内線予約システム メンテナンス時間

2013年2月16日 午前0時より 午前4時30分まで

タンゴ・プラスからフレックスへ

エア・カナダは、ご出張や休暇でのご旅行のプランに合わせて、お客様のご要望に沿うように、カナダの航空会社の中で最も多彩な運賃をお客様にご提供しております。

今回、タンゴ・プラス運賃の名称をフレックス運賃に改めました。フレックス運賃は、小額の手数料で同日予約変更(一部の国際線に適用できな い場合があります)、無料座席予約が可能です。また、アエロプランマイル、アルチチュード資格獲得マイルやeアップグレードも対象となります。

多彩な運賃で、次回のエア・カナダでのご旅行をお待ちしております。

フレックス運賃の特徴と各種運賃の詳細に関してはこちら

エア・カナダ上級会員プログラム アルチチュード

2013年3月1日、エア・カナダのアエロプラン上級会員プログラム「アルチチュード」がスタートします。

今回アルチチュード会員資格には新しい2つのカテゴリーを設け、アルチチュード会員の皆様には、様々な優先サービス、ラウンジのご利用、アップグレードなど様々な特典をご用意しております。

アルチチュード資格獲得マイル、セグメント

今回のアルチチュードへの移行に伴い、今までのステータスマイル、ステータスフライトセグメントという名称も変更いたします。

  • ステータスマイルはアルチチュード資格獲得マイル(AQM)に名称変更
  • ステータスフライトセグメントはアルチチュード資格取得セグメント(AQS)に名称変更

2013年1月1日から2013年12月31日までにエア・カナダ、エア・カナダ エクスプレス、エア・カナダ ルージュ、スターアライアンス加盟航空会社で獲得したAQM、AQSは、2014年度のアルチチュード会員資格獲得に加算されます。

また現行どおり、アルチチュード資格獲得マイルはアエロプラン特典を利用するためのアエロプラン マイルとしても加算されます。

アルチチュードについて詳しく知るために

アルチチュード資格獲得マイル、セグメントについての詳細は、本ホームページのトップページにあります[アエロプラン]のタブをクリックしてください。

また、こちらからもエア・カナダ アルチチュードについて最新の情報をご覧いただけます。

エア・カナダ アエロプラン上級会員のお客様へ

日頃は格別のお引き立てをいただき、ありがたく御礼申し上げます。

エア・カナダから日ごろのご愛顧に感謝して、アエロプラン上級会員の皆様には通常のE-UPGARDEを承る時期より早くアップグレードのリクエストを承ります。対象期間は2012年12月10日から2012年12月30日まで、エア・カナダまたはエア・カナダ エクスプレス運航のタンゴ・プラス運賃をお求めの場合にこの特典をご利用いただけます。

エア・カナダ スーパーエリート会員 ⇒ ご出発の14日前からアップグレードを受付

エア・カナダ エリート会員 ⇒ ご出発の7日前からアップグレードを受付

エア・カナダ プレステージ会員 ⇒ ご出発の4日前からアップグレードを受付

アップグレードはオンラインaircanada.com/eupgradesより、またはエア・カナダ コールセンターまたは旅行代理店にて承ります。

 

ご利用条件

アップグレードは空席があった場合にご利用いただけます。ご利用規約はaircanada.com/eupgaradeをご覧ください。この特典は、タンゴ・プラス運賃をご利用いただいた場合の片道のビジネスクラスごとに適用になり、2012年12月10日から2012年12月30日までの間になされたリクエストが対象です。

 

北米 国際線ベストエアライン3年連続受賞

エア・カナダは、頻繁にご旅行されるお客様により再度北米ベスト・エアラインに選ばれました。皆様の日ごろのご愛顧誠にありがとうございます。

中立的な立場であるリサーチ会社スカイトラックス新しいウィンドウで開くが1,800万人以上の旅行者を対象に実施した世界的な調査において、エア・カナダは3年連続で「北米 国際線ベストエアライン」に選ばれました。

また、次の賞も受賞しております。

グローバルトラベラー誌において、「北米 ベストエアライン」

ビジネストラベラー誌において、「北米 国際線ベストエアライン」、「北米 インフライトサービス ベストエアライン」

プレミア トラベラー誌において、「北米 ビジネスクラスサービス ベストエアライン」、「北米 国際線エアライン ベストエアライン」、「北米 フライトアテンダント ベストエアライン」

弊社が高頻度にご旅行されているお客様から評価され、上記のような賞を受賞したことは、大変光栄なことです。また、お客様に快適な空の旅をしていただくために従業員が一丸となってこれからも努力を続けて参ります。今後とも更なるご愛顧賜りますようお願い申し上げます。

年末・年始休業および営業時間のご案内

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

ジャパン・コールセンターの年末・年始休業ならびに営業時間をご案内いたします。 詳しくは下記をご参照ください。

  営業時間
12月29日(土) 09:00 ~ 13:00 (通常営業)
12月30日(日) 休業
12月31日(月) 09:00 ~ 14:30 (臨時営業)
1月1日(火) 休業
1月2日(水) 休業
1月3日(木) 09:00 ~ 14:30 (臨時営業)
1月4日(金) 09:00 ~ 18:00 (通常営業)
ジャパン・コールセンター   0570-014-787
日本国外から 81-3-4335-9300
  • 年末・年始の電話はつながりにくいことが予想されます。予めご了承ください。
  • 年末・年始の発券業務ならびアエロプランに関する業務は12月29日から1月3日の間は休業とさせていただきますので、御了承ください。
  • 年始は1月4日(水)より、通常営業とさせて頂きます。
  • ジャパン・コールセンター休業日の際のお問い合わせは、弊社北米コールセンターまでご連絡ください。
    国際電話識別番号に続けて1-888-247-2262(24時間営業 年中無休)
    尚、日本語対応でのサービスはございません。

年末年始繁忙期間にご旅行されるお客様へ

事前に計画を立てましょう!

  • 空港での混雑を避ける為に、通常のチェックイン受付時間より1時間前には到着するようにしましょう。
  • 最新の運航状況を把握する為に本日の運航状況最新の情報を確認しましょう。
  • 出発時間、到着時間のご確認は以下の方法で行えます。
  • モバイル運航状況通知サービスに登録すれば、最新のフライトのスケジュール、欠航、遅延などがお客様の携帯端末に自動的に送信されます。
  • ご旅行に必要な渡航書類(パスポート、査証など)を確認しましょう。
  • エア・カナダでは、不可抗力による予想できない遅延に関してもサポートをお約束する「オン・マイ・ウェイ」サービスをご用意しています。

  • もし、搭乗予定の便が遅延または欠航になったら?
    エア・カナダからフライトの欠航のお知らせが届いた場合、または天候の悪化で遅延または欠航が予想される場合、フライトの遅延と欠航にアクセスして、お客様自身で代替便のアレンジをすることができます。(その際、ご予約番号と搭乗者のお名前をご用意ください。)

  • アメリカへまたはアメリカ経由でご旅行される場合
    アメリカ政府はセキュア フライト プログラムを通じ、ご出発時間の72時間前または予約時に情報の提供を義務付けています。
right ornaments

早めにチェックインしましょう。

  • オンラインまたは携帯端末からご出発の24時間前からチェックインが可能です。
  • チェックイン後は、携帯端末に電子搭乗券を送信するか、ご自宅または空港の自動チェックイン機で印刷した搭乗券をお持ちください。

  • お預けになる荷物がありますか?
    カルガリーエドモントンハリファックスオタワトロント・ピアソンバンクーバーウイニペグパリ シャルル・ド・ゴールロンドン・ヒースローの各空港では、手荷物タグ印刷機をご用意しており、ご自分でお荷物のタグをつけていただき、受託手荷物としてお預けになることもできます。

スマートにお荷物をパッキングしましょう!

  • 受託手荷物機内持ち込み手荷物許容量を確認することをお勧めします。また液体、ジェル、スプレーやその他の危険品に関しての規定もご確認ください。
  • 貴重品必ず機内にお持ち込みください。
  • ギフトは包装しないでください。税関検査や手荷物検査場で係官が中身を検査する場合があります。
  • 手荷物タグカードをダウンロードして荷物の中に入れておきましょう。

  • スポーツ用品をお預けですか?
    スキー・スノーボードやその他のスポーツ用品を預ける場合の情報はこちら

2013年夏期アジア路線拡大のお知らせ
-東京(成田)-カルガリー線を2013年5月1日より毎日運航へ-

エア・カナダは、お客様に世界各国への旅をさらに身近にお楽しみいただけるよう、来年の夏から主要な国際路線を拡大します。エア・カナダは、東京(成田)-カルガリー間を毎日運航とします。また、トロントとソウルを結ぶ新しい直行便の運航を開始します。さらに、必要な認可を受けた後にイスタンブールへの路線の就航を開始し、トロントやバンクーバーから北京へ向かうフライトについては週7便を増便します。

エア・カナダは2013年夏、下記をハイライトとする新たなスケジュールで運航いたします。

  • 今年の夏に週5便で運航していた東京(成田)-カルガリー線を、来年5月1日から毎日運航とします。(使用機材:ボーイング767-300ER型)
  • 来年6月2日から新たにトロント-ソウル線を週3便運航し、ソウルは、エア・カナダのハブ拠点のトロントとアジアを結ぶ5番目の就航都市となります。通年で運航されるこの新路線は、カナダからソウルへの毎日運航はそのままに、既存のバンクーバー-ソウル線を補完します。(使用機材:ボーイング777-300ER型)
  • 来年6月1日からトロント-北京線の運航本数を週3便以上を増便し、トロントから北京へのフライトは合計週10便となります。(使用機材:ボーイング777-300ER型)
  • 来年6月1日からバンクーバー-北京線の運航本数を週4便を増便し、ビジネス渡航のお客様に便利な新しい夜間便を含め、合計週11便となります。(使用機材:ボーイング767-300ER型)
  • 来年6月4日からイスタンブールへの直行便を運航開始。必要な認可を受けた後、エア・カナダは週3便で通年運航を開始します。また、この歴史的な都市は、トルコの各都市、中央アジア、中東、アフリカへの玄関口となります。トロントを夕方出発し、イスタンブールへ向かう唯一のフライトとなります。(使用機材:ボーイング767-300ER型)

12月1日 コールセンター営業時間のご案内


12月1日(土)のエア・カナダ ジャパンコールセンターの営業時間は通常通り、午前9時から午後1時までです。また、12月2日(日)は営業しておりません。

設備点検の為、12月1日13時以降おかけいただいた場合、通話中のような音が流れる場合がございますが、12月1日13時以降、12月2日までは営業しておりませんので、12月3日(月)午前9時以降おかけ直しくださいますようお願いいたします。

2013年度 留学・ワーキングホリデー/カナダ・アメリカ販売開始のご案内

2013年4月1日以降、長期留学またはワーキングホリデーでカナダ・アメリカへご出発のお客様を対象に特別往復運賃を発売いたしました。

設定期間: 2013年4月1日-2013年7月11日(日本出発日)
2013年8月23日-2014年3月31日(日本出発日)

運賃の一例

東京発往復運賃:平日運賃
バンクーバー: 126,000円より / トロント: 151,000円より
ロサンゼルス: 126,000円より / ニューヨーク: 151,000円より

• 上記以外の日本各都市から、またはカナダまたはアメリカ各都市への設定もございます。
• 片道運賃の設定もございます。

  • 有効期間は御出発日から1年間です。
  • エア・カナダ コールセンターでご購入ください。弊社ウェブサイトではご購入いただけません。(発券手数料を申し受けます。)
  • 就学許可証または学生ビザでご出発の場合、日本出発時に12歳以上26歳未満の方が対象です。
  • チェックイン時にワーキングホリデー就労許可証または就学許可証発給の通知書または学生ビザを確認させていただきます。

 

その他、詳細はエア・カナダ コールセンターにお問い合わせください。 

2013年度 日本発北米・中南米・メキシコ・カリブ行き運賃発売開始しました!


2013年4月1日から2014年3月31日までの日本発 北米・中南米, カリブ 、メキシコ行きのエコノミークラス運賃タンゴ、フレックス、ラチチュードの販売を開始いたしました。(システムの都合上、ご出発の330日前からご購入いただけます。)

2013年4月1日ご出発分から、タンゴ 50日前購入にカナダ・アメリカ行きに加え、メキシコ、カリブ、中南米行きが加わり、ますますお求めやすくなりました。
皆様のご利用お待ち申し上げております。

カルガリー国際空港の優先搭乗手続きカウンター移動のお知らせ

2012年10月24日より、カルガリー国際空港における国際線、カナダ国内、アメリカへご出発されるお客様の優先搭乗手続きカウンターが、ターミナルビル3番ドアから入った左側、B01-04番のカウンターに移動になります。ビジネスクラス、スーパーエリート会員のお客様は、新カウンターでのお手続きをお願いいたします。

ボゴタ、エル・ドラド国際空港ご利用ターミナル移動について

ボゴタ、エル・ドラド国際空港でのエア・カナダご利用の際のターミナルが、ターミナル2へ移動になります。

10月18日から24日までのご出発のお客様-すべてのお客様のチェックインはターミナル1で行います。その後、ターミナル2へ移動していただきます。移動時間を考え十分なお時間をお取りくださいますようお願いいたします。

10月25日以降ご出発のお客様-チェックインなどすべてターミナル2へ移動になります。

50日事前購入タンゴ運賃の購入期限を出発の7日前まで可能に!

(2012年10月7日-12月14日日本出発限定)

2012年10月7日から2012年12月14日日本発の50日前購入タンゴ運賃の予約・発券期限を改定いたします。ご出発日49日から7日前までもご購入が可能になりました。(ご予約後72時間以内にご購入下さい。ただし、弊社ウェブサイトからは即時ご購入になります。)

ますます、お得になったこの機会にぜひご利用ください。

お得な運賃の一例(東京発平日運賃)
バンクーバー行き 40,000円
トロント行き 48,000円
カルガリー行き 46,000円
ロサンゼルス 42,000円
ラスベガス 42,000円
ニューヨーク 48,000円

• 上記の運賃の他に税金、空港使用料、燃油特別付加運賃を申し受けます。

シカゴ・オヘア空港でもセルフチェックイン機(キオスク)がご利用可能に!

エア・カナダ運航の出発便をご利用のお客様は、シカゴ・オヘア空港でセルフチェックイン機(キオスク)のご利用が可能になりました。

キオスクでは、以下のサービスをご利用いただけます。

 

セルフチェックイン機(キオスク)は、シカゴ・オヘア空港第2ターミナルのエア・カナダ チェックインカウンターの前にございます。Webチェックイン/モバイルチェックインも引き続きご利用いただけます。

ニューヨーク・ラガーディア空港にメープルリーフ・ラウンジがオープンします!

2012年9月24日、ニューヨーク・ラガーディア空港(LGA)中央ターミナル内にエア・カナダ、メープルリーフ・ラウンジがオープンします。325平米の広さのこのラウンジは、エア・カナダの出発ゲートの近く、コンコースAの保安検査場の上にございます。

このラウンジの開設は一時的なもので、ラガーディア空港の改修工事に合わせ、新しいデザインと設備の併せ持ったラウンジが、新ラガーディア空港のグランドオープンにあわせ現在準備中です。

新しいメープルリーフ・ラウンジでは、無料のお飲み物、スナックをご用意して皆様の搭乗までの待ち時間を快適にお楽しみいただけるよう皆様のお越しをお待ちしております。

カナダ・アメリカへ留学・ワーキングホリデーで長期滞在のお客様へ

この度、エア・カナダでは長期留学またはワーキングホリデーでカナダ・アメリカへご出発のお客様を対象に特別往復運賃を発売いたしました。
一般の料金に比べ大変お求めやすい運賃となっております。ぜひ、ご利用くださいますようお願い申し上げます。

設定期間: 2012年8月24日-2012年12月14日
2013年1月12日-2012年 3月15日

東京発:
バンクーバー 125,000円 / トロント 150,000円 / ロサンゼルス 133,000円 / ニューヨーク 145,000円
(平日出発の場合)

• 上記以外の日本各都市から、カナダまたはアメリカ各都市への設定もございます。

  • 有効期間は、1年間です。
  • エア・カナダ コールセンターでご購入ください。ウェブではご購入いただけません。
  • 就学許可証または学生ビザでご出発の場合、日本出発時に12歳以上26歳未満の方が対象です。
  • チェックイン時にワーキングホリデー就労許可証または就学許可証発給の通知書または学生ビザを確認させていただきます。

ラスベガス・マッカラン国際空港-ターミナル3へ移動

ラスベガス・マッカラン国際空港(アメリカ、ネバダ州)におけるエア・カナダの出発便・到着便す べてがターミナル3へ移動いたしました。出発階における弊社のカウンターは、東側になります。ラスベガス・マッカラン国際空港ご利用の際は、お間違いのな いようお願いいたします。

新運賃"タンゴ"発売開始のご案内

2012年6月22日より、日本発に新運賃タイプ"タンゴ"が加わります。(カナダ・アメリカ行き)

"タンゴ"は、50日前購入のタイプと7日前までの購入タイプの2種類があり、さらにお得にお求めいただけるようになりました。

"タンゴ"が加わり、日本発カナダ行き、アメリカ行きは、"タンゴ"、"タンゴ・プラス"、"ラチチュード"の3種類のエコノミークラス運賃の中から、お選びいただけます。

ますます便利に、エア・カナダでカナダ、アメリカへ。

  • タンゴ運賃は、マイレージ加算率がタンゴ・プラスと異なります。
  • 中南米、メキシコ、カリブ海方面へのタンゴ運賃も順次導入予定です。
  • "タンゴ" 50日前購入タイプは、10月7日旅行開始分よりご利用可能です。

アエロプラン会員のお客様へ

6月15日以降、タンゴ・プラス運賃の一部も改定いたします。アップグレード対象運賃にも変更がありますので、詳しくはエア・カナダ ジャパンコールセンターにお問い合わせください。

日本発エコノミークラス運賃および予約クラスの変更について

2012年6月22日予約分より、日本発エコノミークラス運賃の一部と予約クラスを変更いたします。

変更に伴い、マイレージの加算率およびeアップグレードクレジットをご利用いただける条件が変更となります。詳しくは、弊社コールセンターまでお問い合わせ下さい。

カナダ国籍またはカナダ永住権をお持ちのお客様へ
モントリオール・トルドー国際空港での入国審査が便利になります。

カナダパスポートまたはカナダ永住権カードをお持ちのお客様は、モントリオール・トルドー国際空港でカナダ入国の際、AUTOMATED BORDER CLEARANCE KIOSKをご利用いただけるようになりました。

AUTOMATED BORDER CLEARANCE KIOSKの使い方はとても簡単で、事前登録や利用料も不要です。同じご住所にお住まいの方は、一人で4名様までの申告ができます。

AUTOMATED BORDER CLEARANCE KIOSKは、バンクーバー国際空港でもご利用いただけます。また、そのほかのカナダ主要国際空港でも、ご利用いただけるよう準備を進めています。

AUTOMATED BORDER CLEARANCE KIOSK

この件に関するさらに詳しい情報は、CANADIAN BORDER SERVICE AGENCY新しいウィンドウで開くのウェブサイトをご覧ください。

バンクーバー国際空港での優先チェックイン カウンター変更のご案内

2012年6月15日より、バンクーバー国際空港での国際線(アメリカ行きを除く)およびカナダ国内線 ご利用のお客様の優先チェックイン カウンターが、国内線チェックイン カウンターに移動します。

アメリカへご出発のお客様の優先チェックイン カウンターは、引き続きアメリカ(TRANSBORDER)行きチェックイン カウンターで行われます。

お間違いのないようお手続きくださいますようお願い申し上げます。

カナダ国内線をご購入のお客様へ

2012年11月14日更新

システム上の制限により、カナダ国内線のみaircanada.com日本語サイトでご購入する場合、以下の時間帯はご購入いただけません。

2012年11月6日-2013年3月10日 午前0時から午後2時まで
2013年3月11日-2013年11月5日 午前0時から午後1時まで


お手数ですが上記の時間以外にお求めいただくか、弊社英語サイトでご購入くださいますようお願いいたします。お客様にはご迷惑をお掛けいたしますことをお詫び申し上げます。

ラガーディア空港で手荷物検査優先レーンが利用可能に!

エア・カナダでエグゼクティブ・クラスをご利用、またはスーパーエリート/エリート会員のお客様は、ニューヨーク ラガーディア空港(LGA)からご出発の際、手荷物検査優先ラインをご利用いただけます。この優先サービスは、手荷物検査場がオープンしているすべての時 間にご利用いただけ、ご搭乗券またはアエロプラン上級会員カード(スーパーエリート/エリート)をご提示いただくだけでご利用になれます。

夏のご旅行をもっと快適に!

夏の繁忙期に向けて、快適なご旅行に役立ち、時間も節約できるエア・カナダ セルフサービスツールのご案内。

最新の情報を入手しましょう!

早めにチェックインしましょう!

ご出発の24時間前から、ウェブまたは携帯端末からチェックインできます。座席の変更のほかさまざまな旅行オプションを追加できるほか、お預けになりたいお荷物の個数も入力可能です。

  • 携帯端末から-mobile.aircanada.comにアクセスし、check-in optionをクリック。
    • チェックインが終わると、電子搭乗券がお客様の携帯端末に送られてきます。
  • ブラックベリー、iPhoneのエア・カナダ無料アプリをダウンロードして以下の機能をご利用頂けます。
    • 電子搭乗券の検索
    • 最新の運行状況の確認
    • お客様のフライト運航情報・旅程の変更のお知らせの受け取り
    • その他エア・カナダに関する情報
  • 夏期の繁忙期の空港での混雑を避けるため、空港には推奨チェックイン時間またはご搭乗時間より早めに到着しましょう。

トロント・ピアソン空港からアメリカへご出発のお客様へ

夏期繁忙期はアメリカへの旅行客の大幅な増加が予想されますので、トロント・ピアソン空港(GTAA)では旅行者に対して、最低でもご出発予定時間の3時間前までに(特に午前7時30分から10時までの間)空港に到着されるようにご案内をしています。詳しくは、GTAAのウェブサイト新しいウィンドウで開くをご覧ください。

悪天候にみまわれたときに

悪天候でご搭乗予定の便に遅延・欠航が出たときは、フライトの遅延および欠航についてページ(英語)からご予約の変更ができます。

上手な荷造りについて!

  • 貴重品(電子機器、薬、車のかぎ、現金、重要書類など)は機内持ち込み手荷物に入れましょう。
  • ギフトは包装しないでください。(手荷物検査場で時間が省けます)
  • 荷物につける名札は取れてしまうことがあります。お手数でも、手荷物タグカード(24kb)をダウンロードして荷物の中に入れておきましょう
  • 機内持ち込みできる荷物のサイズ、重さは以下のとおりです。
    • 手荷物-サイズ23cm x 40cm x 55cm以下、重量10キロ 以下であること。
    • 身の回りの品-サイズ16cm x 33cm x 43cm以下、重量10キロ以下であること。
  • 受託手荷物許容量は、ご利用の運賃、目的地、ご旅行日、フリークエントフライヤープログラムの会員資格によって違います。ご確認ください。
  • 小さなお子様連れのお客様ベビーカーの規定のセクション、またはスポーツ用手荷物のセクションに大切な情報があります。ご一読ください。

機内持ち込みのお荷物のセキュリティ上の規定

各国政府は、機内持ち込みの手荷物に関して、持ち込める液体・ジェル、スプレー類の容量に一定の制限を規定しています。

渡航に必要な書類を準備しましょう!

  • 国際線のご利用には、必ず有効なパスポートが必要です。
    • ビザ等の書類も渡航先によっては必要です。ご自身の責任においてご確認ください。
  • カナダ国内線ご利用に関しても、18歳以上の旅行者には政府発行の写真つき身分証明書(生年月日、性別が明記されていること)の携帯が義務付けられています。
  • 各国政府はご予約の氏名とパスポートのお名前はすべて一致することを義務付けております。
  • お子様が外国にご両親を伴わずに旅行される場合、居住国からの出国を認める一方の親または保護者の同意書が必要とされる場合があります。必ず、Department of Foreign Affairs and International Trade新しいウィンドウで開くでご確認ください。
  • 旅行に必要な条件や規則を確認する

アメリカへまたはアメリカ経由でご旅行ですか?

  • アメリカ合衆国では、旅行者に際して、出発時の72時間前または予約時にセキュア フライト情報を登録することを義務づけています。
  • アメリカ市民、カナダ市民を含むすべての旅行者は、カナダ-アメリカ間の旅行には有効なパスポートを携行しなくてはいけません。 

トロント・ピアソン空港からアメリカへご出発のお客様へ

夏期繁忙期はアメリカへの旅行客の大幅な増加が予想されますので、トロント・ピアソン空港(GTAA)では旅行者に対して、最低でもご出発予定時間の3時間前までに(特に午前7時30分から10時までの間)、空港に到着されるようにご案内をしています。詳しくは、GTTAのウェブサイト新しいウィンドウで開くをご覧ください。

ゴールデンウィーク期間中の営業時間のお知らせ

平素よりエア・カナダをご利用いただき、誠にありがとうございます。

ゴールデンウィーク期間中の営業時間について、下記の通りご案内いたします。尚、ゴールデンウィーク期間中の5月3日・4日の取扱業務は誠に勝手ながら「臨時営業」に準じますので、お電話が非常に繋がりにくくなることが予想されます。お客様にはご迷惑とご不便をお掛けしますが、何卒ご了承いただきますようお願い申し上げます。

ゴールデンウィーク期間 営業時間 備考
4月28日(土) 09:00 ~ 13:00 通常営業
4月29日(日)
4月30日(月)
休業  
5月1日(火)
5月2日(水)
09:00 ~ 18:00 通常営業
5月3日(木)
5月4日(金)
09:00 ~ 15:00 臨時営業
5月5日(土)
5月6日(日)
休業  

 

 

  • ゴールデンウィーク期間中の5月3日・4日の臨時営業日は、発券およびアエロプランの取扱業務を行っていません。
  • 5月3日・4日の臨時営業日は、通常の営業時間と異なりますのでご注意ください。
  • 5月7日(月)より通常営業とさせて頂きます。
  • ジャパン・コールセンター休業期間中のお問い合わせは、エア・カナダ 北米コールセンター 1-888-247-2262(受付時間:24時間・年中無休)までご連絡下さい。日本語対応でのサービスはございませんので、予めご了承下さい。

 

エア・カナダ ジャパン・コールセンター
Tel: 0570-014-787 (日本国内)
Tel: +81 3 4335 9300 (海外から)

お問い合わせ電話番号変更のお知らせ

平素よりエア・カナダをご利用いただき、厚く御礼申し上げます。

さて、この度、エア・カナダでは、コールセンターの電話番号を以下のとおり変更いたしました。お手数をおかけいたしますが、お控えの番号をご訂正くださいますよう、お願い申し上げます。

新電話番号: 0570-014-787 (有料)
月~金:09:00 - 18:00、土:09:00 - 13:00、日・祝:休

変更日: 2012年2月27日(月)より

尚、局番「0570」は全国共通のナビダイヤルで有料です。海外から国際電話をご利用の場合は、+81 3 4335 9300(有料)をご利用ください。

新公式サイト aircanada.com 日本語版開設のご案内

aircanada.com 日本語ホームページへようこそ!

さて、この度、エア・カナダでは、aircanada.com 日本語ホームページを新しく開設しました。この開設に伴い、aircanada.jp は2012年2月14日(火)をもって閉鎖させていただきました。

aircanada.jp で航空券をご購入ただいたお客様のご予約は、当ホームページ内の「予約の管理」にてご確認いただけます。ご予約の確認には、eチケットお客様控の中に記載 されている航空会社予約照会番号をご準備いただき、「予約照会番号」、「搭乗者の姓」欄をご入力の上、検索くださいますようお願い申し上げます。

弊社ホームページでは、スケジュール照会、予約機能の向上、またスペシャル運賃やトラベル、弊社サービスに関する各種情報が充実、今まで以上に幅広 くお客様のご要望にお応えできる内容となっております。エア・カナダは、今後もお客様へのサービス向上のため、ホームページの改善やコンテンツの充実に努 めていく所存です。何卒、弊社ホームページをご活用いただけますようお願い申し上げます。

エア・カナダ日本支社