トラベル最新情報

渡航に関する最新情報

2016

メープルリーフ・ラウンジがモントリオール・トルドー国際空港に新装オープン

2016年12月5日

メープルリーフ・ラウンジがモントリオール・トルドー国際空港に新装オープンしました。

リビングルームからリラクゼーションエリア、ワークエリアまで石や木材、アート、調度品などカナダのものをつかったカナダらしい内装でメープルリーフ・ラウンジが豪華に生まれ変わり、国際便出発エリアゲート52の近くにオープンしました。ご旅行前のひとときにぜひご利用ください。

ラウンジ内にはバーやシェフステーションをはじめセルフサービス式のビュッフェがあるほか、各種コーヒーなどもご用意しています。壁一面のガラス窓の外に広がる壮大な駐機場を眺めながら、お食事やお飲み物をゆっくりとお楽しみください。

詳しくは、エア・カナダ・メープルリーフ・ラウンジをご覧ください。

電子ビザ アップデート システム(中国国籍のお客様対象)

2016年12月1日

米国税関・国境警備局(CBP)の通達により、2016年11月29日から、B-1/B-2ビザ(10年間有効)または、B-1(商用)かB-2(観光)ビザをお持ちの中国国籍の方は、米国をご旅行の際に、有効な電子ビザ アップデート システム(EVUS)新しいウィンドウで開くへの登録が必要となりました。

現時点では、CBPによるEVUS登録料金の徴収はありませんが、今後発生することも考えられます。料金徴収の通達がない限り、EVUSの登録新しいウィンドウで開くは無料です。 

EVUSの登録は2年間、またはパスポートもしくはビザが更新されるまで有効です。10年間有効のビザが無効化されないよう、ビザの情報は最低でも2年ごと、またはパスポートの更新時にアップデートしてください。

EVUSに関する質問は、よくある質問新しいウィンドウで開くをご覧ください。

プリファード・シート優先搭乗サービスについて

2016年11月17日

次回のフライトでプリファード・シートを購入をご検討ですか?新しいサービスのご案内です。

この度、新規でプリファード・シートを購入されるお客様(またはすでにプリファード・シートをご購入済み*のお客様)を対象に、一般搭乗で最初にご案内するゾーン3のお客様と一緒にご搭乗いただけるサービスを開始いたします。優先的に機内にお入りいただけるため、機内が混雑する前にお座席に近い頭上の収納棚をご利用いただけるほか、ゆとりを持ってお席についていただくことが可能となります。

リラックスできて、落ち着いて仕事もできるゆったりとした足元のスペースに加え、目的地ですばやく飛行機を降りられるメリットなど、さらにスムーズで快適な空の旅をお届けいたします。

プリファード・シートに関する詳細

* 優先搭乗サービスは、2016年11月15日以降にエア・カナダ バケーションズでプリファード・シートを購入されたお客様にご利用いただけます。

カナダへご旅行のお客様へ、電子渡航認証(eTA)のご案内

2016年11月14日更新

カナダ政府より発表されている「電子渡航認証(eTA)」と呼ばれる新しい入国要件は、ビザが免除されている国の渡航者が飛行機でカナダに渡航またはカナダを経由する際に適用されます。

ビザが免除されている国の渡航者*(日本国籍は該当)は、2016年11月10日以降、カナダ行きのフライトに搭乗する際、事前にeTAを入手しておく必要がありますeTAの申請新しいウィンドウで開くには、パスポートとクレジットカード、Eメールアドレスが必要となります。eTAは発行手数料7カナダドルで5年間有効です。

米国市民と有効なビザを保持している人はこの要件の対象外となります。なお、陸路または船でカナダに渡航する場合の入国要件は変更ありません。

eTAが必要かどうか、あるいは申請の必要があるかどうかは、カナダ政府のウェブサイト「カナダに空路で入国?新しいウィンドウで開く」でご確認ください。(例外規定もございます。)

* ビザが免除されている国の渡航者とは、カナダ市民以外で観光ビザを取得する必要がない国籍の人を指します。

カルガリー国際空港でもChina Transit Program (中華人民共和国トランジットプログラム)を開始

2016年11月9日

カルガリー国際空港は2016年10月31日、カナダ政府が進めているビザ免除プログラム中華人民共和国トランジットプログラム新しいウィンドウで開く(CTP)を開始、このプログラムに参加するカナダで3番目の空港となりました。

エア・カナダはカナダ政府によるCTPの指定航空会社です。そのため、弊社便をご利用いただいた場合、今後中国国籍のお客様がカナダを経由してアメリカ合衆国へ渡航される場合あるいはその逆の旅程の場合、所定の条件新しいウィンドウで開くを満たしていれば、カナダの一時滞在者ビザを取得する必要がありません。対象となるのはカナダ国内の次の空港を経由する場合です。

  • トロント・ピアソン国際空港(第1ターミナル)
  • バンクーバー国際空港
  • カルガリー国際空港

CTPの対象となるのは、以下のいずれかの出国地から出発するエア・カナダ便をご利用になる場合です。

  • 北京
  • 香港
  • ソウル、仁川(インチョン)
  • 上海
  • 東京、成田
  • 東京、羽田

対象となる出国地新しいウィンドウで開くの一覧は、カナダ政府のウェブサイトでご確認ください。

エア・カナダは、カナダ政府の指定航空会社としてカナダのビザ免除(TWOV)プログラムにも参加しています。

カナダ経由のビザ免除のお乗り継ぎ新しいウィンドウで開くの詳細はこちらをご覧ください。

2016年10月31日、カルガリー国際空港(YYC)にて新国際ターミナルが新設されました。この新国際ターミナルは、お客様が米国や海外へ乗り継ぎされるための強化をはかるため、革新的なシステムを備えています。

新設日より、エア・カナダの全ての国際線および米国発着便は、新国際線ターミナルに移転します。カルガリー空港からご出発の予定のあるお客様は以下の出発ゲート番号をご確認ください。

  • カナダ国内便–Cゲートより出発
  • 国際線–Dゲートより出発
  • 米国線–Eゲートより出発

米国線および国際線にてご出発される、ラウンジ利用対象のお客様は、コンコースCに設置されているメープルリーフ・ラウンジをご利用いただけます。「C」のセキュリティを受けていただき、そのセキュリティチェックポイントを過ぎた場所にラウンジが設置されています。

新国際ターミナルの地図や詳しい情報は以下をご覧ください。
カルガリー国際空港ウェブサイト新しいウィンドウで開く(英語)

また、カナダ国内における空港の詳しい情報は、「空港情報」のページをご覧ください。

羽田空港 Cカウンターへ移動のご案内

羽田空港国際線ターミナルにおけるエア・カナダのチェックインカウンターが、2016年10月30日(日)より、現在のDカウンターからCカウンターへ移動します。

尚、2016年10月20日(木)に限り、カウンターベルト交換工事の為、DカウンターからBカウンターに変更となります。

お間違いのないようお越しください。

エア・カナダ、名古屋–バンクーバー線就航!

2017年夏期スケジュールより、名古屋–バンクーバー間に直行便が就航いたします。
同路線は、エア・カナダ ルージュのボーイング767-300型機を使用し、名古屋(中部国際空港セントレア)から最大週4便体制で、エコノミークラス、プレミアムクラス(プレミアムルージュ)のサービスを提供します。

運航開始は、2017年6月2日(金)を予定しており、夏のハイシーズンに是非エア・カナダ ルージュで、旅行をお楽しみください。

2017年度 名古屋–バンクーバー線スケジュール

出発地 便名 出発時間 到着時間 運航期間 運航曜日
名古屋 AC1956 16:45 10:00 2017年6月2日~10月27日 火*、水、金、日

*火曜日は8/1–9/26のみ運航。

 

出発地 便名 出発時間 到着時間 運航期間 運航曜日
バンクーバー AC1955 12:45 15:15 2017年6月1日~10月26日 月*、火、木、土

*月曜日は7/31–9/25のみ運航。

サムスン電子社製「ギャラクシーノート7」の取り扱いについて

サムスン電子社が製造販売しております新型スマートフォン「ギャラクシーノート7」について、充電中に内蔵のリチウムイオン電池が爆発するなどの事故が発生しております。

エア・カナダではお客様の安全を第一優先と考えているため、カナダの航空運輸局からの勧告に従い、同端末の機内への持ち込み及びカナダにおける空港への持込を禁止とさせていただきます。

日本に接近する台風による特別措置に関して

本州へ向かっている台風による特別措置として、2016年8月20日までに発券の航空券をお持ちで、2016年8月21日~8月23日の間に成田・羽田空港(経由を含む)からまたは成田・羽田空港(経由を含む)に向けてご出発のお客様に関して、特別措置を設定いたします。

対象期間にご旅行のお客様は、2016年8月28日までのご希望出発日に、エア・カナダ コールセンターにて無料で変更を承ります。この措置は、予約クラスに空席があることを条件とするもので、該当クラスに空席がない場合は、運賃差額を申し受けます。

アエロプランで特典航空券を手配されたお客様ならびにエア・カナダ バケーションでお求めになったお客様は、直接アエロプラン新しいウィンドウで開くならびにエア・カナダ バケーションズ新しいウィンドウで開くまでご連絡ください。

トロント・ピアソン国際空港からアメリカへご出発のお客様へ

2016年5月14日、トロント・ピアソン国際空港におけるエア・カナダの優先チェックインカウンターが、現在の8番から12番へ移動します。また同日より、トロント・ピアソン国際空港からアメリカへご出発されるお客様に対しまして、新しい税関審査が開始されます。

詳細はこちら新しいウィンドウで開く(英語でのご案内となります)

お子様をお連れのお客様へ

エア・カナダでは、お子様のお座席が同伴の親または保護者の方の隣になるよう配慮いたします。このため、12歳未満のお子様と同伴の親/保護者の方には無料で座席指定を承ります*。

お子様連れのお客様のご旅行がより楽しいものとなるよう、ご予約の際に12歳未満のお子様が同伴されることをエア・カナダ担当者または旅行代理店までお申し出ください。  

すでに予約を完了されている場合、ご予約から36時間以内に[予約の管理]タブにてお子様の座席が同伴の親または保護者の方の隣に自動指定されていることをご確認いただけます。変更が必要な場合は、エア・カナダ コールセンターまたは旅行代理店までお問い合わせください。

隣同士のお座席をご用意できない場合、エア・カナダではその他の旅行オプションをご提案させていただくか、航空券の全額を払い戻しいたします。

お子様をお連れのお客様についての詳細

* エア・カナダおよびエア・カナダ ルージュの運航便に適用されます。

アメリカから出発されるお客様へ

米国内の空港から出発されるお客様に対し、米国運輸保安局(TSA)は春・夏の観光シーズンの保安検査場における待ち時間は通常より長くなる可能性があると勧告しています。

このため、検査の待ち時間が最長1時間になる可能性がある早朝便または夜の便をご利用の場合、TSAではご出発の2時間前までに空港に到着されるよう推奨しています。

NexusまたはGlobal Entryなど登録済旅行者プログラムの会員であるお客様は、通常の待ち時間で検査を通過できる可能性があります。詳しくは、米国Trusted Travelerプログラム新しいウィンドウで開く(英語)をご覧ください。

成田・羽田空港における手数料などの徴収方法に関するお知らせ

2016年6月1日(水)より、成田・羽田空港にて手数料などをお支払いいただく場合、JCB以外のクレジットカードのみご利用可能となります。
現金でのお支払いはできなくなりますのでご注意ください。

カナダ-ヨーロッパ/中東/アフリカ間路線のフライト対象

ウィンタースポーツ好きの方に朗報!以下のフライトをご利用の場合、スキー板/スノーボードとブーツには超過手荷物料金がかかりません。

  • カナダ-ヨーロッパ/中東/アフリカ間路線のフライト
  • エア・カナダまたはオーストリア航空、ブリュッセル航空、ルフトハンザ航空、スイス インターナショナル エアラインズが運航するフライト
  • 2016年11月1日から2017年4月30日までの期間

カナダ国内線、カナダ-米国路線、その他上記以外の路線の場合は、通常の手荷物料金が適用されます。詳しくはスポーツ用手荷物ページをご覧ください

サンフランシコ空港6番カウンターへ移動のご案内

2016年4月5日

サンフランシスコ国際線におけるエア・カナダのチェックインカウンターが、12番から6番へ移動しています。お間違いのないようお願い申し上げます。

尚、受託手荷物をお預けいただく前にお客様で行えるモバイルチェックインやチェックインキオスクを、是非ご利用ください。

成田空港 I カウンターへ移動のご案内

2016年3月18日

成田空港におけるエア・カナダのチェックインカウンターが、2016年6月2日(木)より、現在の D カウンターから I カウンターへ移動します

尚、受託手荷物をお預けいただく前にお客様で行えるモバイルチェックインやチェックインキオスクを、是非ご利用ください。

北米路線においてWi-Fiのご利用が可能に

主要な北米路線に使用されている129機のナローボディタイプ機材全ての座席で、Wi-Fiがご利用いただけるようになりました。他のカナダ系航空会社に先駆けて、より充実したエア・カナダのWi-Fiサービスをお楽しみください。

詳細はこちら新しいウィンドウで開く(英語でのご案内となります)

プレミアムエコノミークラスがすべての日本–カナダ路線に導入されます!

2016年5月2日より、成田–カルガリー線にボーイング787-8型機が導入されます。これにより、日本–カナダ間すべての路線でプレミアムエコノミークラスがご利用いただけることになります。(注1)

エア・カナダのプレミアムエコノミークラスなら、足元広々。離陸前のウェルカムドリンク、陶器でご用意された美味しい機内食、無料のワインやスピリッツ等、エア・カナダのプレミアムエコノミークラスでちょっとした贅沢をぜひご体験ください。

今なら、お得にプレミアムエコノミークラスが体験できるセール運賃も好評発売中です。(注2)

プレミアムエコノミークラスについてはこちら

日本発着路線の使用機材ならびに時刻表はこちら

(注1) 関西–バンクーバー線は、プレミアムルージュクラスとなります。

(注2) セール運賃の最終購入日は2016年3月31日です。

アメリカ査証免除プログラムの改定について

2016年1月21日よりアメリカ査証免除プログラムが改定され、以下の旅行者は同プログラムでアメリカに入国することはできなくなりました

  • 査証免除プログラム参加国の国籍で、2011年3月1日以降にイラン、イラク、スーダンまたはシリアに渡航または滞在したことがある者。
    • ただし、査証免除プログラム参加国の軍または外交目的による渡航に対しては、例外あり。
  • 査証免除プログラム参加国の国籍と、イラン、イラク、スーダンまたはシリアのいずれかの国籍を有する二重国籍者。
    • 現在有効なESTA渡航認証を保有している方のうち、上記4カ国のいずれかの国籍を有する二重国籍者のESTA渡航認証は既に無効です。
    • 上記該当者は、引き続き米国大使館・領事館から発給された有効な非移民ビザを使用して渡米することは可能です。

詳しくは、米国大使館ホームページ「ビザサービス」新しいウィンドウで開くをご確認ください。また、現在有効なESTA渡航認証を保有している方は、渡航前に現在の有効性をCustoms and Border Protection新しいウィンドウで開くのサイトでご確認いただくことをお勧めいたします。

アメリカ査証免除プログラムを利用する場合の旅券に関するご案内

2016年4月1日より、アメリカ査証免除プログラムに対象国の国籍をお持ちの方は、アメリカへ旅行の際はIC旅券の所持が義務付けられます。

IC旅券には、セキュリティー強化のため、ICチップが組み込まれており、IC旅券であることを示す世界共通マークが印刷されています。

この件に関する詳細は、U.S. Customs and Border Protection新しいウィンドウで開くのウェブサイトをご覧ください。

日本人のお客様でご自分の旅券がIC旅券かどうかが不明な場合は、外務省ウェブサイト新しいウィンドウで開くでご確認ください。

ジカウイルス感染症に関して

ジカウイルス感染症の流行に関して、エア・カナダでは妊娠中の女性、及び同行者の航空券について一定の条件で特別措置を取ります。

《特別措置の対象者および内容》

  • 医師による妊娠を証明する診断書があること。
  • 2016年6月30日までにジカウイルス感染症流行国・地域への旅行を計画されていたお客様で、2016年2月4日までにエア・カナダの航空券*をご購入済のお客様

上記の期間内に旅行を計画されている対象となるお客様は、エア・カナダ コールセンターに連絡して、以下の手続きを行うことができます。

  • 航空券の有効期限内で無料で予約変更可能です。変更料無料の措置は、購入された航空券の運賃の予約クラスの空席状況によります。該当クラスに空席がない場合は、運賃差額を申し受けます。
  • 上記の国以外への目的地への変更も航空券の有効期限内で無料で承ります。運賃に差額が発生する場合は、差額を申し受けます
  • 払い戻しご希望の場合は、無料で払い戻しが可能です。

アエロプランで特典航空券を手配されたお客様ならびにエア・カナダ バケーションでお求めになったお客様は、直接アエロプラン新しいウィンドウで開くならびにエア・カナダ バケーションズ新しいウィンドウで開くまでご連絡ください。

ジカウイルス感染症についての質問または不明点

ジカウイルス感染症に関してのご相談は、主治医にお願いします。また以下のページでも情報を得る事ができます。

外務省 海外安全ホームページ新しいウィンドウで開く

世界保健機構新しいウィンドウで開く

* 014から始まる航空券

トロント・ピアソン国際空港に新しいビジネスクラス チェックイン施設がオープン

2016年1月21日より、ビジネスクラス チェックイン施設の利用により、カナダ最大のピアソン国際空港でのチェックインが、さらに迅速・スムースになります。

この新ビジネスクラス チェックイン施設には、チェックイン カウンター15ヶ所、自動チェックイン2台、そして専用待合席を設けております。

カナダおよび国際線をご利用のお客様で、この新施設を利用いただけるのは以下のお客様となります。

  • ビジネスクラスおよびプレミアムエコノミークラス、プレミアムルージュクラスご利用のお客様
  • アルチチュード スーパーエリート100K、エリート75K、エリート50K会員様
  • スターアライアンスゴールド会員様

この新ビジネスクラスのチェックインエリアにはアルチチュード スーパーエリート100K会員様専用のチェックインカウンターおよびコンシェルジュデスクもこれまでどおりご用意しております。

優先チェックイン利用が可能なお客様(アルチチュードエリート35K、プレステージ25K、対象クレジットカード保有者)は、カナダ国内線ご利用の場合は3番カウンター、国際線ご利用の場合は5番カウンターに新規に設置した優先チェックインカウンターをご利用ください。

*アメリカへご出発のお客様でお荷物を預けない場合は、この新施設のご利用が可能です。ント・ピアソン国際空港に新しいビジネスクラス チェックイン施設がオープン

 

過去の最新情報

本サイトの作動を遅らせるデバイスやオペレーティングシステムが検出されました。本サイトでのナビゲーションに支障が出た場合は、エア・カナダ アプリをお試しください。
本サイトの作動を遅らせるデバイスやオペレーティングシステムが検出されました。本サイトでのナビゲーションに支障が出た場合は、エア・カナダ アプリをお試しください。