読み込んでいます...

読み込んでいます...
Accessibility services

お手伝いが必要なお客様

エア・カナダでは、すべてのお客様に最高のサービスを提供できるよう取り組んでおります。ご利用にあたり、お客様に重要な情報をまとめましたので、ご確認ください。

お客様は、「Accessible Transportation for Persons with Disabilities Regulations(障がい者のためのアクセシブル交通に関する規定)」(SOR/2019-244)」に基づき特定の設備およびサービスを利用できる権利を有しています。

カナダの航空会社であるエア・カナダには、国内・国際路線のすべての運航便について本規制の第1章、第2章、第3章が適用されます。これは、コミュニケーション、自動チェックイン機、トレーニング、サービス、バリアフリー設備、機材の分野を対象としています。

エア・カナダ運航便におけるアクセシビリティの取り組みについては、エア・カナダ予約センターまでお問い合わせください。

エア・カナダは、次のお客様を対象としたサービスに適用される米国運輸省の「Non Discrimination on the Basis of Disability in Air Travel (航空機における障がいに対する差別の禁止)」規定(link 14 CFR Part 382)も遵守しています。

  • カナダ-米国路線をご利用のお客様
  • 米国の航空会社で購入したエア・カナダ運航便の航空券で、便名が米国航空会社のコード(UA 7811など)になっている航空券をお持ちのお客様

特に明記されていない限り、このページに掲載されているすべてのサービスは、エア・カナダ、エア・カナダ ルージュ、エア・カナダ エクスプレス*の運航便に適用されます。他の航空会社が運航するフライト(エア・カナダで購入したフライトも含みます)のサービスに関する方針については、各航空会社にお尋ねください。

*エア・カナダ エクスプレスは、Jazz Aviation LP、スカイ・リージョナル、Exploits Valley Air Services Ltd.の運航便を指します。

サポートサービス

エア・カナダでは、空港・機内のあらゆる場面でお客様をサポートしています。次のようなお手伝いが必要な方は、お気軽にお知らせください。ご要望に応じたサービスの詳細は、各セクションをご覧ください。

  • チェックインカウンターでのご搭乗手続き
  • 自動チェックイン・発券機をご利用いただけない場合、チェックイン・発券カウンターでの優先手続き
  • 保安検査場への移動・通過
  • 搭乗口までの移動
  • 搭乗・降機のお手伝い
  • 機内アナウンスの個別のご案内
  • 手荷物の収納・取り出し
  • 出入国手続き
  • 受託手荷物の受け取り
  • 降機後の到着ロビーまでの移動、乗り継ぎがある場合はサポート担当者までのご案内

これらのサービスは、空港到着時または機内でお申し付けください。

耳や言葉の不自由なお客様

耳や言葉の不自由なお客様のために、さまざまなサービスをご用意しております。お客様のご要望に応じて、次のご予約方法をご利用いただけます。

TTY: テレタイプライター(TTY)をご利用の場合は、以下の手順でご連絡ください。

  1. 711にダイヤルします。
  2. オペレーターの指示に従い、1-833-984-0896、続いてGAとタイプインします。
  3. オペレーターが番号をダイヤルし、相手が応答したらお知らせします。
  4. お客様はテレタイプを使用してオペレーターと通話し、オペレーターがその内容をエア・カナダに伝達します。

ビデオリレー:

  1. お使いの機器のビデオリレーサービスアプリケーションを開き、1-833-984-2045を入力します。
  2. お客様とリレーオペレーター間でビデオ通話が開始され、リレーオペレーターがエア・カナダに音声で伝えます。

ご注意: link 単独行動が困難なお客様は、付添人の同伴をお願いいたします。

目と耳の両方が不自由なお客様は、出発48時間前までにエア・カナダ メディカルアシスタントデスクまでご連絡ください。ご搭乗の適性を確認させていただきます。48時間を切っている場合も可能な限り対応いたします。


機内

機内では、客室乗務員がお手伝いいたします。

  • 離陸・着陸時の安全上の注意、アナウンス、機内食サービスなどを適時ご案内いたします。
  • ご出発前に機内における安全上のご案内を個別にお伝えします。

機内の設備

機内安全ビデオは字幕・音声ガイドに対応しています。一部の機材では、機内エンターテインメントシステム(IFE)を字幕・音声ガイドでお楽しみいただけます。

字幕・音声ガイド対応IFEシステムは、次の機材でご利用いただけます。

機種 字幕・音声ガイド対応IFEシステム
エア・カナダ
ボーイング777-300ER (77W) green check mark
ボーイング777-200LR (77L) green check mark
エアバスA330-300 (333) green check mark (一部機材のみ)
ボーイング787-9 (789) green check mark
ボーイング787-8 (788) green check mark
エアバスA321-200 (321) red x mark
ボーイング737 MAX 8 (7M8) green check mark
エアバスA220-300 (223) green check mark
エアバスA320-200 (320) red x mark
エアバスA319-100 (319) red x mark
エア・カナダ エクスプレス
エンブラエルE175 (E75) red x mark
ボンバルディアCRJ900 (CR9) red x mark
ボンバルディアCRJ200 (CRJ) IFEシステムなし
デ・ハビランド Dash 8-400 (DH4) IFEシステムなし
デ・ハビランド Dash 8-300 (DH3) IFEシステムなし
ビーチクラフト(BEH1900) IFEシステムなし
エア・カナダ ルージュ
ルージュ ボーイング767-300ER (763) green check mark (パーソナルデバイス使用)
ルージュ エアバスA321-200 (321) green check mark (パーソナルデバイス使用)
ルージュ エアバスA320-200 (320) green check mark (パーソナルデバイス使用)
ルージュ エアバスA319-100 (319) green check mark (パーソナルデバイス使用)

診断書

お客様の健康状態によっては、飛行高度や気象条件により病状や体調が急変する可能性があります。病気やけがをされているお客様にも安心して空の旅をお楽しみいただけるよう、お客様の容態に係る注意事項を事前にご確認ください。

ここでは、ご搭乗に際し診断書が必要となる場合についてご案内します。

次の条件に該当されるお客様は、出発前にlink 診断書をご提出ください。

  • 機内でほかのお客様や客室乗務員に伝染する恐れのある感染病/伝染病(コロナウイルス、結核、水痘など)をお持ちの方。
  • 機内で特別の介助がなければ安全にフライトを終えることができないと思われる方。

診断書を提出できない方は、主治医にメディカルフォーム(英語)のセクション4への記入を依頼してください。

次の条件に該当されるお客様は、出発前に主治医が記入したメディカルフォーム(英語)をご提出ください。

医師の診断が必要となる状態:

  • 機内でほかのお客様や客室乗務員に伝染する恐れのある感染病/伝染病(コロナウイルス、結核、水痘など)
  • 機内で特別の介助がなければ安全にフライトを終えることができないと思われる方
  • 重症貧血症(ヘモグロビン値が90 g/L以下)
  • 重症骨折、ギプス装着後48時間以内
  • 認識機能障害(ダウン症、アルツハイマー症など)
  • 発作の発症後4週間以内
  • 慢性閉塞性肺疾患(肺気腫など)、慢性心疾患
  • 生後7日以内の新生児、早産児、重篤な疾患があり最近治療を受けた生後12か月未満の乳児
  • 最近重篤な症状を呈した方(脳卒中、呼吸不全など)
  • 過去に機内や空港内で何らかの異常を来した経験があり、医療処置が必要となる可能性のある方
  • 手術後4週間以内
  • 血栓性静脈炎の発症後2週間以内

搭乗許可を申請される方は、出発48時間前までに次の手続きを行ってください。

  • エア・カナダメディカルフォーム(英語)を1部印刷し、記入してください。
    1. セクションAにお名前と連絡先、フライト情報を記入してください。
    2. 残りのセクションは主治医に記入していただきます。
  • 記入済みのフォームまたは診断書は、メール(acmedical@aircanada.ca)またはファックス(1-888-334-7717 / 514-828-0027)でお送りください。
    1. メールの件名には出発日(日/月/年)、姓、名、予約照会番号を入力してください(例: 26/SEPT/2020, Jones, Mary, N3EI4E)。
    2. 記載内容に不足や不備があった場合は担当よりご連絡を差し上げるますので、電話番号を忘れずにご記入ください。
  • エア・カナダ メディカルアシスタントデスクにて申請内容を確認し、搭乗の適性を判断いたします。
  • ご希望により、お客様のフォームは3年間保管できます

歩行の不自由なお客様

電動移動介助機器(車椅子やスクーターなど)の持ち込みを希望されるお客様には、次のことをお願いしております。

電動移動介助機器(車椅子やスクーターなど)の持ち込みを希望されるお客様には、次のことをお願いしております。

  • ご自身の移動介助器具について把握しておいてください。
  • 移動介助器具のサイズ(高さ・横幅・奥行)、重量、バッテリーの種類について、出発48時間前までに エア・カナダ メディカルアシスタントデスクにお知らせください。貨物室に搭載できるかどうかを確認させていただきます。48時間を切っている場合も可能な限り対応いたします。
  • 推奨チェックイン時刻の30分前までにチェックインカウンターへお越しください。
  • 取り外しができるパーツはすべて取り外し、機内にお持ち込みください。
  • 電動移動介助器具情報フォームに記入してください。
  • ご注意: 搭乗される飛行機に搭載できない場合は、別の便/日付に変更していただくか、別の経路を検討されることをお勧めいたします。旅程の変更に同意いただける場合は、元の旅程と新しい旅程のどちらか低い方の料金が適用されます。

小型の介助器具

次の移動介助器具は、医療上の理由により必要な場合、機内にお持ち込みいただけるよう可能な限り対応いたします。機内に十分な収納スペースがない場合は、追加料金なしで受託手荷物としてお預かりし、到着空港で優先的にお引き渡しいたします。

  • 下肢装具、杖、松葉杖、歩行器、義肢、コミュニケーション機器(拡大・代替コミュニケーション[AAC]機器など)

電動移動介助器具情報フォーム

次の手順に従い、所定のフォームにご記入ください。

  1. 電動移動介助器具情報フォーム(英語)を2部印刷し、記入してください
  2. 1部を移動介助器具に 添付します。取り扱いに際して、参照させていただきます。
  3. もう1部はお客様控えとしてお持ちください
  4. ご自宅での事前記入が困難な場合は、空港でフォームを入手し、ご記入いただくこともできます。可能であれば、フォームに添付できるよう、移動介助器具の写真をお持ちください。

分解・組み立て

収納スペースの関係から、電動移動介助器具を分解し、到着後に組み立てる必要が生じる場合があります。

  • 分解・組み立て時に参照できるよう、取扱説明書や添付文書を持参いただくようお願いいたします。この情報は、電動移動介助器具情報フォーム(英語)に含める必要があります。
  • 分解・組み立てに必要な専用の工具をご持参ください。
  • バッテリーを固定できない場合は、バッテリーを取り外し、個別に収納する必要があります。非防漏型バッテリーは、移動介助器具の搭載・収納時に傾ける必要が生じた場合、取り外す必要があります。非防漏型バッテリーに関する規定は、航空会社により異なります。別の航空会社に乗り継ぎされるお客様は、ご利用の航空会社の規定をご確認ください。

サイズについて

移動介助器具を持参される場合は、飛行機の貨物室に搭載できることを確認する必要があります。事前に エア・カナダ メディカルアシスタントデスクまでご連絡ください。

お客様のご要望にお応えできるよう、移動介助器具を搭載できる飛行機に変更するなど、お客様とご相談をしながら最善の旅程をご提案いたします。

次の表は、貨物室のドアサイズをまとめたものです。移動介助器具のサイズと照らし合わせてご確認ください。

電動車椅子は常に上向きで搭載・収納されます。

機種 貨物室ドアの最大幅 貨物室ドアの最大高
Air Canada
ボーイング777-300ER (77W) 2.58 m (101.9 in) 1.70 m (67.0 in)
ボーイング777-200LR (77L) 2.58 m (101.9 in) 1.70 m (67.0 in)
エアバスA330-300 (333) 2.44 m (96.0 in) 1.70 m (67.0 in)
ボーイング787-9 (789) 2.69 m (106.0 in) 1.70 m (67.0 in)
ボーイング787-8 (788) 2.69 m (106.0 in) 1.70 m (67.0 in)
エアバスA321-200 (321) 1.81 m (71.5 in) 1.19 m (46.9 in)
ボーイング737 MAX 8 (7M8) 1.22 m (48.0 in) 0.89 m (35.0 in)
エアバスA220-300 (223) 1.18 m (46.4 in) 0.84 m (33.0 in)
エアバスA320-200 (320) 1.81 m (71.5 in) 1.19 m (46.9 in)
エアバスA319-100 (319) 1.81 m (71.5 in) 1.23 m (48.6 in)
エア・カナダ エクスプレス
エンブラエルE175 (E75) 1.10 m (43.3 in) 0.90 m (35.4 in)
ボンバルディアCRJ900 (CR9) 0.96 m (38 in) 0.81 m (32 in)
ボンバルディアCRJ200 (CRJ) 1.07 m (42 in) 0.81 m (32 in)
デ・ハビランド Dash 8-400 (DH4) 1.24 m (49 in) 1.50 m (59 in)
デ・ハビランド Dash 8-300 (DH3) 1.24 m (49 in) 1.50 m (59 in)
ビーチクラフト(BEH1900) 1.29 m (51 in) 1.33 m (52 in)
エア・カナダ ルージュ
ルージュ ボーイング767-300ER (763) 3.40 m (134.0 in) 1.75 m (89.0 in)
ルージュ エアバスA321-200 (321) 1.81 m (71.5 in) 1.19 m (46.9 in)
ルージュ エアバスA320-200 (320) 1.81 m (71.5 in) 1.19 m (46.9 in)
ルージュ エアバスA319-100 (319) 1.81 m (71.5 in) 1.23 m (48.6 in)

重量: ランプおよびリフトの最大搭載重量は393 kg(866 lb.)です。

ご要望に応じて、地上係員が空港内のご案内や各種手配をお手伝いいたします。

  • 車椅子で飛行機搭乗口までご案内いたします。
  • 車椅子・移動介助器具とお座席の間の移乗をお手伝いいたします。
  • 車椅子で空港内の化粧室までご案内いたします(化粧室ご利用の介助を承ることはできません)。化粧室ご利用の介助が必要なお客様は、付添人の同伴をお願いいたします。
  • ご自身の車椅子・移動介助器具は、収容直前までご利用いただけます。お預かりした車椅子・移動介助器具は到着ゲートでお返しいたします。
  • ゲートに近い専用待合エリアにご案内し、ご要望がないか定期的に確認に伺います。
  • 小型機の場合は、安全にご搭乗いただけるよう、専用ランプやリフトをご用意しています。
  • ご搭乗の際、他のお客様より優先的に機内へとご案内し、座席の確認や手荷物の収納をお手伝いいたします。推奨搭乗時刻の30分前までには搭乗ゲートへお越しください。遅れて到着された場合(特に係員のお手伝いを必要とされる場合)は、他のお客様の搭乗が済むまでお待ちいただくようお願いすることがございます。

ご要望に応じて、客室乗務員が必要なお手伝いをさせていただきます。

  • 手荷物の収納や取り出しをお手伝いいたします。
  • 機内用車椅子で化粧室までご案内いたします(化粧室ご利用の介助を承ることはできません)。化粧室ご利用の介助が必要なお客様は、付添人の同伴をお願いいたします。

ほとんどの機材には、バリアフリーの化粧室がございます。ドアのハンドルや鍵、手すり、ハンドソープディスペンサー、蛇口、洗浄ボタン、呼び出しボタンは簡単に操作できるようデザインされています。

ご予約前に、各機種の備品・設備をご確認ください。

機種 機内用車椅子 バリアフリー化粧室
Air Canada
ボーイング777-300ER (77W) green check mark green check mark
ボーイング777-200LR (77L) green check mark green check mark
エアバスA330-300 (333) green check mark green check mark
ボーイング787-9 (789) green check mark green check mark
ボーイング787-8 (788) green check mark green check mark
エアバスA321-200 (321) green check mark red x mark
ボーイング737 MAX 8 (7M8) green check mark red x mark
エアバスA220-300 (223) green check mark red x mark
エアバスA320-200 (320) green check mark red x mark
エアバスA319-100 (319) green check mark red x mark
エア・カナダ エクスプレス
エンブラエルE175 (E75) green check mark red x mark
ボンバルディアCRJ900 (CR9) green check mark red x mark
ボンバルディアCRJ200 (CRJ) red x mark red x mark
デ・ハビランド Dash 8-400 (DH4) green check mark red x mark
デ・ハビランド Dash 8-300 (DH3) red x mark red x mark
ビーチクラフト(BEH1900) red x mark 化粧室なし
エア・カナダ ルージュ
ルージュ ボーイング767-300ER (763) green check mark red x mark
ルージュ エアバスA321-200 (321) green check mark red x mark
ルージュ エアバスA320-200 (320) green check mark red x mark
ルージュ エアバスA319-100 (319) green check mark red x mark

お客様からお預かりした車椅子・移動介助器具は、目的地まで大切に扱っておりますが、悪天候や施設的要件などによって、破損してしまう場合もございます。

到着時に破損にお気づきの場合は、次の手順に従ってご申告ください。

  • 到着後すぐに手荷物受取所で破損申告書を提出してください。空港で申告書を提出できない場合は、到着日から7日以内にエア・カナダ ウェブサイトのお問い合わせページ(英語)からご申告ください。
  • 破損申告書に記載の補足書類もご提出ください。
  • ご注意: ご到着日から8日目以降のご申告に関しては、対応いたしかねますのでご了承ください。

申告方法

ご到着日から7日以内にエア・カナダ ウェブサイトのお問い合わせページ(英語)にアクセスしてください。

  1. [Baggage Issues]を選択します。
  2. 1つ目のドロップダウンメニューから[Mobility Aid]を選択します。
  3. 2つ目のドロップダウンメニューから[Damaged]を選択します。
mobility aids

車椅子・移動介助器具が、お預かりしたときの状態まで修理できる場合は、こちらで修理した上で、ご返却いたします。また、修理中は代わりの器具をお貸しいたします。

車椅子・移動介助器具が修理できない状態まで破損している場合、または紛失の場合は、エア・カナダ運送約款およびタリフに規定のとおり、モントリオール条約またはその前身であるワルソー条約に定める賠償限度額は適用されません。

医療機器を持ち込みされるお客様

持続陽圧呼吸療法装置(CPAP)や酸素濃縮器(POC)などの電動式医療機器を持ち込まれる場合についてご案内します。

電動移動介助器具(車椅子やスクーターなど)をご利用のお客様は、「歩行が不自由なお客様」セクションを参照してください。

機内で電動式医療機器を使用する必要があるお客様には、次のことをお願いしております。

  • 出発48時間前までにエア・カナダ メディカルアシスタントデスクにご連絡いただき、診断書を提出してください。48時間を切っている場合も可能な限り対応いたします。
  • 酸素濃縮器(POC)は、認定モデルであることを確認してください。
  • ご自身の医療機器の使用方法について把握しておいてください。
  • 機器は前の座席の下に収納してください。
  • ご注意: 睡眠時無呼吸症候群の症状緩和のために持続陽圧呼吸療法装置(CPAP)または二相性陽圧呼吸療法装置(BPAP)を使用される場合は、診断書の提出は不要です。ただし、48時間前までのご連絡は必要です。

ご搭乗時間の1.5倍のバッテリーをお持ちください。ご注意: 機内のシート電源は、医療機器にはご利用いただけません。

酸素濃縮器(POC)については、エア・カナダ メディカルアシスタントデスクにてバッテリー耐久時間の算出をお手伝いします(事前に診断書をご提出ください)。

機内持ち込み手荷物のルール

電動式医療機器とバッテリーを機内持ち込み手荷物として持ち込まれる場合は、次の条件を満たす必要があります。

  • 機内での使用に関しては、「医療機器の持ち込み」セクションを参照してください。
  • 持ち込み可能な医療機器のサイズは23 cm x 40 cm x 55 cm (9" x 16" x 22")、重量10 kg (22 lb)以内となっています。これよりも大きな機器は、受託手荷物としてお預けいただく必要があります。
  • 非防漏型バッテリーは、機内持ち込み手荷物としてのみお持ち込みいただけます。バッテリーの種類が不明な場合は、非防漏型バッテリーとしてお取り扱いします。
  • リチウム電池は、機内持ち込み手荷物としてのみお持ち込みいただけます。予備電池は、1名様につき2個までとさせていただきます。
  • 外付けのバッテリーパックや予備バッテリーは、機内持ち込み手荷物としてのみお持ち込みいただけます。破損しないよう適切に梱包した上で、前の座席の下に収納してください。
  • 機器本体に内蔵されているバッテリーは予備バッテリーとしてカウントされません。

電動医療機器とバッテリーを受託手荷物としてお預けいただく場合は、次の条件を満たす必要があります。

  • 機器のサイズが23 cm x 40 cm x 55 cm (9" x 16" x 22")、重量10 kg (22 lb)を超える場合は、受託手荷物としてお預けいただくか、機器を置くための座席を購入いただく必要があります。医療機器を受託手荷物として預けられる、または座席を購入される場合は、出発48時間前までにエア・カナダ メディカルアシスタントデスクにご連絡ください。
  • 機器は不意に電源が入り作動しないよう、適切に梱包してください。
  • 固定できないバッテリーは機器本体から取り外し、機内にお持ち込みください。

機内にお持ち込み・お預けいただけない手荷物や、バッテリーの種類と許容量、バッテリーの安全性に関しては、「危険品」ページをご確認ください。

酸素濃縮器(POC)を持参されないお客様は、Medipak酸素吸入サービスをご購入いただけます。購入をご希望の方は、出発48時間前までにエア・カナダ メディカルアシスタントデスクにご連絡いただき、診断書をご提出ください。

Medipak料金*

カナダ国内線

区間あたり17カナダ/米ドル

その他のフライト

区間あたり220~1,070カナダ/米ドル

*料金は、承認された酸素流量とエア・カナダ運航区間の搭乗時間によって異なります。

次の酸素濃縮器(POC)のモデルは、診断書があれば機内でご使用いただけます。

以下に記載されていない医療機器をご利用の場合は、出発48時間前までにエア・カナダ メディカルアシスタントデスクまでご連絡ください。

認定モデル

  • AirSep Focus
  • AirSep FreeStyle / AirSep Freestyle 5
  • AirSep LifeStyle* (「RTCA/DO-160」のステッカー付き、第21項カテゴリM準拠)
  • Caire Freestyle
  • Delphi RS-00400 (EVO Central Air)
  • DeVilbiss Healthcare iGo
  • Hi-Sanso Portable
  • Inogen One OxyGo / Inogen One G2 / Inogen One G3 / Inogen One G4 / Inogen One G5
  • Inova Labs LifeChoice / LifeChoice Activox
  • International Biophysics LifeChoice
  • Invacare Platinum Mobile
  • Invacare Solo 2*
  • Invacare XPO2
  • Oxlife Independence
  • Oxus RS-00400
  • OxyGo / OxyGo FIT / OxyGo NEXT
  • Precision Medical EasyPulse
  • ResMed AirSense 10
  • Respironics EverGo
  • Respironics SimplyGo
  • SeQual Eclipse*
  • SeQual eQuinox (model 4000)* / Oxywell (model 4000)*
  • SeQual SAROS*
  • Simply Go Mini
  • VBOX Trooper*
  • Zen-O / Zen-O Lite

例外:

  • 携帯酸素缶(レクリエーション用酸素、フレーバー酸素など)は、機内へのお持ち込みもお預かりもできません。
  • Inogen BA-316とBA 516のダブルバッテリーパックは最大ワット時定格量160 Whを超えるため、機内へのお持ち込みもお預かりもできません。
  • 収納スペースに限りがあるため、「*」マークの付いたモデルは、エア・カナダ シグネチャークラスへのお持ち込みはできません。

カナダ国内線では、サービスプロバイダーから濃縮酸素ボンベを購入されたお客様に、旅程中に地上で使用された分の料金を払い戻しいたします。払い戻しの対象となるのは、乗り継ぎの待ち時間に行われた3時間分です。

対象のお客様:

以下に該当するお客様は、酸素ボンベ使用料金の払い戻しの対象となります。

  • カナダの空港から出発または到着するフライトの搭乗前、降機時、乗り継ぎ時間中に使用している。
  • サービスプロバイダーと契約し、支払い済みである。
  • 保険会社または雇用主、州が提供する健康保険の補償対象外である。
  • 主治医によるメディカルフォーム(英語)への記載があり、エア・カナダの労働衛生部門で確認済みである。

払い戻しの申請

ご旅行から帰着後3か月以内に、次の情報と必要書類を下記の宛先に郵送するか、ファックスでお送りください。

  • エア・カナダ運航便のご利用に際して購入された酸素ボンベの領収書の写し
  • ご予約時に登録された氏名
  • 予約照会番号
  • 便名および搭乗日

払い戻し分の小切手を、ご登録いただいている住所に郵送いたします。払い戻しの処理には1~3週間かかります。

郵送

Air Canada Customer Relations

Subject: Ground Oxygen Refund
P.O. Box 64239
R.P.O. Thorncliffe
Calgary, Alberta
T2K 6J7

1-866-584-0380

身体障がい者補助犬をお連れのお客様

link 補助犬link エモーショナルサポート犬の同伴を希望されるお客様に、出発前の準備や注意事項をご案内します。

身体障がい者補助犬は、無料で機内にお連れいただけます。機内ではお客様の足元に座らせておくようお願いいたします。

補助犬を同伴される場合は、次の点にご注意ください。

  • 出発48時間前までにエア・カナダ メディカルアシスタントデスクまでご連絡ください。48時間を切っている場合も可能な限り対応いたします。
  • 早めに空港にお越しいただき、推奨チェックイン時刻の60分前までにチェックイン手続きをお済ませください。
  • 訓練された補助犬であることを証明するIDカードや書類、専用ハーネスやタグの提示、または信頼に足る口頭でのご誓約が必要となります。
  • お客様の足元で犬が快適に過ごせるかどうかを判断するために、メディカルアシスタントデスク担当者が伏せの体勢を維持する能力、サイズや体重などについて確認させていただきます。
  • 補助犬が足元のスペースに収まらない場合は、出発48時間前までにメディカルアシスタントデスクに連絡して、足元に余裕のあるお座席をリクエストしていただけます。座席指定は、カナダ国内線は無料で承ります。その他のフライトの場合は、別途購入いただく必要があります。
  • 機内では、責任を持って補助犬を管理してください。ハーネスを装着し、クレート外ではリードをつけられることをおすすめします。

ご注意: この方針は最近更新されました。下記の内容をご確認ください。

エモーショナルサポート犬を同伴される場合は、次の点にご注意ください。

  • 出発48時間前までにエア・カナダ メディカルアシスタントデスクまでご連絡ください。48時間を切っている場合も可能な限り対応いたします。
  • エモーショナルサポートアニマルは、犬に限定させていただきます。
  • 1名様につき1頭まで同伴できます。
  • エモーショナルサポート犬をお連れいただけるのは、カナダ国内線および米国発着便のみです。
  • エモーショナルサポート犬は、次の条件を満たす必要があります。
    • 生後4か月齢以上で、完全に乳離れしていること。
    • 狂犬病を含め、必要なワクチン接種を受けていること。
    • 機内では常にリードやハーネスを装着すること。
    • お客様の足元に快適に収まり、通路や安全上の理由から障害物を置いてはならないエリアを塞がないこと。足元に収まらない場合、同伴はお断りすることがございます。
    • 疾患や症状の緩和に必要であると必要書類に記載されている場合には、膝の上に載せることができます。ただし、体重が13.6 kg (30 lbs)未満で、サイズが2歳児より小さい場合に限ります。

同伴に関する条件

エモーショナルサポート犬を同伴される場合は、次の3種類のフォームに記入し、出発48時間前までにエア・カナダ メディカルアシスタントデスクまでメールまたはファックスでお送りください。

フォーム1 Acknowledgement and confirmation of animal behaviour form(動物の行動に関する確認・同意書)
フォーム2 Mental health professional form(精神科医による診断書)
フォーム3 Veterinary health form(獣医による健康診断書)

フォームの発行日は、ご出発日から1年以内である必要があります。フォームは審査され承認の可否が判断されます。承認が降りた場合は、これらのフォームを携行してください。

アレルギーのあるお客様

エア・カナダでは、link 重度のアレルギーのあるお客様に安心してご旅行いただるよう最善を尽くしておりますが、機内にアレルゲンが存在しないことを保証することはできません。

エア・カナダでは、機内の清掃を徹底しておりますが、他のお客様による機内へのピーナッツ類の持ち込み、衣類に付着した犬の毛や猫のフケ、お座席やクッションの間に残った残留物については責任を負いかねます。エア・カナダではアレルギー対策として、重度のアレルギーのあるお客様がアレルゲンと接触するリスクを低減するために、専用のバッファゾーンをご用意しています。

バッファゾーンの座席には、次の一般条件が適用されます。

  • 機内全体をバッファゾーンに設定したり、機内アナウンスを行うことはありません。バッファゾーンをご利用のお客様には、出発前に客室乗務員からアレルゲンを含む製品に関する注意など簡単なご案内があります。
  • バッファゾーンの範囲は機種やサイズ、座席配置により異なります。
  • 他のお客様より先にご搭乗いただき、ご自身で座席周辺を清掃し、潜在的なアレルゲンを排除していただくようお願いする場合があります。推奨搭乗時刻の30分前までには搭乗ゲートへお越しください。遅れて到着された場合は、他のお客様の搭乗が済むまでお待ちいただく場合があります。
  • 重度のアレルギーのあるお子様(8~11歳)の一人旅はお断りしております。12~18歳のお子様につきましては、ご自身でエピペン等を使った薬の投与ができない場合は、付き添いの方の同伴が必要です。

重度の猫・犬アレルギーのあるお客様は、インヘラーやハンドサニタイザー、除菌シートなどを携行してください。

バッファゾーンの座席を希望される方は、次の点にご注意ください。

上記はボーイング777-300ER (77W)機の座席配置です。他の機材では異なる場合があります。

エア・カナダでは、重度の食物・環境アレルギーのお客様に安心・安全をお届けできるよう尽力しています。機内の環境や他のお客様が持ち込むアレルゲンを完全に取り除くことはできませんので、ご了承ください。

エア・カナダの取り組み:

エア・カナダでは、すべての客室クラスの機内スナックサービスで、ピーナッツの提供を廃止しております。

また、その他のスナック製品も可能な限りピーナッツを含まないものに変更しています。詳細はパッケージの原材料表をご確認ください。原材料表の記載内容について、エア・カナダは一切の責任を負いません。

機内で提供・販売する製品には、さまざまな原材料が使用されており、アレルゲンが含まれている可能性があります。

アレルギーのある方は、アレルギー症状が起きた場合に備え、お薬やエピペン、インヘラーなどを携行してください。また、除菌シートやハンドサニタイザー、ご自分のスナックなどもご用意ください。

バッファゾーンの座席を希望される方は、次の点にご注意ください。

お座席について

お客様のご希望と購入された運賃、予約状況に応じて、最適な座席をご提案いたします。

肘かけが可動式/取り外し式の座席や、化粧室や出口に近い座席、シートベルトを延長できるエクステンションベルトなど、お体の状態に適した座席を手配いたします。

座席指定は次の方法でお申し込みください。

  • 出発48時間前までにエア・カナダ メディカルアシスタントデスクまでご連絡ください。48時間を切っている場合も可能な限り対応いたします。
  • お体の状態などの理由でより広いスペースが必要な方は、事前通知のうえ、搭乗許可を取得いただく必要があります。
  • お客様のご希望に沿えるよう、ご予約前に各機材の設備をご確認ください。
機種 可動式肘かけ
エア・カナダ
ボーイング777-300ER (77W) 12~14列、18列、30列、31列 (A、B、C、H、J、Kのみ)、50列
ボーイング777-200LR (77L) 12~14列、18列、30列、31列 (A、B、C、H、J、Kのみ)
エアバスA330-300 (333) 位置は機材により異なります
ボーイング787-9 (789) 12~14列、18列、31列
ボーイング787-8 (788) 12~14列、18列、31列
エアバスA321-200 (321) 12列、14列、27列、15列D、すべてのシグネチャークラス座席
ボーイング737 MAX 8 (7M8) 12列
エアバスA220-300 (223) 12~19列
エアバスA320-200 (320) 12列
エアバスA319-100 (319) 1~4列、12列
エア・カナダ エクスプレス
エンブラエルE175 (E75) 1~3列、12列
ボンバルディアCRJ900 (CR9) 1~4列、12列、19列、20列
ボンバルディアCRJ200 (CRJ) 1列
デ・ハビランド Dash 8-400 (DH4) 1列AC、2列DF
デ・ハビランド Dash 8-300 (DH3) 1列、4~12列、13列AC
ビーチクラフト(BEH1900) すべての座席
エア・カナダ ルージュ
ルージュ ボーイング767-300ER (763) 位置は機材により異なります
ルージュ エアバスA321-200 (321) 位置は機材により異なります
ルージュ エアバスA320-200 (320) 1列
ルージュ エアバスA319-100 (319) 1列

お体の状態などの理由でより広いスペースが必要な方は、追加座席をご利用いただけます。

追加座席をご希望の方は、次の方法でお申し込みください。

  • 出発48時間前までにエア・カナダ メディカルアシスタントデスクまでご連絡ください。48時間を切っている場合も可能な限り対応いたします。
  • 座席は、お客様のご要望に沿ってメディカルアシスタントデスクが事前に手配いたします。
  • ご搭乗者名義の航空券1枚(予約数1件)が必要です。同一名義の多重予約、または別名や仮名を使った同一人物による多重予約は認められません。
  • エア・カナダ シグネチャークラスキャビンでは、機材の構造上、追加座席はご利用いただけません。

付添人を同伴されるお客様

エア・カナダでは、お手伝いが必要なお客様のためにさまざまなサポートサービスをご用意していますが、お客様の健康状態によってはlink 付添人の同伴が必要となる場合がございます。

link 単独行動困難な方、重度の身体・知的・精神障がいがあり、安全に関するお知らせを適切に理解および対応できない方、緊急時に単独で避難できない方、特別な介助やサービスが必要な方は、付添人の同伴をお願いいたします。

付添人同伴の必要性を判断するため、エア・カナダは上記の状態を評価する権利を有しています。

付添人が同伴される場合は、次の条件を満たしている必要があります。

  • 出発48時間前までにエア・カナダ メディカルアシスタントデスクまでご連絡ください。48時間を切っている場合も可能な限り対応いたします。
  • 付添人の同伴は1名までとなります。
  • 付添人は16歳以上でなければなりません。
  • 付添人は、エア・カナダ係員のお手伝いやその他のサポート(補助犬やエモーショナルサポート犬など)を必要としない方に限られます。
  • ご本人および付添人とも、8歳未満のお子様を同伴いただくことはできません。
  • 安全上の理由により、非常口座席にはお座りいただけません。
  • お客様と付添人の方は同じ客室内で、隣同士または通路を挟んだ隣の座席にお座りいただく必要があります。
  • お座席は、お客様のご要望に沿って事前にメディカルアシスタントデスクが手配いたします。

付添人の同伴を希望される方は、次の手順でご予約ください。

カナダ国内線

  • まず、ご自分の予約をオンラインで行います。
  • 予約完了後、速やかにエア・カナダ メディカルアシスタントデスクまでお電話ください。担当者が同じ便で付き添いの方の予約をお取りし、隣同士または通路を挟んだ隣の座席を手配いたします。
  • エア・カナダ所定のメディカルフォーム(英語)を1部印刷します。
  • 指示に従い、搭乗許可の申請を行います。
  • 許可が降りると、付き添いの方の基本料金は無料となりますが、各種税金・手数料はお客様の負担となります(ガンダー国際空港の空港使用料は除きます)。
  • まず、ご自分の予約をオンラインで行います。
  • 予約完了後、速やかにエア・カナダ メディカルアシスタントデスクまでお電話ください。担当者が同じ便で付き添いの方の予約をお取りします。これらの路線では、付き添いの方は正規航空券を購入いただく必要があります。エア・カナダ メディカルアシスタントデスクで、特別料金*をご確認ください。隣同士のお座席の手配も承ります。
  • エア・カナダ所定のメディカルフォーム(英語)を1部印刷します。
  • 指示に従い、搭乗許可の申請を行います(カナダ-米国間の路線では必要ありません)。

*特別料金は、特定の日付/目的地に適用されます。ハワイ、カリブ海路線を含む国際線は対象ではありません。

出発48時間前までであれば、同伴される付添人の方の変更を無料で承ります。エア・カナダ メディカルアシスタントデスクまでご連絡ください。48時間を切っている場合も可能な限り対応いたします。

目の不自由なお客様

目の不自由なお客様のために、さまざまなサービスをご用意しております。お客様のご要望に応じて、次のご予約方法をご利用いただけます。

電話:
1-888-247-2262 (カナダ・米国内フリーダイヤル)

ご注意: link 単独行動が困難なお客様は、付添人の同伴をお願いいたします。

目と耳の両方が不自由なお客様は、出発48時間前までにエア・カナダ メディカルアシスタントデスクまでご連絡ください。ご搭乗の適性を確認させていただきます。48時間を切っている場合も可能な限り対応いたします。


機内

機内では、客室乗務員がお手伝いいたします。

  • 機内のレイアウト、化粧室や非常口の位置、座席周辺の設備についてご案内します。
  • お客様のご要望を定期的にお伺いします。
  • ご要望に応じて、機内食とドリンクのメニューをご説明します。
  • 機内食やドリンクの開封をお手伝いし、メニュー内容やトレイ上の配置をご説明します。
  • 化粧室への移動をお手伝いいたします(化粧室のご利用の介助を承ることはできません)。化粧室ご利用の介助が必要なお客様は、付添人の同伴をお願いいたします。
  • ご出発前に機内における安全上のご案内を個別にお伝えします。
  • 機内エンターテインメントシステムのご利用をお手伝いいたします。

機内の設備

一部の機材では、機内エンターテインメントシステム(IFE)を字幕・音声ガイドでお楽しみいただけます。

旧式のIFEシステムを使用しているエア・カナダおよびエア・カナダ エクスプレス便では、触知式オーディオ選択テンプレートをご用意しており(エンブラエル機を除く)、目の不自由なお客様に機内オーディオエンターテインメントをお楽しみいただけます。ご希望のお客様は、いつでも機内でお申し付けください。

字幕・音声ガイド対応IFEシステムは、次の機材でご利用いただけます。

機種 字幕・音声ガイド対応IFEシステム
エア・カナダ
ボーイング777-300ER (77W) green check mark
ボーイング777-200LR (77L) green check mark
エアバスA330-300 (333) green check mark (一部機材のみ)
ボーイング787-9 (789) green check mark
ボーイング787-8 (788) green check mark
エアバスA321-200 (321) 触知式オーディオ選択テンプレートのご利用
ボーイング737 MAX 8 (7M8) green check mark
エアバスA220-300 (223) green check mark
エアバスA320-200 (320) 触知式オーディオ選択テンプレートのご利用
エアバスA319-100 (319) 触知式オーディオ選択テンプレートのご利用
エア・カナダ エクスプレス
エンブラエルE175 (E75) red x mark
ボンバルディアCRJ900 (CR9) 触知式オーディオ選択テンプレートのご利用
ボンバルディアCRJ200 (CRJ) IFEシステムなし
デ・ハビランド Dash 8-400 (DH4) IFEシステムなし
デ・ハビランド Dash 8-300 (DH3) IFEシステムなし
ビーチクラフト(BEH1900) IFEシステムなし
エア・カナダ ルージュ
ルージュ ボーイング767-300ER (763) green check mark (パーソナルデバイス使用)
ルージュ エアバスA321-200 (321) green check mark (パーソナルデバイス使用)
ルージュ エアバスA320-200 (320) green check mark (パーソナルデバイス使用)
ルージュ エアバスA319-100 (319) green check mark (パーソナルデバイス使用)

ご質問・ご相談

お手伝いが必要なお客様にご利用いただけるサービスについて、ご要望やご不明点などございましたら、エア・カナダ メディカルアシスタントデスクまでお問い合わせください。

エア・カナダ メディカルアシスタントデスク

電話:
1-800-667-4732 (カナダ・米国内フリーダイヤル)

1-514-369-7039 (国際通話料金がかかります)

Fax:
1-888-334-7717 / 514-828-0027 (北米のみ)

Email:
acmedical@aircanada.ca

アシスティブテクノロジーツールに関するお問い合わせ:
1-844-347-4268 (カナダ・米国内フリーダイヤル)

営業時間(米国東部標準時)

月~金: 06:00~20:00
土・日: 06:00~18:00

エア・カナダでは、すべてのお客様に最高のサービスを提供できるよう取り組んでおります。万が一、お体の不自由なお客様に対する差別や対応不足などの不手際があり、問題が解決されていない場合は、次の窓口までご連絡ください。

ご旅行中:

ご旅行中は、エア・カナダ メディカルアシスタントデスクまでご連絡ください。エア・カナダの空港係員にお申し出いただき、link Complaint Resolution Official (CRO/苦情相談担当者)にご相談いただくこともできます。

ご旅行後:

エア・カナダのサービスに関するご意見・ご要望は、カスタマーリレーションズチームが承ります。

ご意見・ご要望の提出方法

エア・カナダ カスタマーリレーションズサイト(英語)をご利用ください。

  1. [General Request]を選択します。
  2. ドロップダウンメニューから該当するトピックを選択します。
General request

お体の不自由なお客様は、エア・カナダ運航便のご利用に関し、下記の情報をご確認ください。

サービス確認書

予約完了後、ご提供するサービスの内容を予約確認書に記載してお知らせいたします。空港でサービスをリクエストされた場合は、エア・カナダの空港係員がお手伝いし、サービス確認書をご提供します。

なお、エア・カナダが確認書をもってお約束できるのは、エア・カナダまたはエア・カナダ ルージュ、エア・カナダ エクスプレス運航便で提供されるサービスのみとなります。

他の航空会社の運航便については、各航空会社に直接お問い合わせください。

団体予約

お手伝いが必要な方が10名以上いらっしゃる団体のお客様は、出発48時間までにエア・カナダ メディカルアシスタントデスクまでご連絡ください。48時間を切っている場合も可能な限り対応いたします。

ご搭乗の拒否

エア・カナダでは、特別なお手伝いを必要とされるお客様のご要望にお応えできるよう最善を尽くしておりますが、まれに、やむを得ずご搭乗をご遠慮いただく場合がございます。その際はお客様に理由をお伝えするとともに、ご搭乗拒否から10日以内に書面でご連絡差し上げます。また、可能な限り別の交通手段をご案内いたします。

文書の保管

エア・カナダでは、次回ご利用の際にスムーズにお手続きいただけるよう、お客様からご提供いただいた健康状態に関する情報や文書の電子コピーを少なくとも3年間保管いたします。

病態が進行または悪化する可能性のある疾患に関しては、安全にご旅行いただくため、最新の文書の提出をお願いすることがあります。

エア・カナダでは、お客様の個人情報およびプライバシーの権利の保護に努めています。お客様の個人情報はすべて、当社のプライバシーポリシーに基づき適切に取り扱われます。