事前通知と主治医の診断書(承諾書)

事前通知と主治医の診断書(承諾書)

エア・カナダは、米国運輸局の「Non Discrimination on the Basis of Disability in Air Travel (航空機における障害に対する差別の禁止)」(14 CFR Part 382)規則の対象となり、次に該当するお客様が特別な介助を要する場合に実施するサービスにこの規則が適用されます。

  • カナダ-米国間路線を利用されるお客様
  • エア・カナダが運航する米国航空会社のフライト(たとえば、航空券に記載された便名がユナイテッド航空の「UA 7811」になっている場合など)を利用されるお客様

事前通知を要する場合

以下に記載の8つの状況のいずれかに該当する場合は、次の手続きが必要になります。

  1. 医療用酸素または携帯用酸素濃縮器(POC)の使用が必要な場合
    1. 認可されたPOCには、カナダ政府が定める要件を満たすことを示すメーカーの検査済みラベルが貼付けされている必要があります。
  2. 電動車椅子を使用してDash 8、CRJ、Beechの機種(座席数が60未満)に搭乗する場合
    1. 事前通知が必要となるのは上記の小型機のみですが、お客様の車椅子を適切にお取り扱いするために、どの機種に搭乗される場合も事前にエア・カナダ コールセンターにご連絡いただくことをお勧めします。当社の機材については、「使用機材」のページをご覧ください。
  3. 感情支援動物または精神的補助動物として犬を連れて搭乗する場合。詳しくは、下記の「介助動物」に関する質問をご覧ください。
  4. 聴力と視力の両方に重度の障害がある場合
  5. バッテリー式補助器具(車椅子など)のバッテリーを入れる危険物輸送用容器をエア・カナダがご用意する必要のある場合
  6. お身体が不自由なお客様が10名以上のグループでご旅行される場合
  7. 予定運航時間が8時間を越える区画で介助動物を連れて搭乗される場合。詳しくは、下記の「介助動物」に関する質問をご覧ください。
  8. ピーナッツまたはナッツに対する重度のアレルギーまたは猫または犬に対する重度のアレルギーがあり、接触を避けるためにバッファゾーンをリクエストする場合

ただし、下記の「旅行の長期の医学的承認が必要ですか」に記載の事項に該当する場合を除き、事前に医学的承認を受ける必要はありません。

上記のいずれの状況にも該当しない場合は、事前に通知いただく必要はありません。ただし、空港や機内で介助を要する場合、あるいは特別座席をご用意する必要がある場合は、弊社がお客様のご要望にお応えできるよう事前にエア・カナダ コールセンターにご連絡いただくことをお勧めします。 

医学的承認を要する状況

下記のいずれかの医学的状態に該当する場合には、診断書をご提出いただく必要のあることがあります。あるいは、お客様の主治医にメディカルフォームPDFファイルを開く(英語)の特にSECTION 4への記入をご依頼いただいくことをお勧めします。

  • 医療用酸素または携帯用酸素濃縮器(POC)の使用が必要な場合
  • フライト中に他の方々の健康や安全を直接脅かすおそれのある感染性/伝染性疾患(結核など)に罹っている場合
  • 機内で特別な介助なく目的地まで安全に旅行できることに医学上合理的な疑いがある場合

上記のいずれかの医学的状態に該当する場合も、48時間前までにエア・カナダにご連絡いだく必要があります。弊社もまた、この期限内にご予約に対応するよう努力いたします。
旅行に診断書が必要かどうか不明の場合は、エア・カナダ コールセンターまでお問い合わせください。 

フライト中の機内環境は地上とは異なります。お客様の中には、高度の上昇が血中酸素濃度に影響する方がいます。そのような場合、高度の上昇によって病状に影響が及ぶことがあります。エア・カナダでは、こうした状態を確認しているため、カナダ-米国間のフライト、およびエア・カナダ運行便が搭乗者の航空券に米国航空会社の便名(「UA7811」など)で記載されているフライトを除くすべてのフライトについて、こうした状態に該当する方には必ず主治医にメディカルフォームPDFファイルを開く(英語)への記入をご依頼いただいています。この規定の目的は、フライト中にお客様の状態が悪化し、緊急着陸となる事態を避けるためです。

米国運輸局は、カナダ-米国間を旅行している場合、またはお手持ちの航空券にエア・カナダ運行便が米国航空会社の便名(「UA 7811」など)で記載されている場合は、メディカルフォームPDFファイルを開くへの記入を義務付けることはできないとしています。

ただし、特定の医学的状態のあるお客様は、医療者の診察を受け、メディカルフォームPDFファイルを開くのSECTION 2への記入をご依頼いただくことを強くお勧めします。 

エア・カナダでは、上記の「診断書」セクションに記載されたいずれかの医学的状態があるお客様に、必ず48時間前にご連絡いただくようお願いしています。

弊社もまた、この期限内にご予約に対応するよう努力いたします。

医学的承認の申請手順をよく読み、手順に従って申請してください。 

事前通知および主治医の診断書(承諾書)を要する状況

お客様が次のいずれかの事項に該当する場合は、ご出発の48時間前(一部の路線は72時間前)までに通知いただき、ご出発までに医学的承認を受けていただく必要があります。

猫または犬に対して重度のアレルギーのあるお客様が、接触を避けるためにバッファゾーンをリクエストする場合

ピーナッツその他のナッツ類に対して重度のアレルギーのあるお客様が、接触を避けるためにバッファゾーンをリクエストする場合

ピーナッツその他のナッツ類に対する重度のアレルギーについては医学的承認は不要ですが、バッファゾーンをリクエストされる場合は、ご旅程に関係なく、ご出発の48時間前までにエア・カナダ メディカルアシスタントデスクにご連絡ください。

重度の貧血症(ヘモグロビン値が90g/dL以下)がある場合

付添人を同伴して旅行される場合

  • 付添人は16歳以上で、フライト中にお客様の介助および看護ができるものとします。 

最近重度の骨折(背骨、骨盤など)を負った場合

搭乗予定のフライトの前48時間以内に身体の一部にギプスをはめた場合

  • ギプスはシャーレでなければなりません。 

認知障害または医学的な機能障害(ダウン症、アルツハイマー病など)がある場合

付添人なしの成人向け介助サービスをご利用いただけます。ご旅行に付添人が必要になる場合があります。詳しくは、エア・カナダ メディカルアシスタントデスクにお問い合わせください。

搭乗予定のフライトの前4週間以内に発作を起こしたことがある場合

慢性閉塞性肺疾患(肺気腫など)または慢性的な心臓病を患っている場合

高度の上昇に伴う機内の気圧の変化により、病状が悪化するおそれがあります。 

生後7日以内の新生児、未熟児、重篤な疾患があり最近医学的処置を受けた生後12か月未満の乳児をお連れの場合 

フライト中に他の方々の健康または安全を直接脅かすおそれのある感染性/伝染性疾患(結核、水疱瘡など)に罹っている場合

最近深刻な医学的事象(心臓発作、心不全、脳卒中、呼吸停止など)が生じた場合 

フライト中にバッテリー式の医療機器(CPAP/BPAP装置など)その他の種類の医療装置を使用する必要がある場合

過去に機内または空港で医学的事象が生じたことがあり、医療処置が必要になる可能性がある場合

肥満に伴う障害がある場合

  • 特別席に関する情報をご覧ください。

医療用酸素または認可された携帯用酸素濃縮器(POC)の使用が必要な場合

搭乗予定のフライトの前2週間以内に手術(虫垂切除術、胆嚢切除術など)を受けた場合 

搭乗予定のフライトの前2週間以内に血栓性静脈炎が生じた場合

一人旅をされるお子様に医学的な問題がある場合。ご旅行に付添人が必要になる場合があります。

  • お子様のご旅行に付添人が必要であると判断された場合は、重要事項をご覧ください。

身体的または精神的な病状が不安定な場合 

視力と聴力の両方に重度の障害があるが、安全に関する指示を受け理解する十分な残存視覚および残存聴覚があると思われるため、単独でのご旅行を希望される場合

重要

事前通知や医学的承認を要するケースには該当しないが、空港や機内で介助が必要になると思われる場合も、事前にお知らせくださいエア・カナダ コールセンターにご連絡いただければ、お客様のニーズに応じたサービスをご手配いたします。 

医学的承認の申請 - 時期および方法

ご旅行の医学的承認は、ご出発の48時間以上前(一部の路線は72時間前)までに申請いただく必要があります。

エア・カナダもまた、この期限内に申請に対応するよう努力いたします。

上記の質問で挙げられたいずれかの医学的状態に該当する場合は、次の手順に従って医学的承認を申請していただく必要があります。

  1. エア・カナダ コールセンターまたは旅行代理店でフライトを予約します。
  2. エア・カナダのメディカルフォームPDFファイルを開く(英語)を印刷します。
    1. セクションAにお客様のご氏名、ご連絡先、フライトの詳細を記入します。
    2. お客様の主治医に、お客様の医学的状態に該当するすべてのセクションへの記入を依頼します。
  3. メディカルフォームを電子メールで*acmedical@aircanada.caに送信します。
    1. 電子メールの件名には必ず旅行日(年月日)、姓名、予約照会番号をご記入ください。たとえば、「26/SEPT/2012, Jones, Mary, N3EI4E」のようになります。
    2. ご記入済みのフォームは、ご出発の48時間前(一部の路線72時間前)までにエア・カナダに届くよう送信してください。
    3. エア・カナダ メディカルアシスタントデスクでは、申請内容を確認し、病状がある場合またはない場合にご旅行への適性があると認められるかどうかを判断いたします。

*ご記入済みのフォームはファックス(1-888-334-7717または514-828-0027)でも送信いただけます。 

長期の医学的承認

エア・カナダ メディカルアシスタントデスクでは、ケースバイケースで長期の医学的承認も行っています。長期的な承認の対象となるのは、次の疾患をはじめとする永久的かつ安定的な障害のある一定のお客様に限られます。

  • 四肢の麻痺
  • 下肢の麻痺
  • 肥満による障害
  • 自閉症
  • 脳性麻痺
  • ダウン症候群
  • 猫または犬に対する重度のアレルギー

長期の医学的承認を受けたお客様は、フライトの都度医学的承認を申請いただく必要がありません。長期的な承認を受けた場合は、次の手順に従ってください。

メディカルフォームに記入済みの医療情報がファイルに記録されます。メディカルフォームに記入済みの情報に何らかの変更があった場合は、必ずエア・カナダにお知らせいただくようお願いいたします。 

付添人を同伴するご旅行についても、長期の医学的承認を受けることができます。

メディカルフォームに記入済みの情報に何らかの変更があった場合、あるいは新たな病状が生じた場合は、必ずエア・カナダ メディカルアシスタントデスクにお知らせいただくようお願いいたします。

肥満による障害があり、長期の医学的承認を受けられた場合、他に医学的な懸念がなければ承認は2年間有効です。 

他に医学的な懸念がない場合は、2年ごとに、理学療法士、作業療法士、診療看護師、または主治医にメディカルフォームのセクション3にご記入いただくことにより、長期の医学的承認を更新できます。

新たな医学的な懸念がある場合は、お客様の主治医にメディカルフォームの全セクションへの記入をご依頼いただく必要があります。  

長期の医学的承認の有効期間は、ケースごとに判断されます。

長期の医学的承認の更新時期になった時点で、上記の「旅行の医学的承認を申請する時期および方法」に記載の手順を繰り返します。お客様の主治医にメディカルフォームへの記入をご依頼いただく必要がある点にご注意ください。

肥満による障害のあるお客様のみ

他に医学的な懸念がない場合は、理学療法士、作業療法士、診療看護師、主治医のいずれかが更新するメディカルフォームにご記入いただけます。

新たな医学的な懸念がある場合は、お客様の主治医がメディカルフォームに記入していただく必要があります。