Air Canada Bistro

エア・カナダ・ビストロ

エア・カナダ・ビストロでは、厳選されたフレッシュでおいしいお食事やスナックを豊富に取り揃えています。北米路線またはカリブ海路線でエコノミークラスをご利用のお客様は、エア・カナダ・ビストロのメニューPDFファイルを開くからお好きなお食事・スナックをご購入いただけます。

  • 栄養・ボリュームたっぷりの朝食
  • 22:00以前発のフライトでは豊富な種類の温かい/冷たいお食事をご用意しております。
  • 淹れたてのLavazzaコーヒー、紅茶、ジュースはいつでも無料でご利用いただけます。

ご出発前のご購入で最大50%の割引*

フライトのご予約時、またはご出発の24時間前までに「エア・カナダ・ビストロ」バウチャーをご購入いただくと、お食事やお飲み物を割引価格でご利用いただけます。
詳細はプリペイドバウチャーのご利用方法をご覧ください。

交換対象: お食事1品とスナック1品 (または) アルコール飲料1品とスナック1品

プリペイドバウチャーを購入 航空券のご予約がまだのお客様は、こちらからご予約ください。

* 「エア・カナダ・ビストロ」は飛行時間が2時間以上のフライトでご利用いただけます。

エア・カナダのフライトでFreshiiメニューの提供を開始

ついに、機内食でアボカドトーストをお楽しみいただけるようになりました。Freshiiのアボカドスマッシュボックスは、ヘルシー志向の方にぴったりの一品。辛口のBBQソースとビーンズ、穀類、グアカモーレをふんだんに使用したFreshiiのベストセラー、パンゴアボウルもおすすめです。

軽食をお求めの方には、Freshiiのトスカーナ風ラップをご用意しております。ヘルシーフードをもっと手軽に、簡単に。Eat. Energize.

Freshiiのウェブサイト新しいウィンドウで開くをご覧ください。


よくある質問

エア・カナダ・ビストロではいつでも食事を利用できますか。

22:00以降発のフライトではお食事はご利用いただけません。これらのフライトでは、お飲み物とスナックのみの販売となります。

また、使用機種がEmbraerのフライトでは、温かいお食事の数に限りがございます。


エア・カナダ・ビストロが提供されているフライトで特別機内食を注文することはできますか。

エア・カナダ・ビストロが提供されているフライトでは、特別機内食はご利用いただけません。しかしエア・カナダ・ビストロでは、お客様のお好みや食事制限などのニーズに配慮し、幅広いメニューを取り揃えています。ユダヤ教の戒律に従って調理されたお食事もございます。


自己加熱式食品を機内に持ち込んで食べたいのですが、問題はありますか。

調理済み(MRE)食品、自己加熱式食品、飲料は、お預かりおよび機内持ち込みともにお断りしております。

お酒を持参したのですが、機内で飲むことはできますか。

免税店でお買い求めになったアルコール飲料および100mL以下の容器に入ったアルコール飲料は機内にお持ち込みいただけますが、機内でお飲みいただくことはできません。


国際線を利用する予定なのですが、食事は有料ですか。

すべての国際線直行便では、お食事サービスを無料で提供しております。

カナダ国内の都市を経由する国際線直行便をご利用の場合、国際線と国内線の便名が同一であるご旅程に限り、カナダ国内のフライトにおいてスナック1品とお食事1品を無料でご用意しています。たとえば、バンクーバー経由でトロントからオーストラリアのシドニーへご出発の場合、トロント-バンクーバー間のフライトでは無料スナックとお食事をお召し上がりいただけます。


機内ではどのような支払い方法が可能ですか。

エア・カナダおよびエア・カナダ ルージュ、エア・カナダ エクスプレス(Jazz運航)便でご利用いただけるお支払い方法は、クレジットカードのみ(Visa、MasterCard、American Express)となっております。

利用規約

  • 「エア・カナダ・ビストロ」バウチャーは機内ではご購入いただけません。
  • バウチャーは飛行時間が2時間以上の一部フライトでアルコール飲料を含む「エア・カナダ・ビストロ」メニューにご利用いただけます。
  • フライトによりメニューが異なる場合があります。
  • 「エア・カナダ・ビストロ」バウチャーは、エア・カナダならびにエア・カナダ ルージュ、エア・カナダ エクスプレス(Jazz運航)便でのみご利用いただけます。
  • 飛行時間が2時間~3時間15分のエア・カナダ エクスプレス(Jazz運航)便にご搭乗の場合は、メニュー設定が異なるため、バウチャーは最大13.57カナダドル/米ドル(税込み)分のスナックと交換していただけます。
  • バウチャーのご利用は航空券の名義人の方に限られ、第三者に譲渡することはできません。
  • バウチャーは免税品にはお使いいただけません。