渡航書類

旅程に含まれる各国/地域での出入国または乗り継ぎに必要なすべての有効な渡航書類の携行については、同行されるお子様の書類も含め、搭乗者が責任を負います。入国時と出国時で必要な書類が異なる場合がありますので、ご注意ください。

渡航者の出生国/地域によっては、カナダ入国時に特定の追加書類が必要となる場合があります。この規定は、カナダ入国後そのまま乗り継ぎ便に搭乗されるお客様にも適用されます。

特定国/地域のパスポート、ビザや検疫に関する詳しい情報は、IATA Travel Centre新しいウィンドウで開く、およびTravel and Tourism Canada新しいウィンドウで開くをご覧いただくか、訪問する国/地域すべての大使館、高等弁務団、領事館までお問合せください。

以下のオプションから該当するものを選択し、旅程別の渡航書類要件をご確認ください。

チェックイン時

ご搭乗便のチェックインの際、氏名および生年月日、性別が記載された政府発行の有効な身分証明書が必要となる場合があります。有効な身分証明書の例、およびその他の重要情報については、カナダ政府のPassenger Protect新しいウィンドウで開くプログラムのウェブサイトをご覧ください。

 

搭乗口にて

エア・カナダは、政府の規制に基づき、搭乗口における18歳以上に見える搭乗者全員の本人確認の実施を義務付けられています。身分証明書の氏名は、ご予約時の(チケットに記載の)氏名と一致する必要があります。搭乗者は搭乗口で、以下のいずれかを提示しなければなりません。

  • 政府発行の写真なしの有効な身分証明書2点(ただし、両者間で氏名が一致し、そのうち少なくとも1点に生年月日および性別が記載されていること)
  • 政府発行の写真付きの有効な身分証明書で、氏名、生年月日、性別が記載されているもの1点

次の場合は搭乗をお断りいたします。

  • 搭乗者の外見上の年齢が、政府発行の身分証明書に記載された生年月日と一致しない場合

 

お子様

18歳未満の搭乗者は、出生証明書原本、または政府以外の身分証明書(学生証など)をお持ちになることをお勧めします(お子様一人旅サービスをご利用の場合は必須)。

エア・カナダは、適切かつ有効な渡航書類に添付された写真と搭乗者の顔全体とを照合する法的義務を負います。また、渡航書類には、搭乗者の氏名、生年月日、性別が記載されている必要があります。

次の場合は搭乗をお断りいたします。

  • 適切かつ有効な渡航書類の提示を拒否した場合
  • 顔全体を見せることを拒否した場合
  • 渡航書類の顔写真と一致しない場合

身元を確認し安全を確保するため、ご予約には渡航書類に記載された通りの氏名をご使用ください。また、生年月日、性別を提示いただく場合もあります。

セキュア フライト プログラム

  • 米国運輸保安局(TSA)のセキュア フライト プログラムの規定により、以下のいずれかの路線を利用されるお客様は、出発72時間前まで(72時間以内のご予約についてはご予約時)にセキュア フライト情報を提出していただく必要があります。
    • 米国発着または経由便
    • 米国本土を横断するオーバーフライト(カナダ国内の2都市間を結ぶフライトを除く)

渡航書類

  • カナダおよび米国市民のお客様は、カナダ・米国間を空路でご旅行される際、有効なパスポートまたはNexusカード新しいウィンドウで開くを提示しなければなりません。
  • 二重国籍をお持ちのカナダ市民のお客様は、カナダ入国の際に有効なカナダ国パスポートを携行している必要があります。市民権証明書やその他、市民であることを証明する書類は、空路でご旅行される場合は、受けつけてもらえなくなりました。
  • 米国からカナダへ帰国されるカナダ永住権取得者および移民のお客様は、有効なパスポート永住者カード(PRカード)を携行している必要があります。
  • カナダ永住権取得者および移民のお客様が米国に一時渡航する場合、有効なパスポートと一時渡航者用ビザもしくはElectronic System for Travel Authorization (ESTA)新しいウィンドウで開く(電子渡航認証システム)が必要となります。
  • 米国永住権取得者および移民(NEXUSカード新しいウィンドウで開く保持者を含む)のお客様が、カナダ行きのフライトに搭乗する際、有効な電子渡航許可(eTA)新しいウィンドウで開くを入手しておく必要があります。 また、有効なパスポートと永住者カードまたは在留カード(フォーム I-551)も必要です。
  • ビザが免除されている外国市民権をお持ちのお客様は、カナダ行きのフライトに搭乗する前に、電子渡航認証(eTA)を入手しておく必要があります。電子渡航認証(eTA)が必要かどうか、あるいは申請の必要があるかどうかは、カナダ政府のウェブサイトの「カナダに空路で入国?新しいウィンドウで開く」ページでご確認ください。
  • 米国ビザ免除プログラム(VWP)対象国の市民権をお持ちのお客様は、米国行きのフライトに搭乗する際、有効なElectronic System for Travel Authorization (ESTA)新しいウィンドウで開く(電子渡航認証システム)が必要となります。
  • 10年間有効なB-1(商用)、B-2(観光)またはB-1/B-2米国ビザをお持ちの中国国籍のお客様は、米国をご旅行の際に、電子ビザ アップデートシステム(EVUS)新しいウィンドウで開くへの登録が必要となります。
  • その他の外国市民権をお持ちのお客様は、必ず必要な渡航書類(有効なパスポート、ビザ、永住者カードなど)すべてを携行してください。

エア・カナダは、適切かつ有効な渡航書類に添付された写真と搭乗者の顔全体とを照合する法的義務を負います。また、渡航書類には、搭乗者の氏名、生年月日、性別が記載されている必要があります。

次の場合は搭乗をお断りいたします。

  • 適切かつ有効な渡航書類の提示を拒否した場合
  • 顔全体を見せることを拒否した場合
  • 渡航書類の顔写真と一致しない場合

身元を確認し安全を確保するため、ご予約には渡航書類に記載された通りの氏名をご使用ください。また、生年月日、性別を提示いただく場合もあります。

 

セキュア フライト プログラム

  • 米国運輸保安局(TSA)のセキュア フライト プログラムの規定により、以下のいずれかの路線を利用されるお客様は、出発72時間前まで(72時間以内のご予約についてはご予約時)にセキュア フライト情報を提出していただく必要があります。
    • 米国発着または経由便
    • 米国本土を横断するオーバーフライト(カナダ国内の2都市間を結ぶフライトを除く)

 

カナダで乗り継ぎをされる米国発着便の搭乗者

エア・カナダまたはエア・カナダ ルージュ、エア・カナダ エクスプレス運航便は、カナダ政府のTransit without Visa (TWOV)プログラムおよびChina Transit Program (CTP)に参加している公認航空会社です。これにより、所定のアジア諸国の市民権をお持ちのエア・カナダ便ご搭乗のお客様は、バンクーバー空港、カルガリー空港、またはトロント-ピアソン国際空港(第一ターミナルのみ)を経由する米国発着便をご利用の場合、所定の条件を満たしていれば、カナダの一時滞在者ビザを取得する必要はありません。

カナダ経由のビザ免除のお乗り継ぎの詳細(英語)をご覧ください。

 

渡航書類要件

  • 二重国籍をお持ちのカナダ市民のお客様は、乗り継ぎのためだけにカナダに入国する場合も有効なカナダ国パスポートを携行している必要があります。市民権証明書やその他の市民であることを証明する書類は、空路でご旅行される場合、現在は受けつけてもらえません。
  • 米国永住権取得者および移民(NEXUSカード新しいウィンドウで開く保持者を含む)のお客様が、カナダから米国行きのフライトに搭乗する際、有効な電子渡航許可(eTA)新しいウィンドウで開くを入手しておく必要があります。 また、有効なパスポートと永住者カードまたは在留カード(フォーム I-551)も必要です。
  • ビザが免除されている外国市民権をお持ちのお客様は、カナダで乗り継ぎをされる米国発着便に搭乗する前に、電子渡航認証(eTA)を入手しておく必要があります。電子渡航認証(eTA)が必要かどうか、あるいは申請の必要があるかどうかは、カナダ政府のウェブサイトの「カナダに空路で入国?新しいウィンドウで開く」ページでご確認ください。
  • 米国ビザ免除プログラム(VWP)対象国の市民権をお持ちのお客様は、米国行きのフライトに搭乗する前に、Electronic System for Travel Authorization (ESTA)新しいウィンドウで開く(電子渡航認証システム)を取得しておく必要があります。
  • 10年間有効なB-1(商用)、B-2(観光)またはB-1/B-2米国ビザをお持ちの中国国籍のお客様は、米国をご旅行の際に、電子ビザ アップデートシステム(EVUS)新しいウィンドウで開くへの登録が必要となります。
  • その他の外国市民権をお持ちのお客様は、必ず必要な渡航書類(有効なパスポート、ビザ、永住者カードなど)すべてを携行してください。

カナダ-キューバ間を旅行する米国市民、米国の永住権保持者または米国管轄権下にあるお客様は、キューバ便搭乗の前に、空港で「Affidavit for Cuba Travel formPDFファイルを開く (キューバ旅行に関する宣誓供述書)」へのご記入、ご署名が必要となります。この宣誓供述書は、出発ゲートにご用意しています。

渡航の際には、キューバへの渡航許可証を保持していること、またはキューバへの渡航目的が以下のいずれかの渡航許可カテゴリーに該当することを、米国財務省外国資産管理局 (OFAC) に申告していただく必要があります。

  1. 親族訪問
  2. 米国政府および外国政府、政府間組織の公務
  3. ジャーナリズム活動
  4. 専門調査、専門会議
  5. 教育活動または人材交流
  6. 宗教活動
  7. 公演、講座、セミナー、運動・その他の競技会、展示会
  8. キューバ市民の支援
  9. 人道支援
  10. 私立財団または調査機関、教育機関の活動
  11. 情報または資料の輸出、輸入、伝達
  12. 特定の認可輸出取引
  13. キューバへの渡航許可証保持者

キューバに関する最近の変更についての概況報告書、OFAC 渡航許可のオンライン申請、キューバ旅行に関する指針など、キューバ制裁規制に関する具体的な情報は、米国財務省の資料PDFファイルを開くをご覧ください。

旅行に関して不明な点がある場合は、米国財務省外国資産管理局の公式サイト新しいウィンドウで開くを参照してください。


よくある質問

なぜ旅行理由を証明する必要があるのですか。また、宣誓供述書はどこで回収されるのですか。

現在米国政府は、米国市民や米国永住権保持者、米国管轄権下にある者がキューバに旅行する場合、理由を限定して渡航を許可しています。よって当該旅行者は、キューバ便が就航するカナダ国内の空港の出発ゲートで、米国財務省外国資産管理局 (OFAC) が規定する宣誓供述書に記入、署名する必要があります。

宣誓供述書への記入は、米国市民や米国永住権保持者、米国管轄権下にある者、ならびにその家族(乳幼児、子どもを含む)に課される義務です。米国政府の要請により、米国搭乗者は渡航許可カテゴリーのいずれかに該当することを証明し、また航空会社は搭乗者の旅行理由を把握し、保管するために、この宣誓供述書が必要なのです。     

この宣誓供述書記入の義務は、いつまで続くのですか。

米国政府が方針を変更しない限り、宣誓供述書への記入が必要となります。

エア・カナダは、適切かつ有効な渡航書類に添付された写真と搭乗者の顔全体とを照合する法的義務を負います。また、渡航書類には、搭乗者の氏名、生年月日、性別が記載されている必要があります。

次の場合は搭乗をお断りいたします。

  • 適切かつ有効な渡航書類の提示を拒否した場合
  • 顔全体を見せることを拒否した場合
  • 渡航書類の顔写真と一致しない場合

身元を確認し安全を確保するため、ご予約には渡航書類に記載された通りの氏名をご使用ください。また、生年月日、性別を提示いただく場合もあります。

 

米国を横断するオーバーフライト

米国を横断するフライトをご利用の場合は、セキュア フライト プログラムに関する重要情報をご確認ください。

 

ロシアを横断するオーバーフライト

航空会社は、ロシア領土の上空を通過するフライトをご利用のお客様全員の氏名および生年月日、性別、パスポート情報をロシア政府に提供するよう、規制によって義務付けられています。

 

渡航書類

  • カナダおよび米国市民を含むほぼすべての旅行者は、諸外国への入国の際に有効なパスポートを携行する必要があります。国によっては、ビザまたは電子ビザが義務付けられている場合があります。
  • 二重国籍をお持ちのカナダ市民のお客様は、カナダ入国の際に有効なカナダ国パスポートを携行している必要があります。市民権証明書やその他の市民であることを証明する書類は、空路でご旅行される場合、現在は受けつけてもらえません。
  • 諸外国からカナダへ帰国されるカナダ永住権取得者および移民のお客様は、有効なパスポート永住者カード(PRカード)を携行している必要があります。
  • カナダへ入国の際にビザが必要となる国籍をお持ちの方で、カナダで就学または短期労働をされる方は、有効な就学許可証または労働許可証をお持ちの場合も、諸外国から帰国の際は、有効なビザを保持している必要があります。ビザが免除されている国の市民権をお持ちの方が、2015年8月1日より前に就学または労働許可証を申請もしくは受け取っていた場合、電子渡航許可(eTA)新しいウィンドウで開くが必要となります。
  • ビザが免除されている外国市民権をお持ちのお客様は、カナダ行きのフライトに搭乗する前に、電子渡航認証(eTA)を入手しておく必要があります。電子渡航認証(eTA)が必要かどうか、あるいは申請の必要があるかどうかは、カナダ政府のウェブサイトの「カナダに空路で入国?新しいウィンドウで開く」ページでご確認ください。
  • その他の外国市民権をお持ちのお客様は、必ず必要な渡航書類(有効なパスポート、ビザ、永住者カードなど)すべてを携行してください。

パスポート(旅券)

カナダへの帰国を含め、ほぼすべての諸外国からの出入国または経由には有効なパスポートが必要となります。有効なパスポートをお持ちでない場合は、旅行プランに余裕を持って新しいパスポートを申請されることを強くお勧めします。

国によっては、帰国日からか月または6か月先まで有効なパスポートの所持が義務付けられている場合があります。渡航先の国に、3か月または6か月のルールが適用されるのかは、IATA Travel Centre新しいウィンドウで開く、またはTravel and Tourism Canada新しいウィンドウで開くのサイトで確認いただけます。

パスポートは良好な状態にあることを確認してください。通常の摩耗を超えた損傷のあるパスポートは受けつけてもらえませんのでお気をつけください。パスポートの損傷の例は、Canadian Passport Program新しいウィンドウで開くのウェブサイトで確認いただけます。ご自分のパスポートの状態に懸念がある場合は、Canadian Passport Program新しいウィンドウで開く、または該当する国の大使館、高等弁務団、領事館にご連絡ください。

  • 諸外国からカナダへ帰国されるカナダ永住権取得者および移民のお客様は、有効なパスポート永住者カード(PRカード)を携行している必要があります。
  • 二重国籍をお持ちのカナダ市民のお客様は、カナダ入国の際に有効なカナダ国パスポートを携行している必要があります。市民権証明書やその他、市民であることを証明する書類は、空路でご旅行される場合、現在は受けつけてもらえません。

ビザ(査証)

各国固有のパスポートやビザ、健康上の条件などの詳細は、IATA Travel Centre新しいウィンドウで開く、またはTravel and Tourism Canada新しいウィンドウで開くのサイトをご確認ください。

  • 入出国または乗り継ぎを予定しているあらゆる国で必要な渡航書類については、該当する国の大使館、高等弁務団、領事館で確認してください。
  • 現在では、紙面によるビザではなく電子ビザを発行する国が増えています。電子ビザの申し込みは、出発前にオンラインで行う必要があります。電子ビザは目的地の入国管理官に提示する必要があるため、ご旅行の前に印刷して携行してください。この電子ビザの印刷コピーを所有していない旅行者は、入国を拒否されることがあります。
  • ビザの申請のために外国公館へのパスポートの郵送が必要になることもあるため、申請手続きは出発日までに余裕を持って、早めに行ってください。
  • 国によっては、パスポートの有効期限が所定の期間を満たしていないとビザが発給されない場合もあります。
  • ご旅行中に第三国からビザを申請される場合は、さらに日数がかかる可能性がありますのでご注意ください。

出入国要件

入国の際には、滞在に十分な所持金があること、ならびに次の訪問先への入国資格を証明できるよう準備しておかなければなりません。例えば、入国条件にビザがある場合は、ビザを携帯してください。復路または次の国への航空券がない場合は入国を拒否する国も多く存在します。

国によっては出国の際にも審査を行っており、出国許可証や現地諸税の領収証(適用される場合)、各種料金の領収書などが必要となるほか、ビザの期限切れによる不法滞在が発覚した際には高額な罰金が課されることもあります。また、認識されたホテル以外の場所に滞在する場合、現地規制機関への登録を義務付けている国もあります。この手続きを怠ると出国が遅れたり、罰金の対象となる可能性がありますのでご注意ください。

パスポート(旅券)

カナダ市民がパスポートを必要とする外国に渡航する際は、お子様を含むすべての渡航者が各々パスポートを所持する必要があります。カナダではお子様が親のパスポートで旅行することは許可されていません。

 

出入国要件

お子様連れで海外へお出かけの場合は、前もってIATA Travel Centre新しいウィンドウで開く、およびTravel and Tourism Canada新しいウィンドウで開くサイトを確認するか、すべての入国予定の国の大使館、高等弁務団、領事館にお問い合わせいただき、出入国に関する規定をご確認ください。

 

その他の渡航書類

お子様連れで海外へお出かけの場合、以下の書類を1つ以上提出することを義務付けている国があります。

  • 両親の氏名が明記された出生証明書
  • 親権に関する法的書類(裁判所命令、特異な状況を説明した旅行同意書)
  • 親権者同意書または渡航許可供述書(片親が同行する場合はもう一方の親の日付入り署名、お子様一人旅の場合は両親の日付入り署名が必要となります。)
  • 死亡証明書(片親が他界している場合)

 

カナダのパスポートをお持ちの未成年者の署名について

親または法的保護者の方がお子様のカナダのパスポートに署名することは禁じられています。お子様のパスポートに署名をするとそのパスポートは無効となりますので、3ページの署名の欄は空欄にしてください。

詳細についてはCanadian Passport Program新しいウィンドウで開くのウェブサイトをご確認ください。