事前旅客情報システム(APIS)

事前旅客情報システム(APIS)の規制に従い、エア・カナダをはじめとする各航空会社では、カナダに入国する全搭乗者(米国や日本を含む諸外国発着のフライトを含む)に関する情報を事前に収集しています。これらの情報はテロを未然に防止し、航行の安全を確保する目的で使用されます。

よくある質問

現在多くの政府が、自国に入国する全搭乗者に関する情報(事前旅客情報)の提出を航空会社に義務付けています。

現在これらの国で提出が必要となりますが、予告なく変更される場合がありますのでご注意ください

事前旅客情報システム(APIS)に関する詳細は、カナダ国境サービス庁(Canada Border Services Agency)新しいウィンドウで開くのウェブサイトをご覧ください。

事前旅客情報を提出するには、複数の方法があります。

  • ご出発当日前までにオンライン版のAPIフォームに記入します(オンラインAPIフォームを表示新しいウィンドウで開く)。これでチェックイン時のフォーム提出が不要となります(必要な情報が不足している場合を除く)。このフォームは修正可能なため、情報に誤りや変更があった場合は随時更新できます。
  • 次の方法でチェックイン時に提出することもできます。
    • オンラインチェックイン
    • モバイルチェックイン
    • 空港キオスクチェックイン

APIの提出が義務付けられている国への出入国には、次の情報が必要となります。

  • フルネーム*(姓、名、該当する場合はミドルネームを含む)
  • 性別*
  • 生年月日*
  • 国籍
  • 居住国
  • 渡航書類の種類(通常はパスポート)
  • 渡航書類番号(パスポートの場合は有効期限と発行国を含む)
  • 米国の滞在先住所(米国市民、永住権保持者、外国人居住者は不要)

 

* 米国セキュア フライト プログラム

米国運輸保安局(TSA)のセキュア フライト プログラムの規定により、以下の路線をご利用されるお客様は、出発72時間前まで(72時間以内のご予約についてはご予約時)に、パスポートに記載の氏名(フルネーム)および生年月日、性別を提出していただく必要があります。

  • 米国発着または経由便
  • 米国本土を横断するオーバーフライト(カナダ国内の2都市間を結ぶフライトを除く)
    • エア・カナダでは、現在オンラインおよびエア・カナダ予約センターからのご予約に関して、セキュア フライト オーバーフライト情報を収集しています。

レッドレス番号をお持ちの方は、併せてご提示ください。

事前旅客情報は、連邦データベース「Interagency Border Inspection System (IBIS)」と照合されます。お名前はFBIが管理する全米犯罪情報センターの指名手配犯データベースとも照合されます。

エア・カナダをはじめとするすべての航空各社は、各政府当局より搭乗者全員のAPIを提出するよう義務付けられています。このため搭乗者がAPIの提出を拒否する場合は、これらの国から入国を拒否されることになるため、ご予約のフライトにご搭乗いただくこともできません。