読み込んでいます...

読み込んでいます...

出発前に確認すべき入国要件

カナダ政府は、外国人の不要不急の渡航を制限しています。不要または任意の目的で外国人(カナダ市民または永住権保持者以外)がカナダに入国することは認められません。不要不急の渡航には、ツアー、観光、余暇、娯楽、社交目的の訪問、宗教行事などを目的としたものが含まれます。

最新更新日:

ここでは、各国政府が規定する入国要件と空の旅に関連する新型コロナウイルス感染症(COVID-19)安全対策について最新情報をご案内しています。大幅な遅れなく、ご旅行がスムーズで楽しいものとなるよう、また入国の際に政府強制措置の対象とならないよう、このページの情報を事前にご確認ください。

新型コロナウイルス感染拡大を防ぐため、各国政府はさまざまな渡航制限を導入しています。これらの渡航制限は、事前勧告なしで施行または変更される場合があります。目的地の当局にお問い合わせいただき、ご予約前とご出発前に再度、最新の情報をご確認いただきますようお願いします。

入国に関して虚偽または誤解を招く情報をエア・カナダに故意に提供した場合、カナダ政府から罰金を科される可能性があります。

ご利用の航空会社がエア・カナダかどうかに関わらず、旅程に含まれる国/地域での出入国または乗り継ぎに必要な有効な渡航書類(同行されるお子様の書類も含みます)を携行することは、お客様の責任となります。

渡航先の国によっては、ご出発前にフォームと新型コロナウイルス(COVID-19) PCR検査結果の提出が必要です。

エア・カナダでは、このページに最新情報を掲載するよう努めておりますが、政府による指導・規制は絶えず変化するため、正確な情報を提供できない場合があります。最新の情報については、該当の政府当局に直接お問い合わせください。

各国のパスポート、ビザ、検疫に関する詳細は、IATA Travel Centre、およびTravel and Tourism Canadaをご覧いただくか、渡航先の国/地域の大使館、高等弁務団、領事館までお問い合わせください。

入国時と出国時で必要な書類が異なる場合がありますのでご注意ください。

安全衛生対策

カナダ発着便またはカナダ国内線をご利用のお客様は、ご搭乗前に健康状態に関する質問にお答えいただく必要があります。虚偽または誤解を招くような回答はお控えください。

  • 熱、咳、息切れなどの症状はありますか。
  • 新型コロナウイルス感染症にかかってますか、またはその疑いはありますか。
  • 新型コロナウイルス感染症に関連する健康上の理由から、過去14日間に航空会社に搭乗を断られたことがありますか。
  • 直近の渡航歴があり、現在、強制隔離措置または公衆衛生命令を受けていますか。

お客様とスタッフの安全と健康を守るため、熱や息切れ、咳がある方、またこうした症状が原因で過去14日間に搭乗を拒否された方の渡航は、症状が新型コロナウイルス感染症とは無関係であるという診断書をお持ちの場合を除き認められません。また、最終目的地の国、州、準州の政府が導入する予防措置の対象となる可能性があります。

体温チェック

空港では、ご搭乗前に赤外線による体温チェックが義務付けられています。また、すべてのお客様に空港・機内でのマスク(フェイスカバー)の着用をお願いしております。新型コロナウイルス感染症とは無関係であるという診断書をお持ちでなく、発熱がみられる場合は、14日間搭乗をお断りする場合がございますのでご了承ください。

マスク着用の義務化

カナダ運輸省の規制により、2歳以上のお客様はマスク(フェイスカバー)の着用が義務付けられています。マスクを着用できない2歳以上6歳未満のお子様については、いつでも着用できるよう保護者の方の手元にマスクを用意しておくことを条件にマスク着用が免除されます。

マスクは、コットンなどの吸湿性の高い素材で作られており、鼻と口をきちんと覆い、紐または耳掛けで頭部にしっかりと固定できるものである必要があります。カナダ運輸省の規定では、排気弁付き、またはメッシュやレース素材の非医療用マスク、ネックゲイター、バンダナ、プラスチック製のフェイスシールド/カバーなどは、新型コロナウイルス(COVID-19)への感染予防効果は期待できないとされており、空港・機内での使用は認められておりません。マスクを着用いただけない場合は、カナダ運輸省に報告され、罰金が科される可能性があります。空港・機内では、ID確認などの目的でマスクを外すようお願いする場合がございます。その際は、係員の指示に従い、マスク本体を触らないように紐・ゴム部分をもって外してください。

適切なマスクの種類と使い方についてはこちらをご覧ください。

診断書

次の2つの条件を満たしている方は、マスク着用が免除されます。

  1. 健康上の理由等によりマスクを着用できないことを示す診断書があり、エア・カナダからマスク着用免除の許可を得ている。詳細は、エア・カナダ メディカルアシスタントデスクまでお問い合わせください。ヨーロッパ出発便をご利用の場合は、ご出発前に空港にて診断書をご提示いただく必要があります。
  2. 2020年12月15日以降の便で、ご出発72時間前以内に実施された新型コロナウイルス検査の陰性結果を空港でのチェックイン時および搭乗前に提示している。復路便の出発日が検査実施後72時間を過ぎている場合は、復路便のご利用前に再度検査を受け、陰性結果をご提示いただく必要があります。

チェックインおよびご搭乗をもって、上記の要件を理解し、これらの安全対策にご協力いただくことを承諾いただいたとみなされます。

機内で熱や咳、息切れなどの症状が出た場合は、すぐに乗務員までお知らせください。

カナダ国内線

目的地への到着後、州、準州、自治体による新型コロナウイルス感染予防措置が適用される可能性があります。入州時のフォーム記入や到着後の自己隔離など、州/準州間および州/準州内の不要不急の移動を制限する各種措置が講じられています。目的地の規制をよくご確認いただきますようお願いします。

州および準州の新型コロナウイルスに関するお問い合わせ先は、カナダ公衆衛生庁のウェブサイトまたは各州政府のウェブサイトをご覧ください。

カナダの州および準州の移動規制を示したインタラクティブマップは、こちらでご覧いただけます。

カナダへの入国

【最新】新型コロナウィルス検査陰性証明書提示の義務付けについて

 

2021年1月7日カナダ東部時間の12:00amより:

  • カナダへ渡航する5歳以上の全ての国際線旅客に対し、出発前に新型コロナウィルス検査(PCR検査、NAT/NAAT式、またはLAMP式)の陰性証明書(英語または仏語のもの、電子版も可)の提示が義務付けられます。
  • 新型コロナウィルス検査は、出発前72時間以内に受診してください。
  • 2021年1月14日カナダ東部時間の00:01以前に、下記のいずれかの国からカナダへ出発する場合、出発の96時間以内に受診した新型コロナウィルス検査(PCR検査、NAT/NAAT式、またはLAMP式)の陰性証明書(英語または仏語のもの、電子版も可)を提示してください: アンティグア・バーブーダ、アルバ、バハマ、バルバドス、バーミューダ、ボネール、ブラジル、コロンビア、コスタリカ、キューバ、キュラソー、ドミニカ共和国、エルサルバドル、エチオピア、グアドループ、ギアナ、ジャマイカ、マルチニーク、メキシコ、パナマ、サバ、セントルシア、サン・マルタン/シント・マールテン、シント・ユースタティウス、セントビンセント及びグレナディーン諸島、トリニダード・トバゴ、タークス・カイコス
  • カナダ連邦政府により、新型コロナウィルス検査の受診が出来ない国からの渡航者であると判断された場合は、カナダ到着後、カナダ公衆衛生庁指定の検疫所において14日間の検疫が必要となります。
  • 新型コロナウィルス検査の陰性証明書を取得しても、カナダ入国後の14日間の自己隔離は引き続き義務付けられていますのでご注意ください。

 

以下に該当する場合に限り、新型コロナウィルスの陰性証明書の提示は必要ありません:

  • カナダ連邦政府により、新型コロナウィルス検査の受診が出来ない国からの渡航者であると判断された場合は、カナダ到着後、カナダ公衆衛生庁指定の検疫所において14日間の検疫が必要となります。
  • カナダに入国することなく、カナダを経由して他の国へ出発する場合(最終目的地の渡航要件を満たしているかどうか、必ずご確認ください。)

在外検査機関に関する連邦カナダ政府からの情報:

  1. https://travel.gc.ca/travelling/advisories をご覧ください。
  2. 国名を選択
  3. “Health” をクリック
  4. 下へスクロールして “Medical services and facilities”を探す
  5. “Local COVID-19 testing facilities”をクリックする

これらの指針は今後変更になる場合があります。カナダ連邦政府による公式な最新情報については、travel.gc.ca をご参照ください。

カナダ連邦政府は新しい検査要件に関する よくある質問 のリストを公開しています。政府が実施する方針に関する質問については、連邦カナダ政府、または カナダ大使館/領事館にお問い合わせください。

予約に関するお問い合わせ
便の変更をご希望の場合は、旅行代理店にお問い合わせいただくか、1-888-247-2262までご連絡ください。 その他の電話番号については、www.aircanada.com/othernumbersでご確認ください。

カナダ連邦政府から入手した情報を順次掲載した、エア・カナダウェブサイト内のCOVID-19 に関するページ もご参照ください。

カナダへ空路入国するすべての旅行者には、新型コロナウイルス感染症に関する本人の情報をArriveCANを通して提出することが義務付けられています。

ArriveCANは無料のモバイルアプリとして、またはオンラインでサインインすることにより、ご利用いただけます。
早速無料アプリをダウンロード(iOS版またはAndroid版)。

ご搭乗前に:

ArriveCANを利用して次の事項を提出する必要があります。

  • 渡航情報および連絡先
  • 自主隔離プラン(強制隔離命令で規定されている条件に基づき免除される場合は除く)
  • 新型コロナウイルスの感染症状に関する自己診断

また、カナダ入国の際にArriveCANのレシートを入国審査官に提示し、情報を提出済みであることを証明する必要があります。

情報の事前提出を怠った場合、口頭での厳重注意から最高1,000ドルの罰金までの処分が科せられる可能性があります。

最終目的地がカナダではない乗り継ぎのお客様の場合、この情報を提出していただく必要はございません。

カナダへの入国後:

強制隔離命令で規定されている条件に基づき免除される場合は別として、カナダ入国後48時間以内にArriveCANを利用して、以下を行っていただく必要があります。

  • 所定の隔離場所に到着したことを確認する
  • 隔離期間中、毎日新型コロナウイルスの感染症状に関する自己診断を実行する

詳細はCanada.ca/ArriveCANをご覧ください。

カナダ政府は、外国人の不要不急の渡航を制限しています。不要または任意の目的で外国人(カナダ市民または永住権保持者以外)がカナダに空路で入国することは認められません。不要不急の渡航には、ツアー、観光、余暇、娯楽、社交目的の訪問、宗教行事などを目的としたものが含まれます。

新しい免除規則 – 温情的措置

2020年10月31日より、保健大臣により次のいずれかの目的以外には隔離場所を離れないと判断された場合、および次の目的以外に隔離場所を離れない場合は、自主隔離規則が免除されます。

  • カナダ市民、永住権保持者、一時滞在者、被保護者、またはインディアン法において登録されているインディアンで、カナダに居住しており、資格を有する医療従事者によって重篤であると判断された人物の臨終に立ち会う、もしくはサポートするため
  • カナダ市民、永住権保持者、一時滞在者、被保護者、またはインディアン法において登録されているインディアンで、カナダに居住しており、資格を有する医療従事者によってサポートを必要とする健康上の理由があると判断された人物を介助するため
  • 葬儀に参列するため

温情的理由によるカナダ入国制限の免除を希望する旅行者は、カナダ公衆衛生庁が発行した書類を携行する必要があります。

入国制限の免除に関する詳細や免除申請書の入手方法については、カナダ政府ウェブサイトをご覧ください。

入国要件と渡航制限



搭乗地 カナダ人 外国人
国際線

〇 − カナダ市民、永住権保持者、有効な渡航書類を持っているそのご家族は、カナダへの入国が認められています。

× − カナダ経由の乗り継ぎのみ許可されています。( 「カナダ経由の乗り継ぎ」をご確認ください)

米国路線

〇 −カナダ市民、永住権保持者、有効な渡航書類を持っているそのご家族は、カナダへの入国が認められています。

「米国からカナダに渡航する外国人の入国条件」をご確認ください。

カナダ政府により、家族および学生に関する一部の条項が更新されています(2020年10月31日まで有効です)。条項の変更点については、カナダ政府ウェブサイトをご覧ください。

すべての外国人(カナダ市民または永住権保持者以外)は、国外からカナダに空路で入国する際に入国を拒否される可能性があります。カナダ政府は国外への不要不急の渡航を制限しているため、ツアーや余暇、娯楽など、任意の目的による渡航は認められません。外国人がカナダ入国を拒否された場合、その後の渡航関連費用は自己負担となります。

渡航制限の免除

2020年4月22日より、カナダ政府は渡航制限に例外を設けることを発表しました。渡航制限の免除対象者およびカナダへの入国許可対象者に関する詳細は、カナダ移民・難民・市民権省の新型コロナウイルス感染症に伴う渡航条件に関するウェブページでご確認いただけます。

外国籍のお客様は、カナダ到着便のご搭乗前に上記の入国要件と渡航制限を必ずお読みになり、新型コロナウイルス感染症に関連するカナダ政府の緊急事態措置の下でカナダ入国を禁止されていない旨を、エア・カナダへご連絡ください。

該当する緊急事態措置について、ご予約前または空港到着前に必ず一読ください。ご搭乗前に、その内容を読み理解されていることを確認させていただきます。

米国からの便: 新型コロナウイルス感染症の拡大リスクを最小化するためのカナダの措置(米国からカナダへの入国禁止)

米国外からの便: 新型コロナウイルス感染症の拡大リスクを最小化するためのカナダの措置(米国外からカナダへの入国禁止)

2020年3月26日より、カナダへの入国または帰国が認められたすべての渡航者に対し、自主隔離が義務付けられています。ただし、物資や人の輸送に従事する労働者は免除されます。14日間は人との接触を極力避け、症状を慎重に観察していただくようお願いします。

詳細は、カナダ公衆衛生庁の新型コロナウイルス渡航情報に関するウェブページをご覧ください。

米国への入国

目的地への到着後、現地政府による新型コロナウイルス感染予防措置が適用される可能性があります。入国時のフォーム記入や到着後の自己隔離など、不要不急の移動を制限する各種措置が講じられています。

ご出発前に、米国疾病予防管理センターのウェブサイトで渡航先の最新勧告とガイドラインをご確認ください。詳細はこちらをご覧ください

目的地の規制を確認し把握しておくことは、ご搭乗者個人の責任となります。

米国市民または米国の法的永住者でない渡航者は、米国への乗り継ぎ目的でカナダへ入国することは認められていません。

以下の米国緊急事態修正条項の対象国から出発する米国市民または法的永住者は、同日中にカナダ経由で乗り継ぐことが認められています。

オーストリア、ベルギー、ブラジル、中国、チェコ共和国、デンマーク、エストニア、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、ハンガリー、アイスランド、イラン、アイルランド、イタリア、ラトビア、リヒテンシュタイン、リトアニア、ルクセンブルグ、マルタ、オランダ、ノルウェー、ポーランド、ポルトガル、スロバキア、スロベニア、スペイン、スウェーデン、スイス、イギリス。

米国政府は、2020年2月2日午後5時(米国東部時間)付で新たな入国要件を導入しました。

過去14日間に米国政府の入国要件に記載されたいずれかの国に滞在した米国のパスポート/グリーンカードを保持する米国市民または永住者は、米国への渡航が認められます。過去14日間に以下のいずれかの国に滞在した米国市民またはグリーンカード保持者以外の渡航者には、規制が適用されます。

  1. 中華人民共和国(香港、マカオ特別行政区を除く)
  2. イラン・イスラム共和国
  3. シェンゲン圏(国境検査を廃止した欧州の26か国からなる区域): オーストリア、ベルギー、チェコ共和国、デンマーク、エストニア、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、ハンガリー、アイスランド、イタリア、ラトビア、リヒテンシュタイン、リトアニア、ルクセンブルグ、マルタ、オランダ、ノルウェー、ポーランド、ポルトガル、スロバキア、スロベニア、スペイン、スウェーデン、スイス
  4. イギリス(欧州外の海外領土を除く)
  5. アイルランド共和国
  6. ブラジル連邦共和国

旅行に関するご相談は、旅行代理店または1-888-247-2262までお問い合わせください(海外のお問い合わせ先については、こちらをクリックしてください)。アエロプラン特典航空券をお持ちのお客様は、1-800-361-5373までご連絡ください。

追加情報については、米国政府のウェブサイトをご覧ください。



よくある質問



いいえ。免除対象者に該当しない限り(次の質問を参照)、エア・カナダ便(または他の航空会社の米国便)にはご搭乗いただけません。

払い戻しなどのご相談は、旅行代理店または1-888-247-2262までお問い合わせください(海外のお問い合わせ先については、こちらをクリックしてください)。アエロプラン特典航空券をお持ちのお客様は、1-800-361-5373までご連絡ください。

米国政府は、以下を免除対象者としています。

  • 米国市民または法的永住者の配偶者である外国人
  • 未婚で21歳未満の米国市民または法的永住者の親または法的保護者である外国人
  • 未婚で21歳未満の米国市民または法的永住者の兄弟姉妹である外国人
  • 米国市民または法的永住者の実子、養子、被後見人である外国人、またはIR-4またはIH-4ビザの分類で養子縁組みのために米国入国を希望する外国人
  • ウィルスの感染拡大防止・緩和を目的に、米国政府の招聘により渡航する外国人
  • INAのセクション101 (a)(15)(C)または(D)、8 U.S.C. 1101(a)(15)(C)または(D)に従って非移民として渡航するクルーまたは米国へ渡航するその他の航空機・船舶の乗務員である外国人
  • A-1、A-2、C-2、C-3 (外国政府職員またはその家族)、G-1、G-2、G-3、G-4、NATO-1からNATO-4またはNATO-6ビザに従って米国への入国または乗り継ぎを希望する外国人
  • CDCディレクターまたはその代理人によって、ウィルスの持込、感染、感染拡大をする顕著なリスクがないと判断された外国人
  • 米国司法長官またはその代理人の推薦に基づき、国務長官、国土安全保障長官、またはそれぞれの代理人により米国の法執行目的のためより重要であると判断された外国人
  • 国務長官、国土安全保障長官、またはそれぞれの代理人により、入国することが国益にかなうと判断された外国人

最新情報については、米国政府のウェブサイトをご覧ください。

英国入国のために不可欠な情報

英国ではCOVID-19の拡散を阻むための措置を講じています。

  1. ご自分および他者の健康を保護するため、旅客は誰もが英国に到着する前に、オンラインでパッセンジャーロケーターフォームに必要事項を記入する必要があります。
  2. 到着から14日間は自己隔離を求められる場合があります。免除国リストの確認は、同リストは急に変更される場合もあるため、ご旅行の直前に行うようにしてください。
  3. 英国内の公共交通機関においては、マスクの着用は法的要求事項となっています。

上記の措置の順守を怠ることは、犯罪行為であり罰金を科される場合があります。詳細な公衆衛生上のアドバイスや英国入国の要件については、www.gov.uk/uk-border-controlをご覧ください。

英国に渡航する旅客に対するさらなるアドバイスについては、https://www.gov.uk/coronavirusをご覧になってください。

国外への渡航

ご出発前に、下記の政府ウェブサイトを参考に目的地の入国要件をご確認ください。

要件は国よって異なり、たとえば入国フォームをオンラインで入力して送信する国もあれば、印刷して搭乗前に空港で提示するよう定めている国もあります。入国要件に従わなかった場合、空港や入国審査で遅れが生じることがあります。また入国を拒否されたり、政府強制措置の対象となる可能性もあります。

目的地への到着後、現地政府による新型コロナウイルス感染予防措置が適用される可能性があります。入国時のフォーム記入や到着後の自己隔離など、不要不急の移動を制限する各種措置が講じられています。目的地の規制をよくご確認いただきますようお願いします。

各国のパスポート、ビザ、検疫に関する詳細は、IATA Travel Centre、およびTravel and Tourism Canadaをご覧いただくか、渡航先の国/地域の大使館、高等弁務団、領事館までお問い合わせください。

リンクは新しいウィンドウで表示されます。いくつかのリンクは特定のブラウザでしか表示されません。

新型コロナウイルス検査 渡航先の国によっては、ご搭乗前またはご到着時に新型コロナウイルスPCR検査の陰性証明書を提出する必要があります。陰性証明書は、ご出発前の指定期間内に検査、発行されたものでなければなりません。
アスタリスク[*]が付いている国では、関係当局の独自の裁量により、無作為に選ばれた搭乗者に対して検査が実施される場合があります。
ご出発前に、政府ウェブサイトを参考に目的地の入国要件をご確認ください。
ご出発前に、下記の政府ウェブサイトを参考に目的地の入国要件をご確認ください。一部のリンクは特定のブラウザにのみ対応しています。
カナダか
らの入国可能
チェックマークが付いている国は、入国フォームに関する要件(事前にオンラインで入力して送信する、または搭乗時もしくは到着時に印刷したものを提示するなど)をはじめ、独自の入国要件を定めています。
出発前 到着時
到着後の
自己隔離
一部の国は、現地の新型コロナウイルス検査体制に応じて、自己隔離要件を緩和または解除しています。
アスタリスク[*]が付いている国では、特定の条件を満たしている場合には自己隔離要件が調整される場合があります。
ご出発前に、政府ウェブサイトを参考に目的地の入国要件をご確認ください。

カナダ経由の乗り継ぎ

出発地を問わず、カナダ経由での他国への乗り継ぎは認められています。

カナダで乗り継ぎをお考えの方は、以下の点にご注意ください。

  • 最終目的地がカナダではない乗り継ぎのお客様の場合、渡航情報、連絡先、自主隔離情報、新型コロナウイルスの感染症状に関する自己診断などをArriveCANを通して提出していただく必要はございません。
  • カナダの到着空港で国際線から国際線のターミナルにお乗り継ぎいただけます。
  • 妥当な時間内(24時間など)に同一空港で発着する必要があります。
  • 空港の外に出ることは認められません。制限エリア内/エアサイドにて待機していただくようお願いします。
  • カナダ出国前に、乗り継ぎで別のカナダの空港に国内移動すること(CUN-YYZ-YVR-NRTなど)は認められません。
  • 乗り継ぎ搭乗者とは、乗り継ぎエリアで関税(CBSA)を通過する必要がなく、手荷物を受け取って後続便に搭乗するためにカナダに正式に入国するお客様を指します。