機内持ち込み手荷物

どのような品目が機内に持ち込めるかわからない場合、憶測は禁物です。梱包の際は以下のガイドラインをご参照ください。

  手荷物 身の回り品
最大サイズ 23cm x 40cm x 55cm
キャスターとハンドル部分もサイズに含みます。
16cm x 33cm x 43cm
最大重量 10kg 10kg
すべての路線 機内持ち込み手荷物許容量*:
手荷物1個身の回り品1個


*幼児(座席なし)をお連れのお客様は、手荷物を1個余分にお持ち込みいただけます。

重要: エア・カナダでは機内持ち込み手荷物規定の全項を厳格に順守しています。最大重量および最大サイズを超える手荷物は受託手荷物としてお預けいただく必要があります。その際には超過手荷物料金が徴収される場合があります。

手荷物・身の回り品の例(規定サイズ内のもの)

  • キャリーバッグ、ローラーバッグ、バックパック、ブリーフケース
  • ノートパソコン
  • キャリーケースに入れた猫または小型犬
  • 免税品など空港での購入品
  • ラケット(テニス、スカッシュ、バドミントンなど)
  • カメラケース
  • ガーメントバッグ(サイズと重量の規定が適用されます)
  • 外交封印袋または領事封印袋
  • 楽器

以下の品目は手荷物許容量に加えて機内にお持ち込みいただけます。

  • コートやジャケット
  • バッグ(25cm x 30cm x 14cmを超えないもの)。
    • このサイズを超えるバッグは機内持ち込み手荷物と見なされます。
  • 幼児の身の回り品(おむつバッグなど)
  • ベビーカー(折りたたんだ状態で幅が25.5cm、長さが92cmを超えないもの)
  • チャイルドシート(幼児/子供が座席を使用する場合)
  • 特別な手荷物
    • 下記の「特別な手荷物」セクションをご覧ください。
  • 小型電子機器(携帯電話、MP3プレーヤーなど)
  • 機内での軽食およびお食事:
    • お食事はすべて包装するか容器に入れてお持ち込みください。
    • お持ち込みになったアルコール飲料は、機内でお飲みいただくことはできません
    • 液体類は、手荷物検査を通過後にお買い求めください。

以下の品目は手荷物許容量にかかわらず、いかなる場合でも機内にお持ち込みいただけます。

  • 移動介助器具(歩行用装具やステッキ、松葉杖、歩行器、コミュニケーション機器など*)やその他の特殊な器具
  • 生命維持関連品を収納した容器
  • 医薬品(ラベルが貼付された元の容器に入った状態)
  • バッテリー式医療機器(CPAP装置や睡眠時無呼吸防止装置)および携帯用酸素濃縮器
  • 火葬された遺骨**
  • 個人の医療用目的の注射器や針(例:エピペン)など。針にキャップをつけたものに限り、処方薬と、その処方元の医療機関・薬局ならびに医薬品の名称を明記したラベルをお持ちであることが条件です。

*搭乗者の意思疎通を補助する機器(拡大・代替コミュニケーション(AAC)機器など)。
** 火葬された遺骨は、密閉可能な骨壷や紙/木製の箱など、X線検査可能な容器に収めてある場合は機内にお持ち込みいただけます。遺灰を持ち込む場合は、火葬証明書または死亡証明書は不要です。国際線に関しては、経由国、到着国の各国の渡航に必要な書類や証明書を、各自でご確認いただく必要があります。その他のご遺体の輸送に関しては、エア・カナダ コールセンターまでご連絡ください。

液体物またはジェル状のものは、100mL/100g(3.4oz)以下の容器に入ったもののみ機内にお持ち込みいただけます。この規定を超えるものは、手荷物検査場にて没収されます。

乗り継ぎ便をご利用のお客様は以下のような場合、空港免税品店や機内にて100ml/100gを超える容器に入った液体またはジェル状の商品をお買い求めにならないよう勧告いたします。

  • 乗り継ぎ便へご搭乗の前に受託手荷物を受け取れない場合
  • 乗り継ぎ便に手荷物をお預けになる前に、免税ご購入品を受託手荷物に収納できない場合

以下は機内持ち込み禁止品目の一例です。これらの品目は必ず受託手荷物としてお預けください。

  • カミソリと替刃
  • 刃渡り6cm以上の先端が鋭利なハサミ
  • カッターナイフ
  • 手斧
  • 狩猟用ナイフ、ジャックナイフ(スイスアーミーナイフ)、包丁などを含む刃物(刃渡りは問いません)
  • のこぎりやドリルなど、ヘッドとシャフト部分が6cm以上ある工具
  • 長さ6cm以上のゲーム用ダーツ、タックルボックス、釣り針/ルアー、クロスボウ、矢

例外: 医療用の針や注射器などは、針にキャップをつけたものであれば持ち込み禁止品目から除外されます。ただし、処方薬と、その処方元の医療機関・薬局ならびに医薬品の名称を明記したラベルをお持ちであることが条件です。

次の機器の機内での使用は固く禁止されています。

  • ワイヤレスマウス
  • Bluetoothヘッドセット
  • 無線送信機
  • 無線操作機器または玩具
  • プリンターおよびコンピュータ周辺機器
  • レーザーポインター

上記の品目は適切に収納した上で受託手荷物としてお預けいただく必要があります。持ち込み可能な電子機器は下記の「持ち込み可能品目」セクションでご確認ください。

 

  • ハンマー、レンチ、バールなどの重い工具
  • 弾薬および銃火器。詳細については、特殊な手荷物ページの「狩猟用手荷物」セクションを参照してください
  • 燃料、特定のライター、危険品として定義されるその他の品物
  • スキューバ用タンク、ゴルフクラブ、野球バット、ボウリングボール、ビリヤードキュー、ホッケースティック、スキーストック。詳細については、特殊な手荷物ページの「スポーツ用手荷物」セクションを参照してください
  • 警棒、こん棒
  • 手錠などの拘束具
  • 無表示の容器に入った識別不能な液体物。

 

以下の品目は機内にお持ち込みいただけます。

以下の電子機器は使用制限付きで機内への持ち込みが許可されています。

  • 携帯型エンターテイメント機器(MP3、iPod、携帯ゲーム機、ラジオ、ビデオカメラ)
  • 衛星受信機(ハンドヘルドGPSなど)
  • 計算機(プリンター付きを除く)
  • ラップトップ。フライト中にご利用いただける周辺機器は、コード式マウスとメモリースティックに限られます。ラップトップはお座席背面のシートポケットに収納しないでください。シートポケットはラップトップの重量に耐えられる設計ではないため、損傷する可能性があります。.
  • 電動シェーバー
  • ポケットベル(受信用のみ)
  • 「ノイズバスター」(電子消音機器)
  • ワイヤレス携帯機器(Blackberry、MP3プレーヤー付きやカメラ内蔵型を含む携帯電話、携帯端末など)

電子機器をお持ちの場合は、手荷物検査場で電源を入れるよう指示される場合があります。

  • マッチ(1名様につき1個)
  • ガスライター(Bic社製など)
    • 米国出発便をご利用の場合: 米国事前入国手続きの検査場より先には、Bic社製タイプのライターのみお持ち込みいただけます。
  • アイススケート靴、スケートボード
  • 長さ6cm以下のゲーム用ダーツ
  • 本物ではないことが明らかにわかる玩具銃
  • 先端が尖っていないプラスチック製編み針
  • 刃渡り6cm以下の先端が鋭利なハサミ、および先端に丸みのあるすべてのハサミ
  • ヘッドとシャフト部分が6cm以下の小さな工具
  • お身体が不自由なお客様が移動介助器具ご利用の場合に必要な工具(サイズは問いません)
  • 電子タバコ(「e-シガレット」)(機内持ち込み手荷物に収納した状態で使用しないことが条件です)
本サイトの作動を遅らせるデバイスやオペレーティングシステムが検出されました。本サイトでのナビゲーションに支障が出た場合は、エア・カナダ アプリをお試しください。
本サイトの作動を遅らせるデバイスやオペレーティングシステムが検出されました。本サイトでのナビゲーションに支障が出た場合は、エア・カナダ アプリをお試しください。