バッテリー式移動介助機器

バッテリー式移動介助機器

以下のご案内は、車椅子スクーターなどのバッテリー式移動介助機器をご利用のお客様を対象とするものです。

このセクションは、CPAP装置や携帯用酸素濃縮器などのバッテリー式携帯用医療機器には適用されません。

電動車椅子/スクーター情報フォーム

バッテリー式移動介助器具(車椅子やスクーターなど)をご利用のお客様は、以下の手順に従ってください。

  • オンライン電動移動介助器具情報フォーム(137 KB)をご記入の上、2部印刷します。
  • 1部を移動介助器具に添付します。取り扱いに際してはこれを参照させていただきます。
  • 移動介助器具に添付されたコピーが外れて紛失した場合に備え、もう一方のコピーはご自身でご携行ください。

ご自宅での印刷、ご記入が困難な場合は、空港でフォームをお申し付けいただき、その場でご記入いただくこともできます。可能であれば、フォームに添付できるよう、移動介助器具の写真をお持ちください。

貨物室のドアに応じたサイズ制限

バッテリー式車椅子は、直立した形で積載・収納される必要があります。車椅子の高さおよび幅が、機種ごとの貨物室のドアの高さおよび幅の制限を超えてはなりません。

すべてのバッテリー式車椅子が、当社のすべての機種において貨物室のドアを通過できるとは限りません。ご自身のバッテリー式車椅子をご利用の場合は、当社ウェブサイトの使用機材のページをご覧になり、一部の小型機の貨物室ドアの許容寸法をご確認ください。

確認のため、あらかじめエア・カナダ コールセンターにご連絡いただき、ご利用の車椅子の寸法をお知らせいただくことを強くお勧めします。当社では、ご利用の車椅子が貨物室のドアを通過できる機種へのご予約変更も含め、お客様の車椅子を安全に輸送できるよう可能な限りの対応をさせていただきます。なお、運航上の理由から、利用機種は事前の通知なしに変更される場合があります。

分解および再組み立て

一部のバッテリー式移動介助機器は、分解する必要があります。可能な限り、以下をお持ちください。

  • ご利用のバッテリー式移動介助機器の分解および再組み立てが必要となった際に参照できる説明書。
  • ご利用の移動介助機器の分解/再組み立てに通常必要な工具。

また、カナダ航空輸送安全公団(CATSA)が提供する、空港の保安検査場を通過できる移動介助機器および医療機器のリスト新しいウィンドウで開く印刷の上お持ちになることをお勧めします。このリストには、移動介助機器の分解/再組み立てに必要な工具の情報も含まれます。

バッテリー

防漏型か非防漏型かを確認するため、バッテリーのラベルをお見せいただく必要があります。

以下の場合には、バッテリーを取り出して別途梱包させていただく場合があります。

  • ご利用の移動介助機器が非防漏型バッテリーを使用しており、機種によるサイズ制限のため積載時または収納中に傾ける必要がある場合、または
  • バッテリーが移動介助機器に固定されていない場合

主要航空会社の多くは、防漏型バッテリーを使用する車椅子の輸送に対応していますが、非防漏型バッテリーに関する規定は航空会社によって異なります。コードシェア便をご利用の場合は、エア・カナダのスターアライアンスとその他の提携航空会社のウェブサイトをご覧になり、各社の規定をご確認ください。